前のページ 次のページ
「Arts in Bunkacho ~トキメキが爆発だ~」展示 文化庁パブリックスペース
虎ノ門
chariot

霞ヶ関の文化庁(旧文部省庁舎)パブリックスペースでは、「Arts in Bunkacho 
~トキメキが爆発だ~」が開かれています。
会期は6月30日(金)まで、平日の10時から16時、入場は無料です。

文化庁4-13-2017_002

ぶIMG_0268


文化庁と全国芸術系大学コンソーシアムの主催によるもので、文化庁の
オープンスペース等を展示空間として、コンソーシアムに加盟している
芸術系大学の大学院生、卒業生等の若手芸術家の作品、38点を展示しています。

昭和7年の建設の旧文部省庁舎玄関ホールにも展示されています。
ぶIMG_0280

窪井裕美 「長い冬」 2014年 東京藝術大学推薦
ぶIMG_0269

左 畑山太志 「水々景」 2015年 多摩美術大学推薦
右 櫻井伽奈子 「5番目の季節」 2016年 多摩美術大学推薦
ぶIMG_0272

伊東勇樹 「視」 2016年 常葉大学造形学部推薦
ぶIMG_0287

3階の文部科学省「情報ひろば」には旧文部大臣室も復元されています。
ぶIMG_0289

床は箱根細工です。
ぶIMG_0293

こちらにも展示されています。

中村仁美佳 「Sense of being alive」 神戸芸術工科大学推薦
ぶIMG_0287
 
「情報ひろば」には常設で教育科学関係の展示がされています。
ぶIMG_0300

「生徒勉強東京小学校教授双六」 三代歌川広重 明治11年(1878)
ぶIMG_0303 - コピー

小学校巡りの双六です。

左上の華族学校は現在の学習院の前身です。
左下の柳北女学校は現在の都立台東商業高等学校の前身です。
ぶIMG_0305

教室型のミニシアターです。
ぶIMG_0307

戦後~1950年代の学用品
ぶIMG_0310

教育基本法や学校教育法が制定されています。

2000年代以降の学用品
ぶIMG_0316

エコを意識した学用品が増えています。

給食の変遷です。
ぶIMG_0318

明治22年に山形県鶴岡で給食を実施しています。
ぶIMG_0320

場所柄、おかずは塩鮭です。

昭和20年代前半
ぶIMG_0321

終戦直後で、脱脂粉乳と味噌汁しかありません。
脱脂粉乳はユニセフの援助品です。

昭和20年代後半
ぶIMG_0322

コッペパンやクジラの竜田揚げが登場しています。

昭和30年代前半
ぶIMG_0323

おかずはゆで卵をフライにした月見フライです。
不味いので有名だった脱脂粉乳も残っています。

昭和50年代前半
ぶIMG_0324

従来はパン食でしたが、昭和51年から米飯給食が正式に導入されています。
高価だったバナナも輸入が自由化され、給食にも加わるようになりました。

昭和60年代前半
ぶIMG_0325

レパートリーが増え、ビビンバも登場しています。

地場の産物を使った給食もあります。

福井県鯖江市
ぶIMG_0326

若狭がれいや地元の野菜を使っています。
食器には越前漆器が使われています。

北海道
ぶIMG_0328

すべて、北海道産で、デザートは夕張メロンです。
食器は伊達高等養護学校生徒の作品です。

文化庁は古建築の模型も作って、伝統技術の継承に務めています。

鎌倉時代の東大寺の鐘楼 
ぶIMG_0334


「情報ひろば」の展示を知ったのは収穫でした。

「情報ひろば」のHPです。


【2017/06/20 20:17】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「Cafe 小倉山」 みなとみらい 2017/6
みなとみらい
chariot

横浜美術館に併設された「Cafe 小倉山」に寄りました。

美術館と同じく木曜定休、10時45分から開いていて、美術館を利用しなくても入れます。

白を基調にした明るい店内は60席あり、全席禁煙、美術館前の広場に面しています。

よIMG_0174 - コピー

よIMG_0169 - コピー


広場の向かいはマークイズです。

よIMG_0170 - コピー


ゆずジンジャーソーダ420円とコーヒーアメリカン350円です。
これに消費税が付きます。

よIMG_0162 - コピー

展覧会限定メニューもあり、ミュージアムショップの横にあって、便利なお店です。

以前、「Cafe 小倉山」に行った時の記事です。

横浜美術館では6月25日(日)まで「ファッションとアート 麗しき東西交流」展が
開かれているところです。

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展の記事です。

ファッション0


【2017/06/18 18:55】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「名所絵から風景画へ-情景との対話」展 宮内庁三の丸尚蔵館
大手町
chariot

宮内庁三の丸尚蔵館では、「名所絵から風景画へ-情景との対話」展が開かれています。
会期は6月25日(日)までで、後期が5月27日から始まっています。

風景1


いわゆる「名所絵」から、現在の「風景画」への変遷をたどる展覧会です。

「唐土名勝図屏風」(右隻) 雲谷派 江戸時代中期(17~18世紀)
風景2

中国浙江省の西湖と江蘇省の金山寺の景色です。
見たことの無い唐土(もろこし:中国)の風景を理想郷として描いていて、
実景に基いてはいません。
雲谷派は毛利家に仕えた雲谷等顔(1547-1618)に始まる一派で
、雪舟の画風を伝えています。

「北海道忍路高島真景」 野村文挙 明治43年(1910)
風景3

忍路高島(おしょろたかしま)は小樽の西にあって、かつてニシン漁で栄えた所です。
江差追分にも「忍路高島及びもないが、せめて歌棄(うたすつ)磯谷まで」と歌われています。
野村文挙(1854-1911)は四条派の画家で、西洋画に倣って、山水画に写実性を
取り入れています。
亡くなる前年の明治43年の北海道旅行で実際に写生した景色を基にした作品で、
いわゆる名所絵ではなく、「真景」を描こうとしています。
夏の忍路湾は着彩で、冬の高島岬は水墨で描かれています。
明治44年の皇太子(大正天皇)の北海道行啓の折に小樽区長より献上されています。

「夾竹桃」 山本森之助  大正3年(1914)
尚蔵002

印象派風の明るい色彩で広島県の鞆の浦を描いています。
どこという名所を題材にしている訳ではなく、何気ない景色を描くことで
「風景画」となることを示しています。
光風会の第3回展に出展され、宮内省の買上げとなっています。
山本森之助(1877-1928)は黒田清輝らの主催する白馬会に入っており、
光風会の創立にも参加しています。
アトリエを持たない画家と呼ばれ、写生旅行で得た景色を作品にしています。

「雨後」 河合玉堂 大正13年(1924)
皇10-8-2009_006

前期の展示でした。
河合玉堂得意の水辺の光景です。
大気は湿り気を帯び、小舟の人物は蓑を着け、空には虹もかかっています。
日本画ですが、木々も立体的に描かれ、西洋画の影響が感じられます。

私の行った時は大手門の入口で簡単な手荷物検査がありました。

展覧会のHPです。


【2017/06/17 18:22】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「宮越屋珈琲霞ヶ関店」
虎ノ門
chariot

「宮越屋珈琲霞ヶ関店」は霞ヶ関ビルディングの横にあります。
場所は千代田区霞ヶ関3-2-5です。

1968年竣工の霞ヶ関ビルディングは日本最初の超高層ビルです。
写真は以前に撮ったものです。

みIMG_0278 - コピー


お店はビルの2階部分の高さのロビーフロアーにあり、ビルに隣接しています。

みIMG_0306 - コピー

みIMG_0304 - コピー

みIMG_0296 - コピー


2016年のオープンで、温室のような店内は40席あり、とても明るく、全席禁煙、
宮越屋の特徴の仕切りが入っています。
場所柄、お客さんの多くはビジネスマンでした。

みIMG_0297 - コピー

みIMG_0294 - コピー

みIMG_0292 - コピー

みIMG_0279 - コピー


ケーキセット1080円はチョコブラウニーにしました。

みIMG_0282 - コピー

コーヒーは濃く、軽い苦みが利いて美味しいです。
カップはウェッジウッドです。

1階のレストラン街で、霞ヶ関ビルディングの開業当時から続いているお店は
「万世麺店」だけになりました。

みIMG_0300 - コピー


【2017/06/16 19:56】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「神の宝の玉手箱」展 六本木 サントリー美術館
六本木・乃木坂
chariot

六本木のサントリー美術館では六本木開館10周年記念展、「神の宝の玉手箱」展が開かれています。
会期は7月17日(月)までで、休館日は火曜日です。

玉手箱0


手箱は貴人の手回り品を入れる調度品で、蒔絵や螺鈿で飾られて神々へ奉納され、
神宝となったりもしています。
展覧会では、手箱やその他の神宝が展示されています。

「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」 鎌倉時代 13世紀 サントリー美術館 国宝
手箱14

修理後、初公開です。
一面に螺鈿の模様を施した手箱で、北条政子の所持とも伝えられています。
浮線綾文様は公家の用いた、花を象った文様で、1個の文様を作るために
13個もの貝のピースが使われています。
立派な装飾の手箱を玉手箱と呼ぶ訳が分かります。

手箱8


蓋裏も6月21日から26日まで展示されます。

手箱3

蒔絵で一面に梅、葵、菊、女郎花などの草花の絵が描かれています。

「籬菊螺鈿蒔絵手箱」 復元模造 北村昭斎 作  
 平成8~11年(1996~1999) 神奈川・鶴岡八幡宮

手箱5

原品は鎌倉時代の作で、北条政子が鶴岡八幡宮に奉納した品と伝えられていましたが、
明治6年(1873)のウィーン万博に出品された後、帰国の途中の海難事故で海没しています。
今頃は龍宮城にあることでしょう。
詳細な絵図と同じ意匠の硯箱が残っていたので、復元することが出来たそうです。

「松梅蒔絵手箱および内容品」 
 室町時代 16世紀 鹿児島・枚聞神社 重要文化財

手箱9

手箱10

6月26日までの展示です。
枚聞神社(ひらききじんじゃ)は薩摩半島の南端にある神社です。
龍宮の玉手箱と伝えられていて、中には化粧道具一色が揃っています。

「秋野鹿蒔絵手箱」 鎌倉時代 13世紀 島根・出雲大社 国宝
手箱4

螺鈿の鳥が輝いていて、空間の扱いも効果的です。

「桐蒔絵手箱および内容品」 
 南北朝時代 明徳元年(1390)頃 和歌山・熊野速玉大社 国宝

手箱6

手箱7

6月26日までの展示です。
熊野速玉大社古神宝の一つで、化粧道具も揃っています。
化粧には呪術的な意味もあり、化粧道具を納めた手箱は神聖な品と見做されていたようです。

「衵 萌黄地小葵浮線綾丸文二重織」 
 南北朝時代 明徳元年(1390)頃 和歌山・熊野速玉大社 国宝

手箱0

6月26日までの展示です。
これも熊野速玉大社古神宝の一つで、衵(あこめ)は下着と表着の間に着る衣です。
文様のある織物の上に色糸で浮線綾文を織り出しています。

「石山寺縁起絵巻」 第五巻(部分) 谷文晁 筆 江戸時代 19世紀 サントリー美術館
手箱1

手箱2

富貴な者の邸宅で、室内には手箱などの調度品も見えます。


他にも、鏡、檜扇、衣装などさまざまな神宝も展示されている、面白い展覧会です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は六本木開館10周年記念展、「おもしろびじゅつワンダーランド2017」展です。
会期は8月1日(火)から8月31日(木)までです。

ワンダー6-15-2017_001


【2017/06/15 17:35】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>