FC2ブログ
「南桂子生誕100年記念展 きのう小鳥にきいたこと」 ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
水天宮
chariot

地下鉄水天宮駅近くのミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションで開かれている、
「南桂子生誕100年記念展 きのう小鳥にきいたこと」」に行ってきました。
会期は3月21日(月・祝)までです。
場所は中央区日本橋蛎殻町1-35-7です。

南0003


み002


南桂子(1911 ~ 2004)は銅版画作家で、浜口陽三夫人でもあり、パリと
サンフランシスコで活躍していました。

作品は少女、動物、花、樹などをモチーフにしていて、福永武彦、谷川俊太郎、
吉行理恵、梨木香歩などの本の表紙絵にもなっています。
帝国ホテルの客室にも飾られています。

今回はエッチングを中心にして約70点が展示されています。

何点かの作品には谷川俊太郎、蜂飼耳、文月悠光の詩も添えて展示してあり、
作品と詩のコラボレーションを楽しめます。

「公園」 カラーエッチング 1956年
み005

対象を図案化し、細い線を面のように使って描いています。

「平和の木」 カラーエッチング 1958年
み004

ユニセフのグリーティングカードに採用された作品です。

「子供と花束と犬」 カラーエッチング 1963年
み006

ユニセフの1966年のカレンダーに採用された作品です。
少女、鳥、子犬、花、樹といったモチーフが揃っています。

「赤い魚」 カラーエッチング 1964年
み001

パンフレットに使われている作品です。

南桂子の優しい線と色彩による作品を観ていると、何かなつかしい物語を感じます。

2月20日には詩を寄せた3人を招いての朗読会が開かれました。

また、3月6日には南桂子のパリ時代を知る画家の野見山暁治氏と、
作家の堀江敏幸氏による対談も行なわれます。

関連記事

【2011/02/22 07:14】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • えびさん、こんばんは。
  • 私も福永武彦の本の表紙などで知っていて、懐かしい作家です。
    確かに岡本太郎と同年生まれですね。

    【2011/02/22 21:06】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • 南桂子さん、生誕100年なのですね。
    生前から知ってる作家さんだと、
    なんとなく不思議な気分になります。
    しかも、岡本太郎さんと同じ年
    なんですねぇ。

    【2011/02/22 09:25】 url[えび #-] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nekoarena.blog31.fc2.com/tb.php/913-f8461588

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |