FC2ブログ
古今集 わがせこが衣のすそを
わがせこが衣のすそを
chariot

わがせこが衣のすそを吹き返しうらめづらしき秋のはつ風

私の夫の着物の裾を吹き返して、裏を見せながら、
ほんとうに珍しい秋の初風が吹いている。

古今集171番の歌で、よみ人しらずとあります。

季節の移り変わりへの細やかな感覚を表した歌です。
着物の裏と、うらめづらしきの「うら」を掛けています。

野に立つ夫と妻に、秋の初めを知らせる風が吹いてきた、
その一瞬の情景が鮮やかに目に浮かびます。

夫への気持ちと、秋の初風に驚き、喜ぶ気持ちがうまく重なっています。

以前に書いた、古今集25番の紀貫之の歌、

わがせこが衣はるさめふるごとにのべのみどりぞいろまさりける

と良い対照になる歌です。


わがせこ_0096



関連記事

【2009/09/15 05:36】 文学 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/407-cb8b5363

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |