FC2ブログ
新緑の絵と風景
新緑
chariot

新緑の写真や木々の緑を描いた作品を集めてみました。

 与謝蕪村 「新緑杜鵑図」 江戸時代・18世紀 文化庁 重要文化財
 美を紡ぐimg818 (12)

広々とした新緑の木々の上をホトトギスが飛ぶ、気持ちの良い絵です。
木の葉は池大雅風の点描です。

シャルル=フランソワ・ドービニー 「ヴァルモンドワの下草」 
 1872年 カミーユ・ピサロ美術館、ポントワーズ

樹011

ヴァルモンドワはパリの北西にある、セーヌ川の支流オワーズ川沿いの町で、
ドービニーは幼少期をここで過ごしています。
森の緑の鮮やかさが際立つ作品です。

リュドヴィク・ピエット 「フォッセの祭り、ポントワーズ」
 1877年 カミーユ・ピサロ美術館、ポントワーズ

樹009

大きな作品で、日の当たる並木道は大勢の人で賑わい、遠くの平野を
汽車が白煙を上げて横切り、画面は祝祭気分があふれています。
リュドヴィク・ピエット (1826-1878)はドガと親しく、第1回と第2回の印象派展に
出展しています。

クロード・モネ 「ヴェトゥイユの河岸からの眺め、ラヴァクール(夕暮れの効果)」 
 1880年頃 個人蔵

樹007

大きな作品で、大きな木陰や紅を帯びた空、その色を映す川面が
夕暮れ時を表しています。
ヴェトゥイユ(ヴェタイユ)はパリの北西50㎞にあるセーヌ川沿いの町で、
ラヴァクールは対岸にあります。

武山和夫 「みどりの平均律 II」
二0067

2012年の第66回二紀展に出展された作品です。

山本桂右 「薫風」 
山本001

新緑の八坂五重の塔です。
飛んでいるのは鳶でしょうか。
エアコンの室外機や干してある洗濯物まで見えます。


2020年の東京大学構内
みIMG_0002

2018年の丸の内仲通り
イIMG_0554 - コピー

2017年の根津美術館
ねIMG_0553 - コピー

2013年の東京ドームシティ
トウ0078

2012年の上野公園
上0088

2010年の横浜、山下公園通り
よ21_0489

  
  わが背子が衣はるさめふるごとに野辺の緑ぞ色まさりける

                                紀貫之
関連記事

【2020/05/09 19:57】 街歩き | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/4106-a66f831c

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |