前のページ 次のページ
「三井家のおひなさま」展 三井記念美術館 2014/2
三越前
chariot

日本橋の三井記念美術館では恒例の「三井家のおひなさま」展が開かれています。
特集展示として、「宴のうつわ」もあります。
会期は4月6日(日)までです。

三001


「立雛」 文化12年(1815)
三002

災厄を託して海や川に流す人形(ひとがた)から発展した形です。
松は男、藤は女、撫子は子どもを表しています。
簡素な姿ですが、金地に緑と赤の華やかで上品な色彩です。

「次郎左衛門雛」 二代永徳斎製 明治~大正時代
三006

次郎左衛門雛は丸顔の引目鉤鼻が特徴で、幕府御用も勤めた京の人形師の
雛屋次郎左衛門が創めたとされています。
江戸後期に江戸で流行し、公家や諸大名家では雛人形の本流とされたそうです。
現代のお雛様に比べると素朴な愛らしさがあります。

「内裏雛」 三世大木平藏製 明治28 年(1895)
三005

内裏雛は江戸の人形師、原舟月の考案した写実的なお雛様で、
瞳にガラスや水晶が入っています。
私たちが見慣れている現代のお雛様はこの内裏雛の系統です。

「梅鉢紋・違鷹羽紋唐草蒔絵雛道具」 江戸時代・19世紀
雛道具は大名の息女が輿入れの時に持参する婚礼調度のミニチュアです。
精巧な細工で豪華な蒔絵を施してあり、梅鉢紋は三井家に嫁いで来た
苞子の実家の富山藩前田家、違鷹羽紋は広島藩浅野家の紋です。
浅野家から前田家に嫁いで来た祖母、久美の雛道具と考えられています。
大事にされ、母から子に伝えられてきた道具なのでしょう。

「御所人形 神輿」 五世大木平藏製 昭和8年(1933)
三005

21体の可愛い御所人形たちが足並みを揃えてお神輿を担いでいます。
威勢の良い掛け声も聞えてきそうで、酒樽を抱えてひっくり返っている
人形もいます。
御所人形は江戸時代、幕府の役人や参勤交代の大名が朝廷に挨拶に伺った時に
朝廷からおみやげとして贈られていて、御所人形と呼ばれるのは明治に
なってからです。

「御所人形 大名行列」 五世大木平藏製 昭和8年(1933)
三002

三004

挟み箱、毛槍、弓、鉄砲を担いだ58体の人形が行列を組んでいます。
騎馬武者もいて、蒔絵を施したお駕篭は6人で担いでいます。
着けている紋は、三井家の四つ目結です。
四つ目結は近江源氏佐々木氏の紋で、三井家は遠祖を佐々木氏と名乗っています。
自分の家を大名に見立てるというのですから、なかなか豪気です。

「市松人形 銘つぼみ」 五世大木平藏製・二代平田郷陽作 昭和7年(1932) 
三008

市松人形は着せ替え人形で、東人形、京人形とも呼ばれていました。
振袖の模様は御所車に牡丹、桜、菊など、帯は鳳凰や桜です。
二代平田郷陽は人形を芸術として認めてもらうため努力を重ね、
人間国宝にも指定されています。
振り返っているしぐさが自然で可愛く、平田郷陽の工夫が表れています。

「五月飾り 旅道具各種」 元治元年(1864)
ミニチュアの陣幕、甲冑、大筒、洋式の大砲、ゲベール銃などです。
ゲベール銃は幕末に輸入された洋式銃で、時勢の動きが五月飾りにも
反映しています。
幕末維新時には幕府や新政府は三井家などの豪商から多額の御用金を集め、
軍備を固めていますから、三井家の五月飾りには現実味があります。

特集展示、「宴のうつわ」から

「赤地金襴手花唐草文鉢」 永樂和全作 明治4年(1871)
三009

直径15cmほどの鉢で、金彩が春の季節にふさわしく、暖かで華やかです。
見込みの底の部分は染付になっています。
永樂和全は日本で初めて金箔による金襴手を手掛けたそうでしたが、
これは手描きです。


このお雛様の展覧会を観ると、いよいよ春も近いと感じます。

展覧会のHPです。


三井記念美術館の次回の展覧会は特別展、「超絶技巧! 明治工芸の粋」です。
会期は4月19日(土)から7月13日(日)までです。


【2014/02/28 23:00】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『渡辺おさむ「Sweets Sentiment」』展 銀座 ポーラ ミュージアム アネックス
銀座一丁目
chariot

銀座のポーラ ミュージアム アネックスでは『渡辺おさむ「Sweets Sentiment」』展が
開かれています。
会期は3月9日(日)まで、入場無料で、会期中は無休です。
場所は中央区銀座1-7-7、ポーラ銀座ビルの3階です。

ス001


渡辺おさむさん(1980~)は洋菓子を飾るスイーツデコの技術を基に、
いろいろな物をお菓子で飾りつけるフェイク・クリーム・アートを
行なっています。
使っているのはフェイクの素材ですが、本物以上に本物に見えます。

会場は撮影可能です。

ユニコーン
ス0416

ス0448

動物たち
ス0421

ス0423

考える人たち
ス0433

ス0435

テーブル
ス0436

晩餐会
ス0430

ス0429

コーヒーカップ
ス0424

マリア様
ス0446

エッフェル塔
ス0418

ス0419

塔や建物
ス0428

ス0426

ス0442

ヘンゼルとグレーテルが現れそう
ス0443

ゴッホ
ス0438

モノトーンのスイーツ
ス0440


来館した人たちも花から花へ飛ぶ蝶のように作品を観て回りながら、
感嘆の声を挙げていました。
お菓子の国は本当にあるのだと知りました。

展覧会のHPです。


【2014/02/26 22:19】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『アール・ヌーヴォー ~ミニチュアドーム展~ 「ガラスに描かれた四季の煌き」』 銀座 ミキモトホールと東京マラソン2014
銀座
chariot

銀座のミキモトホールでは、『アール・ヌーヴォー ~ミニチュアドーム展~
「ガラスに描かれた四季の煌き」-The collection of Reza Fard-』が
開かれています。
会期は3月16日(日)までです。
場所は中央区銀座4-5-5、ミキモト本館の6階で、入場は無料です。

ドーム001


アール・ヌーヴォーを代表するドーム兄弟の工房が行商のためのサンプルとして
制作したミニチュアを中心に、約150点が展示されています。

ドーム兄弟の工房は19世紀末から活動し、アール・ヌーヴォー、アール・デコ様式の
ガラス工芸品を製作し、その後はクリスタルガラスのメーカーとして、
現在に至っています。

さまざまな技法を用いた、植物のイメージの柔らかなアール・ヌーヴォーの
作品が並んでいて、ラ・フォンテーヌの寓話を描いたリキュールグラスのセットや
装飾的な香水瓶などもあります。
どれも可愛い小品なので、一つ自分の机の上に飾っておきたくなります。


ミキモトのショーウインドウに咲いている梅の花とキティちゃんです。

ス0449


2月23日は東京マラソン2014の日で、銀座でその様子を見て来ました。

マ0410

マ0407

マ0415

マ0413


銀座木村屋は東京マラソンセットを売り出していました。

マ0409


和光のショーウインドウも東京マラソンに合わせていました。

マ0403


【2014/02/24 23:13】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「プライベート・ユートピア ここだけの場所 ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在」展 東京ステーションギャラリー
東京
chariot

東京駅丸の内駅舎の東京ステーションギャラリーでは「プライベート・ユートピア
ここだけの場所 ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在」
展が開かれています。
会期は3月9日(日)までです。

英001


国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルの所蔵する、イギリスの
現代アートを紹介する展覧会です。
約30名の作品、約120点が展示されています。

1990年代からは日用品を応用した作品や、視点を変えることで異なる世界に誘われる
作品が多く作られるようになったそうです。

ライアン・ガンダー 「四代目エガートン男爵の16枚の羽毛がついた極楽鳥」 2010年
チラシに使われている作品で、実在した屋敷での展覧会のために
制作されています。
こんな姿の極楽鳥が本当にいるだろうかと思わせる鳥がもっともらしく
ガラスケースに収まっています。
領主の邸宅には猟で狩った鹿の頭や珍しい動物の剥製が飾られていたそうです。

マーカス・コーツ 「エビガラスズメ蛾、エビガラスズメ蛾の幼虫、
 シェービング・フォームによる自画像」 2013年

英002

溶いた小麦粉を体中に盛り付けて蛾の幼虫に変身しています。

段ボール箱をかぶり、ブービーという水鳥に変装して、ガラパゴス諸島の人間を
観察してレポートしているエクアドルのテレビ番組も上映されています。
人間は集団によって序列があるのは羽根の色の違いによるものだろうか、
などとレポートしています。
結びの言葉は「食べないでくれてどうも有難う。」でした。
ブービーは簡単に捕まって食べられてしまうので、ブービー(バカ)という
名前が付いています。

ウッド&ハリソン 「テーブルと椅子」 2001年
英003

短いビデオ作品が4点上映されていて、どれもとぼけた味わいがあります。

ジョージ・ショウ 「灰の水曜日:午後3時」 2004-5年
英004

人気の無い住宅の前に葉を落とした巨木があって、昼なのに異様に暗い景色です。

グレイソン・ペリー 「ぺニアン人の村」 2001年
英007

イギリスの伝統工芸を表すという壺に猥雑な絵がごちゃごちゃと
貼り付けられています。


この展覧会はイギリスの現代アートをまとめて観ることの出来る良い機会です。
どこか篭ったアイロニーのある作品が多いのは、イギリスの特徴なのでしょうか。

展覧会のHPです。

次回の展覧会は「光風会100回展記念 洋画家たちの青春-白馬会から光風会へ」展です。
会期は3月21日(金)~5月6日(火)です。


【2014/02/22 20:59】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「第10回 Catアートフェスタ」 丸善丸の内本店
東京
chariot

丸善丸の内本店4階ギャラリーでは、「第10回 Catアートフェスタ」が
開かれています。
会期は2月28日(金)までです。

猫001


今日、2月22日は猫の日ということでの企画です。
25名の猫アーティストがショップを開いて、制作した人形、置物、
絵画、写真、食器、手拭などを会場いっぱいに展示販売しています。

出品作家は以下の通りです。

あべ夏(創作人形)、天野千恵美(絵画/立体)、有田ひろみ・ちゃぼ(墨絵/ぬいぐるみ)、
おおやぎえいこ(絵画)、岡村洋子(陶芸)小澤康麿(陶芸 他)、桐山暁(銅版画)、
小出信久(ミニチュア木彫り)、小島美知代(木目込人形/立体造形)、児山梨香プルチーノ
(ガラス工芸)、櫻井魔己子(立体造形)、佐藤法雪(立体造形/羊毛フェルト)、
佐山泰弘(立体造形)、松風直美(切り絵)、白井光可(ワイヤーワークなど)、
すみ田理恵(陶芸)、中山祥代(写真)、半澤淳子(陶芸)、東早苗(九谷焼)、
平林義教・利依子(七宝/金工/トンボ玉)、布施和佳子(絵画/造形)、
細山田匡宏(立体造形)、正木卓(陶芸)、宮内久美子(立体アート/絵画)、
渡辺志野(陶磁器)

さまざまの個性の猫グッズが集まっていて、見ているだけで楽しくなります。
お客さんも大勢来場して、作家と話しをしたり、あれこれと気に入ったグッズを
選んでいました。


【2014/02/22 20:50】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>