FC2ブログ
ニューオータニ美術館 「大谷コレクション展」
赤坂見附・永田町
chariot

赤坂のニューオータニガーデンコート6階にあるニューオータニ美術館で、
9月27日(日)まで、大谷家の収集した、フランス、日本の絵画を展示した、
「大谷コレクション展」が開かれています。
洋画は20点です。

モーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958) 「花束」 1905年

大谷0107

展覧会のポスターに使われています。
フォーヴィズム時代の、色彩を勢い良く並べた、力強い作品です。
交流のあった、アポリネールの旧蔵品とのことです。

アンドレ・ブラジリエ(1929~) 「ヴェニス」 1982年

大谷3

大きな画面で、向こうにサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会が見えます。
色数を抑え、簡素化された伸び伸びとした筆遣いで、空も水色、白、ピンクが
流れるように描かれています。
手前に並ぶ黒いゴンドラと杭がアクセントです。
ブラジリエは軽やかに駆ける馬をよく描いています。

アンドレ・コタボ(1922~) 「赤いバラのブーケ」 1980年

大谷2

大きな画面いっぱいの赤いバラです。
青い花瓶が小さすぎるのは、バラの勢いを強調するためでしょう。
コタボといえば厚塗りで有名で、絵具が盛り上がって、画家というより、
左官屋の仕事のようです。

「海辺のフルーツ」 1980年
手前のテーブルには、オレンジ、ブドウ、レモン、、バナナ、パイナップル
などが一面に並び、遠景は濃い青の海、多分地中海です。
デュフィの世界を盛大な厚塗りにした感じですが、しつこさや重さは無く、
軽やかです。

ベルナール・ビュフェ(1928~1999) 「風車小屋」 1951年

大谷1

コタボを観た後で、ビュフェの前に来ると、一瞬ひやりとします。
モノトーンで、人影の無い道、荒涼とした原っぱ、電信柱、葉のない木、
三角屋根の風車小屋です。
ビュフェはフランス生まれですが、何かアメリカのような乾いたものを感じます。

日本画も7点、展示されています。

速水御舟(1894~1935) 「伊勢物語」双幅 1917年

初期の作品で、遠景、近景を上手くあしらい、屋根の描き方などは琳派風です。

大谷5

絵は左右一対ですが、右の絵は伊勢物語二十三段、筒井筒の歌のある段で、
夜の情景です。

女が、 
風吹けば 沖つ白浪たつた山 夜はにや君が ひとりこゆらむ

と詠み、男が前栽の陰でそれを聴いている場面です。


大谷4

左は十四段で、朝です。

夜も明けば きつにはめなで くたかけの まだきに鳴きて せなをやりつる

夜が明けないうちから鶏が鳴くものだから、男が帰って行ってしまう。
この鶏のやつ、水桶に突っ込んでやるという歌です。

男女が語り合っている隣の屋根の下で、自分の運命も知らず、
鶏がのんきに鬨の声を上げています。

加藤栄三(1906~1972) 「秋」 昭和年代
赤く色付いた葉の柿の枝に、百舌鳥(モズ)が一羽留まっています。
柿の葉、百舌鳥といった、日本画ならではの秋の風情です。

ニューオータニ美術館は小規模な美術館ですが、所蔵している
大谷コレクションは親しみやすい絵が多く、気楽に観られるのが特徴です。

関連記事

【2009/09/26 07:32】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • エムケイさん、こんにちは。
  • コタボの絵は思い切り豪華で、観ていて楽しくなります。
    ビュフェはかなり趣きが違いますが、見応えがあります。
    この美術館はあまり目立ちませんが、先日のボーシャン展など面白い企画があるので、時々行っています。
    しろたえは満員でしたか。
    やはり人気があるのですね。

    【2009/09/27 09:22】 url[「猫アリーナ」 chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 私も行ってきました。
  • こんばんは。大谷コレクション展、行ってきました。
    思った以上に良かったです。
    作品数は多くはないけども、
    かなりの率で私のツボにハマるものばかりでした。

    でも特に気に入ったのは、
    chariotさんも挙げている
    アンドレ・ブラジリエの「ヴェニス」、
    アンドレ・コタボの「海辺のフルーツ」です。
    (んっ?気づいたらどっちもアンドレ?)
    そして、コタボの後のベルナール・ビュフェで一瞬ヒヤリには同感です。
    展示の配置って重要ですね。

    そして、この大谷コレクションの後、
    「しろたえ」に行ってきました。
    レアチーズケーキは相変わらず美味しく。
    今回は半地下の席でした。
    ものすごく混んでましたよ。



    【2009/09/26 21:09】 url[エムケイ #-] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/416-ae41de0a

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |