次のページ
「色絵 Japan CUTE !」展 出光美術館
日比谷・有楽町
chariot

丸の内の出光美術館では「色絵 Japan CUTE !」展が開かれています。
会期は3月25日(日)までです。
会期中、一部展示替えがあります。

色絵img440


古九谷、柿右衛門、仁清など、色絵の陶磁器の展示で、ほとんどが出光美術館の
コレクションです。

「色絵鶉図香合」 野々村仁清 江戸時代前期
仁清001

何とも可愛い香炉で、羽根を縁取る金彩も鮮やかです。

「色絵梅花文四方香炉」 野々村仁清 江戸時代前期
色絵img126 (1)

つまみは兎、取っ手は象の形をしていて、煙穴も菊の形をしています。

「色絵熨斗文茶碗」 野々村仁清 江戸時代前期
色絵img107 (7)

品の良いデザインと色彩で、熨斗(のし)が伸び伸びと広がっています。

「色絵竜田川文透彫反鉢」 江戸時代 18世紀 
乾山004

鉢の外側にも内側にも紅葉と川波を描いています。
紅葉の名所、竜田川の水面を切り取って器に仕立てています。

「色絵紅葉文壺」 尾形乾山 江戸時代中期
色絵img107 (2)

赤青黄の紅葉が六角形をしていて、モダンなデザインです。

尾形乾山の作品は、和歌や能を題材にした、「色絵百人一首和歌角皿(十客)」、
「色絵定家詠十二ヵ月和歌花鳥図角皿(十二客)」、「色絵能絵長角皿(十客)」も
展示されています。

仁清も乾山も京焼のグループです。

「色絵菊文大皿」 古九谷 江戸時代前期 口径47㎝
出光3-13-2010_004

緑、黄、紫を使った青手九谷で、径47㎝と九谷の大皿の中でも特に大きな品です。
縁には水流、底には渦巻き模様がびっしりと描き込まれ、目のくらむような
迫力があります。

「色絵菊花文鉢」 柿右衛門 江戸時代前期
色絵img107 (5)

初期の柿右衛門で、古九谷風にびっしりと描き込まれた絵柄です。

「色絵花鳥流水文蓋物」 柿右衛門 江戸時代前期
色絵img107 (6)

柿右衛門の特徴の柔らかな白い濁手(にごしで)に、流水模様を浮彫で表し、
赤色を加えて、柿右衛門様式が出来上がっています。

「色絵柴垣桜花文向付」 鍋島 江戸時代中期
色絵img126 (2)

すっきりとした形で、青い柴垣に紅い桜が乗っています。
鍋島焼は鍋島藩直営の窯で、大名間の贈答などに用いられています。

「色絵七福神文酒器」 古伊万里 江戸時代中期
色絵img107 (3)

輸出用の品で、酒宴で盛り上がる七福神が浮彫で表されています。
蛇口はヨーロッパで付けられたのでしょう。

「色絵花鳥文大皿」 古伊万里 江戸時代中期
色絵img107 (1)

白地に金彩の映える、豪華な大皿です。

伊万里は佐賀県の伊万里港から出荷された陶磁器のことで、柿右衛門も
鍋島焼も伊万里の一部です。
古伊万里とは伊万里のうち、江戸時代に作られた品のことで、ヨーロッパに
盛んに輸出されました。

「色絵梅菊文ティーカップ」 ドイツ・マイセン窯 18世紀
色絵img107 (4)

柿右衛門風のカップ類です。
ヨーロッパでは中国や日本の磁器から学んで、磁器製作を始めています。

柿右衛門がヨーロッパの窯で模倣されていくうちに、その絵柄が変化していく
過程の分かる作品も展示されています。

陶磁器の中でも色絵は華やかで楽しく、春の始めにふさわしい展示です。

展覧会のHPです。

次回の展覧会は、「宋磁―神秘のやきもの」展です。
会期は2018年4月21日(土)〜6月10日(日)です。

img114.jpg


【2018/02/24 18:54】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「cafe HIBIKI」 上野 東京文化会館
上野
chariot

「cafe HIBIKI」は上野の東京文化会館の中にあります。
場所は台東区上野公園5-45です。

ヒIMG_0951 - コピー


東京文化会館は前川國男の設計で、完成は1961年、クラシック音楽の殿堂として
知られています。
お店はセルフ式、全席禁煙で、広いロビーを見渡しながら一休み出来ます。
この日はコンサートが無かったので、ロビーには入れませんでした。

ヒIMG_0948 - コピー

ヒIMG_0947 - コピー

ヒIMG_0949 - コピー


カプチーノ470円とチーズケーキ470円です。

ヒIMG_0945 - コピー

上野は香々誕生によるパンダ人気で、どこのカフェやレストランでもパンダが登場します。

広いテラス席からは夕焼け空と東京スカイツリーも見えました。

ヒIMG_0953 - コピー


大雪の後に行ったので、テラス席にはかまくらがしっかり作ってありました。

ヒIMG_0939 - コピー


こちらは同じ上野公園内のスターバックスに登場した、大きな雪だるまです。

ヒIMG_0936 - コピー


【2018/02/23 21:05】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「第14回 Catアートフェスタ」 丸善丸の内本店ギャラリー
東京
chariot

丸善丸の内本店4階ギャラリーでは、「第14回 Catアートフェスタ」が
開かれています。
会期は2月28日(水)までです。

img176.jpg 

img177.jpg


2月22日は猫の日ということで、ギャラリーA・Bの両方を使った会場いっぱいに、
29人の猫アーティストがショップを開いて、制作した人形、置物、絵画、写真、
Tシャツ、アクセサリーなどを展示販売しています。
2月24日(土)までの前半と2月25日(日)からの後半で、一部展示替えがあります。

出品作家は以下の通りです。

[全日]
有田ひろみ・ちゃぼ(墨絵・ぬいぐるみ)、おおやぎえいこ(絵画)、奥平浩美(ジュエリー)
きびねの(創作人形)、小島美知代(立体造形)、櫻井魔己子(立体造形)
松風直美(切り絵)、東早苗(九谷焼)、布施和佳子(絵画)、細山田匡宏(立体造形)
松下カツミ(イラストレーション)、目羅健嗣(絵画・立体)、もりわじん(立体造形、画)

[前半]
桐山 暁(銅版画)、ゴーあや(陶芸・その他)、鴻巣三千代(絵画・その他)
中山祥代(写真)、なつめみちこ(粘土、立体作品)、半澤淳子(陶芸)
平林義教・利依子(七宝焼)、渡辺志野(陶芸)

[後半]
彬香子(イラストレーション他)、五十嵐俊介(張り子)、岡村洋子(陶芸)
小出信久(ミニチュア木彫り)、白井光可(ワイヤーワークなど)、すみ田理恵(陶芸)
宮内久美子(絵画、造形)、山下健一郎(絵画・立体)

お客さんも多く、あちこちで作家と話しをしたり、気に入ったグッズを
選んだりしていました。
会場を見て回るだけで猫まみれになる、猫好きの人にはたまらない企画です。


【2018/02/22 19:26】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「FACE展2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展」告知 東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館
新宿
chariot

新宿の東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館では、
「FACE展2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展」が開かれます。
会期は2月24日(土)から3月30日(日)までです。

img068_20180221193310917.jpg


FACE展は損保ジャパン美術財団の公益財団法人への移行を期に創設された
公募コンクールで、今回で6回目です。
会場には970名の新進作家たちの応募作品から選ばれた、受賞作品9点を含む
入選作品71点が展示されます。

2017年の「FACE展」の記事です。

展覧会のHPです。


【2018/02/21 19:43】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「さくらと富士展」 銀座 日動画廊
銀座
chariot

銀座の日動画廊では、「さくらと富士展」が開かれています。
会期は3月3日(土)まで、日曜日はお休みです。

日差しも暖かくなり始め、もうすぐ春ということで、30名以上の作家による、
桜と富士を題材にした小品が展示されています。

佐藤泰生 「旭日富士と波」 8F
img160.jpg

富士山に雪の残る春の浜辺で、空にも海にも緑の入った、
暖かく楽しい景色です。

糸園和三郎 「さくら」 8F
img161_20180220175712613.jpg

あふれるように咲く枝垂桜で、花も空も夜の紫に染まっています。


【2018/02/21 19:23】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム | 次ページ>>