「木田安彦 ガラス絵の風景展」 ノエビア銀座
銀座
chariot

株式会社ノエビア銀座本社ビル1階ギャラリーでは2011年1月13日(木)まで、
「木田安彦 ガラス絵の風景展」が開かれています。
場所は中央区銀座7-6-15です。

木田0001


木田0003


木田安彦さん(1944~)は京都在住で、ガラス絵や木版画を制作しています。
ガラス絵はガラス板の裏に絵を描いて、表から観ると言う技法で、画面に
独特の輝きがあります。

木田さんは今年、新橋のパナソニック電工汐留ミュージアムで、西国三十三所の
寺院や日本の名刹を描いた、「木田安彦の世界」展を開いています。

「木田安彦の世界」展の記事はこちらです。


今回は日本の風景の中の花と、外国の風景を描いた15点ほどが展示されています。

「ベルゲン」 2003年
木田001

ノルウェーの港町、ベルゲンです。
私もパソコンの壁紙にベルゲンの風景を使っています。
手前の建物はノルウェーに残る中世の木造教会です。
ベルゲンはフィヨルドに出来た港なので、山が迫り、山腹に家々が貼り付いて
います。

外国の風景では他に、ニューヨークの自由の女神、洗濯物のたなびくアルジェの
カスバ、ヴェネツィアの夜のサン・マルコ広場の賑わいなどの作品があります。

日本の風景は、太宰府天満宮の梅、弘前城の桜、、川口湖畔のコスモス、
高尾の紅葉などです。

どの作品にも力強さとともに、親しみ深さ、温かさを感じます。

関連記事

【2010/12/30 07:18】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/875-8cc9118f

プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |