FC2ブログ
お茶の水 ニコライ堂の鐘
お茶の水
chariot

お茶の水のニコライ堂です。

スIMG_0628 - コピー

正式名称は日本ハリストス正教会教団東京復活大聖堂で、東方正教会に属しています。
日本にギリシャ正教を伝えたニコライ司祭による建設で、ジョサイア・コンドル設計の
ビザンチン様式の建築で、明治24年(1891)竣工の後、何回かの改修を経ています。

以前、5月に撮った写真で、新緑がきれいです。

ニコDSC_0027

なお、近くの神田明神の今年の神田祭は神職による祭祀のみが行なわれるそうです

「東京風景 御茶ノ水」 ノエル・ヌエット 1936年(昭和11)
えIMG_0068

ノエル・ヌエット(1885~1969)はフランスの画家で、静岡高校や東京外国語学校で
フランス語を教えるかたわら、東京の街をスケッチして、土井版画店から版画集
「東京風景」24点を刊行しています。
まだ、周辺の建物は無く、ニコライ堂が際立っています。

ニコライ堂の鐘は礼拝の行なわれる毎週日曜日の午前10時に鳴らされ、
お茶の水一帯に響き渡ります。

0039茶2


「ニコライの鐘」という曲があります。
作詞:門田ゆたか、作曲:古関裕而、歌手:藤山一郎

  今日も歌うか 都の空に
  ああニコライの 鐘が鳴る

古関裕而はNHKの朝ドラ、「エール」の主人公です。

ニコライ堂の鐘は「東京ラプソディ」にも歌われています。
作詞:門田ゆたか 作曲:古賀政男 歌:藤山一郎

  今もこの胸にこの胸に
  ニコライの鐘も鳴る
  楽し都恋の都
  夢のパラダイスよ花の東京

2008年に書いたニコライ堂時の記事です。

ニコライ堂から聖橋を渡った反対側に湯島聖堂があります。

ニIMG_0031


孔子を祀った廟で、後に幕府の教育機関である昌平坂学問所が建てられます。

聖堂0150

正殿の大成殿です。
聖堂0129


明治になると、この地に東京高等師範学校(現筑波大学)や東京女子師範学校
(現お茶の水女子大学)が建てられ、現在は東京医科歯科大学と附属病院が
建っています。

医科歯科


東京医科歯科大学医学部附属病院前には2019年に「近代教育発祥の地」の碑が
置かれました。

ニIMG_0047


以前の記事に書いた、新選組の斎藤一は明治になると、東京高等師範学校や
東京女子師範学校に勤務しており、家も近くの本郷真砂だったので、ニコライ堂の
鐘もよく聞いていたことでしょう。

関連記事

【2020/04/24 21:11】 街歩き | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/4099-298bb946

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |