前のページ 次のページ
「蔡國強展:帰去来」 横浜美術館
みなとみらい
chariot

横浜美術館では、「蔡國強展:帰去来」が開かれています。
会期は10月18日(日)までです。

蔡001


蔡國強さん(1957~)は中国福建省泉州市の出身で、現在はニューヨーク在住、
火薬を使って制作した作品やパフォーマンスで有名です。
2008年の北京オリンピックの開会式・閉会式での花火のパフォーマンスも手掛けています。
1886年から1995年までは日本に滞在しています。

展覧会では、火薬を使って会場の横浜美術館入口のグランドギャラリーで制作した
作品が展示され、各国で行われた火薬のパフォーマンスのビデオが上映されています。

展覧会のタイトルの「帰去来(帰りなんいざ)」は中国の文学者、陶淵明(365-427)の
「帰去来の辞」に拠っていて、作家としてのキャリアを形成した日本への帰還を
意味しているそうです。

「夜桜」 火薬、和紙 2015年
蔡IMG_0147

縦8m、横24mの巨大な作品で、大きな土佐和紙に火薬を撒き、爆発させて
仕上げています。
横浜美術館のグランドギャラリーで大勢のスタッフと一緒に制作する様子が
ビデオで放映されています。
爆発の瞬間、火の粉が散り、煙が舞い上がり、制作の様子自体が一種の
インスタレーションに見えます。

「春夏秋冬」 火薬、磁器タイル 2014年
牡丹
蔡003


蔡002

白磁で知られる福建省徳化窯の職人により制作された白磁のタイル240枚を使って、
牡丹、蓮、菊、梅の4面を作り、それに火薬を撒いて爆発させた作品です。
白描の絵に墨を吹き散らしたような趣きがあります。

蔡さんはインタヴューで、自分の作品と自然のかかわりを語っています。
火薬の使用は陶磁器の窯での焼成に似て、作家の思い通りにはならない、
自然に任せる部分があります。

「壁撞き」 狼のレプリカ(99体)、ガラス 2006年 ドイツ銀行蔵
蔡004

99頭の狼が波のうねりのように連なって跳び上がり、見えない壁に当たって崩れ、
再び波に戻ります。
99という数字は道教における、永遠の循環を表す数字とのことです。

ドイツ銀行によるコミッション・ワークということなので、この壁はベルリンの壁の崩壊後も残る、
旧西ドイツと東ドイツの間の経済的格差や差別を表しているのでしょうか。
狼はドイツという国になじみ深い動物です。

この作品を現在の中国に当てはめると、繁栄を享受する都市の壁に阻まれる、都市の戸籍を
持たない農民という解釈も出来ます。


展示数は少ないですが、どれも大きな作品で、迫力にあふれ、とても見応えのある展覧会です。

展覧会のHPです。


【2015/07/15 19:55】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「キャピタルコーヒー 松屋銀座店」 2015/7
銀座
chariot

松屋銀座の地下の「キャピタルコーヒー 松屋銀座店」に行ってきました。
場所は中央区銀座3-6-1 です。

キIMG_0363 - コピー


地下の食品売り場で人通りの多い所ですが、10席ほどのイートインは
コーヒー豆の売店の奥になっていて、落着けます。

キIMG_0362 - コピー

キIMG_0359 - コピー


ブルーマウンテンナンバーワン、810円を注文しました。

キIMG_0361 - コピー

香りが高く、すっきりと上品な味です。
お店の方によれば、玉露のような感じとのことです。
なるほどと思いました。

ブルーマウンテンは産地のハリケーンや病虫害のため生産量が激減し、
生産が回復するまで3~4年かかりそうとのことで、現在持っている在庫で
何とかしのいでいるそうです。
また、ブルーマウンテンは日本で特に好まれていますが、最近は近くの国での
需要が増え、それが価格に影響しているとのことです。
これからは心して飲むことにします。

以前、「キャピタルコーヒー 松屋銀座店」に行った時の記事です。


銀座和光は夏らしい涼しげなショーウィンドーですが、

キIMG_0346 - コピー


シャネルのウインドーにはもう秋風が吹いています。

キIMG_0351 - コピー


【2015/07/14 19:46】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「没後10年 ロバート・ハインデル展-光と闇の中の踊り子たち-」 横浜 そごう美術館
横浜
chariot

横浜のそごう美術館では、「没後10年 ロバート・ハインデル展-光と闇の中の踊り子たち-」が
開かれています。
会期は7月26日(日)までです。

ハインデル001


バレエのシーンを描いた作品で有名なアメリカの画家、ロバート・ハインデル(1938-2005)の作品、
約100点が展示されています。

ロバート・ハインデルはイラストレーターとして出発し、さまざまな雑誌に作品を載せています。

会場には、タイムライフ誌に掲載した、カラヤン、ロストロポーヴィッチ、マリア・カラスなどを
描いた作品が展示されていました。

「ダンス オブ パッション」 1982年
ハインデル002

イギリスのランバート・バレエ団のダンスです。
背景を省略し、ダンサーの一瞬の動きと、そこに表される感情をわずかな筆で
掬い取るように描いています。

「ウォール」 1987年
ハインデル006

オーディション直前のダンサーたちです。
一本のバーが画面に統一感を、赤い帯が昂揚感を与えています。

「ホワイト キャット」 1987年
ハインデル005

ミュージカルの作曲家、アンドリュー・ロイド・ウエバーの依頼で、「キャッツ」や
「オペラ座の怪人」を描いています。
満月の下で踊るヴィクトリアです。

「七代目菊五郎」 1997年
ハインデル007

ロバート・ハインデルは1993年の来日時に、能舞台での稽古を観ており、1996年に
は親交のあった高円宮殿下と共に、歌舞伎座で歌舞伎の「保名」を観ています。
これを基に能と歌舞伎を題材にした、各20点の作品を描いています。
「保名」は、安倍保名が亡くなった恋人の小袖を持って狂乱する様を表す舞踊です。

また、高円宮の案内で日本のバレエのリハーサルも観ており、日本のバレエダンサーを
描いた作品も何点か展示されています。

「ダークネス&ライト」 2003年
ハインデル003

2002年に急逝された高円宮殿下を悼んでの作品で、「ジゼル」を描いています。
黑の中に浮かぶ白に、鎮魂の思いを表しています。

「ムーヴィング オン」 2004年
ハインデル004

肺気腫の進んだロバート・ハインデルは海外バレエ団のリハーサルに同行できなくなり、
自宅のアトリエで過去の記憶により描くようになります。
本質を捉える分だけ、抽象化が進みます。

作品を観ていて、フランシス・ベーコンに似たところがあるなと思っていたら、解説によれば
フランシス・ベーコンを敬愛しているとのことでした。

同じバレエを描いても、ドガが都市の風俗風景としてバレエを描いているのに対して、
ロバート・ハインデルはバレエの中に深い精神性を視ています。


2012年には渋谷のBunkamura Galleryで開かれた、「ロバート・ハインデル展」の記事です。


【2015/07/13 19:26】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「鹿屋アスリート食堂 丸の内店」
日比谷・有楽町
chariot

「鹿屋アスリート食堂 丸の内店」は丸の内の国際ビルの地下にあります。
場所は千代田区丸の内3-1-1です。

アIMG_0243 - コピー


鹿屋体育大学などによる産学官連携プロジェクトの運営するお店で、
2014年の12月にオープンしています。

竹橋の本店と両国店には行ってきたので、丸の内店にも行ってみることにしました。
本店や両国店と違って、こちらは日祝お休みです。

30席ほどの店内は簡素なつくりで全席禁煙、椅子は背の高いスツールです。

アIMG_0238 - コピー

アIMG_0240 - コピー


定食形式で、15種類のうちから3品選んだ主菜に、ご飯とお汁が付いて970円です。

ごはんは白米かアス米を選びます。
アス米は胚芽米に押麦、黒米などをブレンドしたものです。

アIMG_0236 - コピー

アIMG_0234 - コピー


昔からのお店の多い国際ビルにも新しいタイプのお店が入るようになりました。

神田錦町にある、「鹿屋(かのや)アスリート食堂 本店」の記事です。


【2015/07/12 19:00】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「フランス絵画の贈り物-とっておいた名画」展 泉屋博古館分館
六本木1丁目
chariot

六本木の泉屋博古館分館では特別展、住友グループの企業文化力Ⅲ
「フランス絵画の贈り物-とっておいた名画」展が開かれています。
会期は8月2日(日)までです。

住友001


住友家と住友グループが長い間に収集してきた美術品を紹介する展覧会で、
今回はミレー、モネ、シニャック、ヴラマンク、シャガールなど、フランス絵画
約40点が展示されます。

泉屋博古館の近代洋画のコレクションは住友家15代、吉左衛門友純(号・春翠)の
明治30年(1897)の欧米旅行がきっかけになっているそうです。
その時にクロード・モネの「サン=シメオンの農場への道」「モンソー公園」を
購入していますが、これが日本に印象派の作品の伝わる最も早い例とのことです。

「赤いマントの女」 ジャン=ジャック・エンネル 
住友002

ジャン=ジャック・エンネル(1829-1905)はアルザス生まれのフランスの画家で、
国立美術学校に学び、イタリアにも留学しています。
アカデミックな画風ですが、象徴主義的な雰囲気を持っています。
暗い背景に浮かび上がる赤色と、マントや顔の輪郭の作る直線が印象的です。

「マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち」 ジャン=ポール・ローランス 1877年
住友004

マルソー将軍はフランス革命時のフランスの将軍で、オーストリア軍を打ち破っていますが、
銃撃を受けて27歳で亡くなっています。
オーストりアのカール大公は敵のマルソー将軍に親近感を抱いていて、将軍の葬儀に
自分が出席できることを条件に遺体を引き渡しています。
遺体の前に立っているのがカール大公です。
ジャン=ポール・ローランス(1838-1921)は歴史画を得意としたアカデミズムの画家で、
印象派と同時期の人ですが、古典的な作品を描いています。
住友春翠の支援を受けていた画家の鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう:1874-1941)は
ローランスに学んでいて、春翠の依頼を受けてローランスの作品を何点か買い入れています。

「古い垣根」 ジャン=フランソワ・ミレー 木炭・パステル・白チョーク・紙 1862年頃
住友005

満月の光に照らされて林のはずれに立つ牡鹿が、抑えられた色調で描かれています。
煌々とした月光の下の幻想的な光景です。

「サン=シメオンの農場への道」 クロード・モネ 1864年
泉002

サン=シメオンはノルマンディーのオンフルールにあった農場で、ここの宿に
ブーダン、クールベ、ヨンキントなどが集い、モネも加わっています。
彼らは戸外で、移り変わる自然を描き、サン=シメオン派と呼ばれています。
印象派発祥の地とも言える場所です。

「モンソー公園」 クロード・モネ 1876年
泉005

日傘を差して歩いているのは、モネの後援者だったエルネスト・オシュデの妻、
アリスとその娘です。
エルネストは破産して失踪し、アリスはモネの妻カミーユの死後に、
モネと結婚しています。

「裸婦」 エドモン=フランソワ・アマン=ジャン
住友008

女神か妖精のような雰囲気の女性像で、何か物語性を感じます。
エドモン=フランソワ・アマン=ジャン(1858-1936)はフランスの画家で、
国立美術学校ではスーラと同級で、親しく交流しています。
その後、シャヴァンヌに師事し、叙情性のある象徴主義的な作品を描いています。
アマン=ジャンは楕円形の画面を好んだそうです。

「パッシイ」 ポール・シニャック 水彩・鉛筆・紙 1898年頃
住友006

横20㎝ほどの小品で、エッフェル塔をセーヌ川を挟んだ対岸のパッシイ地区から眺めています。
水辺の景色を好んだシニャックらしい、さわやかな作品で、蒸気船の煙も色彩豊かです。

「一家の母」 ジョルジュ・ルオー デトランプ・紙 1912年
住友009

貧しい母子を描いていて、裸足の姿がその生活を物語っています。
ルオーの作品には崇高さがあって、聖母子と天使像のようにも見えます。

「野花」 アンドレ・ボーシャン 1944年
住友007

素朴派の画家、アンドレ・ボーシャン(1873-1958)は園芸業を営んでいて、
草花をよく描いています。
画面いっぱいに自分の好きな花を並べています。

「黄色い太陽と旅人たち」 マルク・シャガール ガッシュ・紙 1970年代頃
住友003

晩年の作品で、故郷のヴィテブスクの思い出が描かれています。
シャガールがロシアを出てからほぼ50年経っていて、濃い青色が遠い時間を感じさせます。


他に、ルノワール、ミロ、ピカソ、ビュフェなどもあり、普段は展示されることの少ない作品を
まとめて観ることの出来る良い機会です。

泉屋博古館のHPです。


【2015/07/11 19:34】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>