FC2ブログ
「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展 パナソニック汐留美術館
新橋・汐留
chariot

パナソニック汐留美術館では「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展が開かれています。
会期は3月22日(日)までです。
会期中、一部展示替えがありますので、展覧会のHPでご確認下さい。

デザインimg047


2020年はオリンピック・パラリンピック開催年ということで、今年4回開かれる
展覧会は日本をテーマにしているとのことです。

日本の1930年代から1960年代まで、産業化の進んだ時代に生み出された
モダンデザインとその開拓者について紹介する展示です。
1月10日に内覧会があったので、行ってきました。
会場では大村理恵子学芸員の解説を伺いました。
写真は特別の許可を得て撮影したものです。

展示も桂離宮の建物が雁行形に並んでいるのに倣っています。

でIMG_0323


ドイツ人建築家ブルーノ・タウト(1880–1938)は1933年に来日し、来日の翌日には
桂離宮を訪れ、その建築美を称賛しています。
日本に居た3年半は仙台や高崎で工芸の指導を行ない、自らも制作しています。
高崎出身の実業家、井上房一郎はタウトのデザインした作品を販売したりしています。

タウトの設計した家具
でIMG_0335

取り扱いし易いようにということで、かなり細身で軽そうです。
量産にあたって先ずデザイナーがプロトタイプを作って改良を重ねるという技法を
日本に伝えたのはタウトだということです。

竹皮編み裁縫箱
でIMG_0386

タウトはドイツの籠を参考に、高崎の職人を指導して作っています。

タウトが日本で設計した建築はあまりなく、熱海の旧日向別邸だけが残っています。
でIMG_0370

海の景色を楽しめるように室内の床をひな壇のように段差をつけるという、
面白い設計です。
旧日向別邸はNHKの「ブラタモリ」でも紹介されていました。

チェコ出身の建築家、アントニン・レーモンド(1888–1976)とフランス出身の
インテリア・デザイナー、ノエミ・レーモンド(1889–1980)夫妻は1919年に
フランク・ロイド・ライトの下で帝国ホテルの設計に従事するため来日しています。
その後、日本で設計事務所を開き、「レーモンドスタイル」と呼ばれる、
日本建築を取り入れた木造住宅を提唱しています。
前川國男、吉村順三、ジョージ・ナカシマなどはこの事務所で学んでいます。
日本では世界初のコンクリート打ち放し仕上げの住宅を建てています。

1963年に軽井沢に建てたスタジオで、コンクリート打ち放しの暖炉が大黒柱となって、
笠のように広がる天井を支えています。
でIMG_0397

ノエミ・レーモンドの設計した家具
でIMG_0340


インテリアデザイナーの剣持勇(1912 - 1971)はタウトから家具デザインの
指導を受け、戦後は柳宗理らと共に「ジャパニーズ・モダン」を提唱しています。
ヤクルトの容器の設計者でもあります。

剣持勇の設計した家具
でIMG_0345

スタッキング・スツール
でIMG_0371

現在でもよく使われています。

丸椅子
でIMG_0377

籐を編み始めると10時間ぶっ通しで編み続けないと形を維持出来ず、現在では
作れる職人は1人しかいないそうです。

柏戸椅子とスツール
でIMG_0374

柏戸椅子は天童木工製で、丹下健三の設計した熱海ガーデンホテルのために
デザインされています。
名前は大相撲の横綱柏戸に由来します。
とても重そうですが、中はくりぬいてあります。

家具デザイナーのジョージ・ナカシマ(1905–1990)は日系二世のアメリカ人で、
1934年から5年間、東京のレーモンド建築事務所に勤め、その後家具作りに
転向しています。
太平洋戦争中は日系人強制収容所に抑留され、そこで日系人の大工から
木工技術を教わります。

ラウンジチェア・アーム
でIMG_0411

テーブルとベンチ
でIMG_0402

木材の味わいを活かしています。

彫刻家イサム・ノグチ(1904–1988)は詩人の野口米次郎とアメリカ人レオニー・ギルモアの
間に生まれ、日系人強制収容所に抑留されたこともあります。

日本では慶応大学の萬来舎のインテリアや庭園のデザイン、屋外彫刻を担当しています。

岐阜提灯を照明彫刻に発展させた「あかりシリーズ」です。
でIMG_0359

紙と照明の組合せは行灯とおなじです。

モダンデザインは工業化に適した、合理的で簡素なデザインで、ミッドセンチュリー様式に
通じるものがあります。
そこに日本の木工技術や職人技、竹や籐、紙などの素材が加わって、単なる合理主義
ではない趣きを加えています。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は「ルオーと日本展響き合う芸術と魂 - 交流の100年」展です。
会期は4月11日(土)から6月23日(火)までです。

img259.jpg

関連記事

【2020/01/14 18:14】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/4048-f4e93229

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |