FC2ブログ
浅草 アンヂェラス
浅草
chariot

浅草に行ってきました。

昭和2年に上野~浅草間に最初の地下鉄が開通した時のポスターです。
銀座線の黄色い車体が描かれています。

浅草ポスター


雷門は朝から賑わっています。
浅草雷門


雷門前交差点のカラクリ時計のショウタイムです。
真中が三社祭のお神輿、向かって右が金龍の舞、左が白鷺の舞です。

浅草時報


デンキブランで有名な神谷バーです。
雷門から吾妻橋に向かって行く左側です。
右奥に見えるのは松屋浅草店です。

浅草神谷バー


吾妻橋から下流の眺めです。
屋形船が並んでいます。
向こうに見えるのは駒形橋です。

浅草屋形船


浅草の喫茶店といえば、なんと言ってもアンヂェラスでしょう。

浅草アンジェラ外


雷門の近く、オレンジ通りにあって、創業が昭和21年の
洋菓子店兼喫茶店です。

昭和21年といえば終戦の翌年ですから、空襲の焼け跡で
営業を始めたのでしょうか。

観光人力車も必ずここで留まって解説しています。

私が初めて行ったのは30年前ですが、その頃とまったく同じ店内です。

浅草アンジェラ中

黒く塗った木をあしらった壁、木の椅子、壁には洋画が掛かっています。
渋谷のライオン、本郷のルオー、神保町のラドリオも同じ雰囲気です。
戦前の旧制高等学校以来のドイツ趣味の流れでしょう。
私はこれを勝手にゲルマン型と名付けています。

2階もあって、1階は禁煙席です。
朝10時の開店早々に入ったので、まだお客さんはいません。

こちらの名物はダッチコーヒー(550円+消費税)です。

浅草アンジェラコーヒー

日本でダッチコーヒーを始めたのはこのお店とのことですが、
苦味の少ない、すっきりした味です。

お菓子の名物はアンヂェラスという名のロールケーキ(300円+消費税)で、
ホワイトとチョコがあります。
ホワイトはホワイトチョコレートでコーティングしてあります。
ほのぼのとした、懐かしい甘さです。

色とりどりのケーキの入ったショーケース越しに、通りをぼんやり眺めるのも
オツなものです。

かすかにタンゴが流れています。
「小さな喫茶店」という曲を思い出します。 

♪小さな喫茶店に
  入った時も二人は
  お茶とお菓子を前にして
  一言もしゃべらぬ♪

お菓子を買いに来るお客さんが次々現れて、店員さんと
世間話をして帰っていきます。
包装紙の絵柄はエッフェル塔やノートルダム寺院の
遠景を描いた水彩画です。

私もお勘定の時に、昔来た頃の浅草はどーのこーのとしゃべって、
店員さんの仕事の邪魔をしてきました。

関連記事

【2008/06/19 23:03】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/74-346a2f75

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |