前のページ 次のページ
「観音の里の祈りとくらし展-びわ湖・長浜のホトケたち-」 東京藝術大学大学美術館
上野
chariot

上野の東京藝術大学大学美術館では展示室1で「藝大コレクション展
-春の名品選-」が開かれています。
展示室2では「観音の里の祈りとくらし展-びわ湖・長浜のホトケたち-」が
開かれています。
ともに会期は4月13日(日)までです。

コレ001


「観音の里の祈りとくらし展-びわ湖・長浜のホトケたち-」について書きます。

滋賀県北部の長浜を中心とした湖北地方には多くの観音菩薩像が伝わっています。
平安時代に栄えた寺院群がやがて衰え、廃絶した後も湖北地方では中世以降の
自治組織である惣村がこれらの彫刻を守り伝え、今日に至っています。

展覧会ではこれらの平安時代を中心にした観音菩薩像、18体が出展されています。

「十一面観音立像」 奈良-平安時代・8世紀末-9世紀初頭
 菅山寺・余呉町坂口 長浜市指定文化財

観001
木芯乾漆像で、滋賀県には4体しかない珍しい作例です。
菅山寺は菅原道真の中興による寺院で、平安鎌倉期には栄えましたが、
現在は無住です。

「千手観音立像」 平安時代・9世紀 
 日吉神社(赤後寺)・高月町唐川 重要文化財

観006

ヒノキの一木造で、量感のある体躯をしていて、一部に漆や金箔が残っています。
衣文は平安前期の特徴の翻波式です。
羽柴秀吉と柴田勝家が戦った賤ヶ岳の戦い(1583年)の兵火を免れるため
川に沈めて守ったこともあり、そのためか手先がすべて欠けています。
境内には沈める時に重石として使ったという枕石も置かれています。

「如来形立像(いも観音)」 平安時代・10世紀 
 安念寺・木之本町西黒田

観002

ヒノキとみられる一木造で、一部に漆が残っています。
元亀2年(1571)の織田信長による兵火を免れるため、田の土の中に
埋められていたので、腐食が進んでこのような姿になったということです。
疱瘡や皮膚病に効験のある「身代わり観音」として信仰され、昭和の初めまでは
夏に子どもたちがこの仏様を余呉川に浮かべて水遊びをしていたそうです。
痛々しいお姿ですが、仏の幻が現れてくるように見えます。

「十一面観音立像」 平安時代・10世紀-11世紀前半 
 善隆寺(和蔵堂)・西浅井町山門 重要文化財

観003

サクラと思われる広葉樹の一木造です。
4軒による観音講によって1年毎の持ち回りで維持管理されていて、
毎年8月9日に千日参りの法要が営まれています。
4軒は宗派が違うので、法要の場の荘厳(しょうごん)も変わるそうです。

「千手観音立像」 平安時代・12世紀 総持寺・宮司町
観005

12世紀の定朝様式による像で、丸顔に丸い肩、彫りは浅く、優美な印象の姿です。
同じ平安時代でも時期によって像の形、雰囲気が変わってくることが分かります。
総持寺は真言宗の寺院で、元亀元年(1570)の織田・徳川軍と浅井・朝倉軍の
戦った姉川の合戦の兵火で消失していますが、豊臣秀吉の寄進によって再興しています。

「聖観音坐像」 平安時代・12世紀 
 阿弥陀寺・西浅井町菅浦 重要文化財

観004
菅浦は中世の惣村の資料として有名な菅浦文書の書かれた所です。
元は同じ集落にあった氏寺の長福寺に伝来した仏像で、現在は時宗の
阿弥陀寺にあります。
丸顔の丸い肩という、12世紀の仏像の特徴を持っています。

「十一面観音立像(腹帯観音)」 平安時代・12世紀 
 大浦十一面腹帯観音堂・西浅井町大浦

観007

元は大浦八幡宮奥の院の観音寺にあり、織田信長による兵火を免れるため
土の中に埋められていたことがあるそうです。
明治時代の神仏分離令により移され、現在は住民組織によって守られています。
カヤの一木造で、ほっそりとしなやかな印象の像で、少しお腹の張った姿の故か、
子授け、安産祈願の信仰を集め、腹帯を巻いた姿で祀られています。
今も申し出があると実際にお腹に巻かれたサラシの腹帯が授与されます。

大浦十一面腹帯観音堂のHPです。

湖北地方に観音像が多く残されているのは、かつて己高山(こだかみやま)で
盛んだった山岳信仰の影響と思われるとのことです。
近江は比叡山の天台宗の影響の強かった地ですが、室町時代に蓮如によって
浄土真宗が広まっています。
伝えられてきた観音像は宗派を超えてそれらの住民によって大切に守られて
きたものです。

実際に現地を訪れる機会の得にくい諸仏を拝観できる、とても貴重な展覧会です。

展覧会のHPです。


【2014/03/24 20:22】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「藝大コレクション展」 東京藝術大学大学美術館
上野
chariot

上野の東京藝術大学大学美術館では展示室1で「藝大コレクション展
-春の名品選-」が開かれています。
展示室2では「観音の里の祈りとくらし展-びわ湖・長浜のホトケたち-」が
開かれています。
ともに会期は4月13日(日)までです。

コレ001


「藝大コレクション展-春の名品選-」について書きます。

「絵因果経」(部分) 天平時代(8世紀) 国宝
コレ006

コレ007

5世紀に漢訳された過去現在因果経を絵入りの経巻にしています。
上段に釈迦の物語が素朴な表現で描かれています。

「小野雪見御幸絵巻」(部分) 鎌倉時代(13世紀後半)
コレ002

コレ003

コレ004

小野皇太后(藤原歓子、1021-1102)は藤原道長の孫で、後冷泉天皇の皇后です。
小野の山荘で余生を送っていたとき、白河上皇が急に雪見を思い立って訪れます。
知らせを聞いた歓子は屋形の御簾の下に出衣(いだしぎぬ)を並べて上皇を迎えます。
出衣とは寝殿や牛車の簾の下に装束の袖や裾を少し出してその色合いを見せるもので、
上皇は歓子の雅なもてなしに感心したというお話です。

尾形光琳 「槙楓図屏風」 江戸時代(18世紀) 重要文化財
コレ008

伝俵屋宗達筆の「槙楓図」を写したものです。
「風神雷神図」の場合と同じように、宗達の作品に比べ、画面が整えられています。

参考
伝俵屋宗達 「槙楓図」 江戸時代(17世紀前半) 山種美術館
江戸7-19-2010_004

右側に大きく曲がった幹と直立した幹の槙を置き、槙と楓の葉が右下から左上に
伸びていく、大胆な画面構成です。
女郎花と桔梗も見えます。
槙の葉は大きく描かれ、全体に重い印象があります。

高橋由一 「花魁」 1872年 重要文化財
高008

モデルは新吉原の稲本楼の小稲(こいな)です。
小稲は評判の名妓で、花魁のモデルを探したときに、ただ一人応じています。
その頃、23・4歳だったという小稲は豪華な衣装に身を包み、髪を後ろに垂らす
下げ髪という髪型を結い、べっ甲のかんざしを差せるだけ差した晴れ姿で臨んでいます。
しかし描かれた顔は、目は細く、頬骨は高く、あごは尖り、唇の端は吊り上がり、
髪に張りがありません。
美化などとせず、写実を徹底しようとした結果ですが、妙に生々しい絵になっています。
小稲自身もこの絵を見て、「私はこんな顔じゃありません」と、泣いて怒ったそうです。

黒田清輝 「婦人像(厨房)」 1892年 
美術009

フランス留学時に定宿だった家の女性を描いています。
色彩は明るいのですが、冬の情景なので、冷たい空気も感じます。

黒田清輝は元々、法律を学ぶためにフランスに留学したのですが、絵画に転向し、
師のラファエル・コランに学んだ外光派の技法を日本にもたらします。
外光派とは従来のアカデミズムの中に印象派の明るさを取り入れた画家を指します。

「人体骨格」 旭玉山 明治時代(19-20世紀)
彫004

鹿の角製の小さな人体骨格で、身長33.7cmです。
自由に動かせるようになっていて、吊り下げる環が頭に付いています。
旭玉山(1843-1923)は牙彫作家で、東京美術学校の教授も勤め、
人体骨格について初代陸軍軍医総監も勤めた松本良順(1832-1907)に
学んでいます。

舟越保武 「原の城」 1971年 
コレ009

ブロンズの像で、エントランスに置かれています。
島原の乱を題材にしていて、鎧の胴には十字架が見えます。
空ろになった目で茫然と立つ姿はは落城の哀しみを表しています。

展覧会のHPです。


【2014/03/24 20:18】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「東大醫學―蘭方医学からドイツ近代医学へ」 丸の内 インターメディアテク(IMT)
東京
chariot

丸の内のJPタワーの商業施設、KITTEが開業1周年を迎えて賑わっていました。

JPタワーの2.3階にある、JPタワー学術文化総合ミュージアム、
インターメディアテク(IMT)は東京大学総合研究博物館と
日本郵便株式会社が協働して運営を行なうミュージアムです。
入場は無料です。

東001

5月11日(日)までは2階の展示室の一角に「東大醫學―蘭方医学から
ドイツ近代医学へ」のコーナーが設けられています。

東京大学の所蔵する幕末から明治前半の医学資料を紹介するもので、
模型や絵図、器具、写真などが展示されています。
江戸時代以来のオランダ医学からドイツ医学への転換期に当たります。

オランダ軍医ポンペが長崎で西洋医学を講じた時に使用し、生徒だった
松本良順に贈ったオランダ人の頭骸骨もあります。
後に松本良順が医学部に寄付して、医学部標本第1号となっています。

上野の国立科学博物館で6月15日(日)まで開かれている、「医は仁術」展とも
つながりのある展示です。

「医は仁術」展の記事です。

インターメディアテクのHPの展示のページです。


【2014/03/24 00:13】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「厳選洋食さくらい」 上野広小路
上野広小路・御徒町
chariot

上野広小路の「厳選洋食さくらい」で軽いランチです。
場所は文京区湯島3-40-7で、ビルの7階と8階にあります。

さ0152

人気のあるお店で、休日のランチタイムは順番待ちになります。

黒豚の生姜焼き丼のハーフサイズ(赤だし・香物付)850円です。

さ0147

大根おろしの付いた生姜焼きはさっぱりとして美味しいです。
実物は写真で見た感じより小さいです。

オムライス(手作りトマトケチャップ)のハーフサイズ650円です。

さ0144

ライスは玄米が半分入っていて、さらりとした食感です。

いつも混んでいるので、ゆっくりは出来ませんが、料理はていねいに
作られていて、また行きたくなるお店です。

最初に 「厳選洋食さくらい」に行った時の記事です。


【2014/03/23 23:34】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「富士と桜と春の花展」 広尾 山種美術館
恵比寿
chariot

広尾の山種美術館では特別展、富士山世界文化遺産登録記念、
「富士と桜と春の花展」が開かれています。
会期は5月11日(日)までで、会期中一部展示替えがあります。

k012.jpg


富士山や桜を描いた作品を中心に約90点が展示されています。

司馬江漢 「駿州薩陀山富士遠望図」(部分) 1804年 静岡県立美術館
冨士006

司馬江漢(1747-1818)は江戸時代に西洋画を学び、独自の油絵具を開発して、
洋風画を描いています。
富士の景色を油彩で描いた作品で、富士山の形は写実的です。
長崎への旅の途中で見た富士山に感動して、よく富士の絵を描いています。
ちょっと稚拙なところが銭湯の絵を思わせる、のどかな景色です。


葛飾北斎 「冨嶽36景 凱風快晴」 大判錦絵 1830年 山種美術館
冨士003

3月30日までの展示です。
歌川広重の「東海道五拾三次」のうち、富士山を描いた作品も展示されています。

片岡球子 「めでたき富士」 1991年 東京美術倶楽部 東美ミュージアム
冨士004

元気いっぱいの富士山で、ふもとには梅や鈴蘭が咲いています。


上村松園 「桜可里」 1926-29年頃 山種美術館
冨士001
 
4月15日から5月11日までの展示です。
浮世絵風の華やかな絵柄です。

川合玉堂 「春風春水」 1940年 山種美術館
玉006

川の急流に張ったワイヤーを使った渡し舟には農婦が乗り、
岩場には山桜が咲いています。
満々とした蒼い水の描写が印象的な作品です。
ワイヤーと滑車を使った渡し舟は岐阜県出身の実業家、
岡田只治(1850-1914)の発明で、最盛期には全国約60ヶ所で
使われていたそうです。

小野竹喬 『春野秋溪のうち「春野」』 1944年頃 山種美術館
冨士007

4月13日までの展示です。
いかにも京都の画家、小野竹喬らしいやわらかな色彩で、
空も霞と同じ色に霞んでいます。

奥村土牛 「醍醐」 1972年 山種美術館 
百003

醍醐寺三宝院の枝垂桜に感激し、その後10年越しで完成させた作品です。
幹と支柱の縦線、土塀の横線を基本にして、幹を真中に据え、画面上を
桜で埋め尽くし、土塀の連なりで奥行きを見せています。
花弁の重なりは濃く薄く描かれて、立体感があり、塗りを重ねた幹の色は
桜の経てきた年月を感じさせます。

奥村土牛 「吉野」 1977年 山種美術館
冨士008

霞の中に広がる、花の吉野です。
緑から青へと変わる色彩と山の間の霞によって、遠近感を出しています。
手前から奥へと三角形を重ね、桜の木も三角形にした理知的な構成の画面ですが、
描いていて、「歴史画を描いているようで、目頭が熱くなった」とのことです。
歴史画を描かなかった奥村土牛ですが、戦前の人だけに、南朝の歴史への思いは
深かったのでしょう。

千住博 「夜桜」 2001年 山種美術館
冨士005

覆いかぶさる夜桜を、下から見上げた視線で捉えています。
黒々とした夜空の中、ライトに照らされたような紅く細かい点を
びっしり重ねた桜は、現実の夜桜を見ているようで、伝統的な
日本画とは異なる凄みがあります。

鈴木其一 「牡丹図」 1851年 山種美術館
冨士002

白、薄紅、赤と色を変え、蕾から盛り、しおれ始めまでを
一つの絵の中に収めています。

山種美術館で桜の絵が展示されると春本番です。

山種美術館のHPです。


山種美術館の次回の展覧会は、「クールな男とおしゃれな女
-絵の中のよそおい」展です。
会期は5月17日(土)から7月13日(日)までです。

クール001


【2014/03/22 19:52】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Google




ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>