前のページ 次のページ
「ケンジントン ティールーム」 西武池袋本店
池袋
chariot

「ケンジントン ティールーム」は西武池袋本店3階にあります。
場所は豊島区南池袋1-28-1です。

ケン0027

ケン0025

ケン0004


マイセンの人形が飾ってあります。

ケン0023


ケーキセット1365円です。
お茶はケンジントンという名前で、緑茶をベースにしていて、
さっぱりとした味です。
フルーツクリスタルはムース?を地にしています。

ケン0012


こちらはレアチーズケーキとニルギリです。

ケン0009


ポットにはポットカバーが付いています。
カップはロイヤルアルバートのレディカーライルです。

ケン0014

ケーキは美味しく、テイクアウトのお客さんも多いようです。
開店と同時に入ったのですが、出る時は満席に近い状態でした。


【2014/01/24 22:09】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
相田みつを美術館内カフェ
東京・有楽町
chariot

丸の内の東京国際フォーラム地下1階にある相田みつを美術館の
中にあるカフェです。
利用するには美術館の入場券が必要です。

相0638


ベージュ色でまとめられた室内は高さに変化を付けてあり、
ゆったりとした雰囲気です。

相0630


セルフ式になっていて、コーヒー、紅茶、ハーブティー、
オレンジジュースすべて200円です。

相0631


相田みつを美術館の内部は相田みつをの故郷、足利市の八幡山古墳を
イメージしているとのことで、空間の作り方が面白く、カフェも
その一部を構成しています。

東京駅の近くにこんな静かで落着いた空間があるとは知りませんでした。


【2014/01/23 22:47】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「新・富嶽三十六景」 相田みつを美術館
東京・有楽町
chariot

丸の内の東京国際フォーラム地下1階にある相田みつを美術館では、
祝富士山世界文化遺産登録記念、西斎(ピーター・J・マクミラン)版画展、
「新・富嶽三十六景」が開かれています。
会期は1月26日までです。

西011


ピーター・J・マクミランさんはアイルランド出身の翻訳家、研究者、
詩人、アーティストです。
日本に住んで25年になり、百人一首や伊勢物語の翻訳などを手掛けて、
日本文化を世界に伝えています。
また、西斎の号を持ち、葛飾北斎の「富嶽三十六景」に想を得た、
「新・富嶽三十六景」を制作しています。

北斎の活躍した江戸の文化はサステナブル(持続可能)なものだったのに、
現代の消費社会はサステナビリティに無頓着で、環境破壊を引き起こしている
という警告も含んでいます。

展示されている作品はリトグラフやオフセット印刷に金箔貼りなどがされています。

「神奈川沖浪表」
西002

北斎の「神奈川沖浪浦」を元にした、地球温暖化の海面上昇で
呑み込まれそうになった富士山です。

「富士ハイウェー」
西001

高速道路が北斎の赤富士の頂上にまで延びています。

「コカコーラ富士」
西006

長沢芦雪の「富士越鶴図」を元にした、コカコーラの赤富士です。

「曼荼羅富士」
西008

富士曼荼羅図を元にした作品で、江戸時代の富士講に倣って
サラリーマンが富士登山をしている図です。
日を10円玉、月を100円玉で表しています。

「エプロン富士」
西004

横山大観の「雲中富士」がエプロンを着けたコスプレです。

「ヴィトン富士」
西005

日本人のブランド好きを示しています。

「さら富士」
西009

朱雀や玄武などの四神、出島貿易を行なったオランダ東インド会社の社章、
シーボルトによって日本からヨーロッパにもたらされた椿、絶滅危惧種など、
さまざまなモチーフが入っています。

「羽衣富士」
西010

能の「羽衣」がテーマで、富士は宝尽くしの文様の能衣装を着ています。
能面には鳳凰の形の宝冠が載っています。

「頂(いただき)」
西007

世界文化遺産登録を記念して制作された作品です。
富士山の等高線と赤い円の山頂を描いています。

「鶴富士」
西006

富士山の世界文化遺産登録を記念しての作品で、鶴は長寿を象徴し、
サステナビリティ(持続可能性)のイメージとして描かれているそうです。

どの作品も日本と日本文化への深い愛情と理解に基き、そして批評精神に
満ちています。

相田みつを美術館のHPです。





【2014/01/23 22:43】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「クリーブランド美術館展─名画でたどる日本の美」 東京国立博物館
東京
chariot


東京国立博物館と東京都美術館の共同企画により、「日本美術の祭典」として、
東京国立博物館で「クリーブランド美術館展」「人間国宝展」、東京都美術館で
「世紀の日本画展」が開かれます。

ク001


そのう内の、東京国立博物館で開かれている、特別展「クリーブランド美術館展
─名画でたどる日本の美」に行ってきました。
会期は2月23日(日)までです。

ク015


アメリカ有数の日本美術コレクションで知られるクリーブランド美術館の所蔵する
日本絵画、約40件を展示するものです。


「融通念仏縁起絵巻」 鎌倉時代・14世紀
融通念仏を広めた平安時代の僧、良忍上人(1072~1132)の伝記や融通念仏の
功徳を描いた絵巻です。
念仏の功徳により地獄から蘇生した女の場面などが展示されています。

東京国立博物館本館でも京都・清凉寺蔵の重要文化財、「融通念仏縁起絵巻」の
同じ場面が展示されています。

「福富草紙絵巻」 室町時代・15世紀
福富という男が、自在に放屁する芸で財を得た隣人の秀武をうらやんで、
貴人の前で真似をしたところ、粗相をしてしまい、散々に打たれて追い出される
という話です。
血が噴き出し、着物は破れて逃げ帰る男を、道行く人も容赦なく笑っています。
愚か者に対する痛烈な嘲りを観て取れます。

2012年にサントリー美術館で開かれた、「お伽草子 この国は物語にあふれている」
展には京都・春浦院所蔵の重要文化財、「福富草紙絵巻」が展示されていました。

「お伽草子 この国は物語にあふれている」展の記事です。

「霊昭女図」 春屋宗園賛 室町時代・16世紀
ク004

ク005

霊昭女は唐時代の仏教者、龐(ほう)居士の娘で、竹籠を売って両親に
孝養を尽くしたとされています。
ふっくらとした髪やほつれ、目の表現などきわめて巧みで、作者が優れた
肖像画家であることを示しています。

春屋宗園は臨済宗の僧で、大徳寺に三玄院などを建立しています。
また、親交のあった石田三成が関ヶ原の戦いに敗れ、処刑された後、
その遺体を三玄院に埋葬しています。

「龍虎図屏風」 雪村周継筆 室町時代・16世紀
ク006

ク007

ク008

6曲1双の屏風で、波から湧き上がる龍と、風の中の虎です。
龍も虎もどこかユーモラスな感じがします。

「蘭亭曲水図」 曽我蕭白筆 江戸時代・安永6年(1777)
ク009

永和9年(353)に王羲之は別荘に41人の客を招いて曲水の宴を開き、
その場で詠まれた詩による詩集を編んで、有名な「蘭亭序」を添えます。
その宴の模様を描いたことになっていますが、人物は点景の様に小さく、
蕭白は山水そのものを描きたかったようです。

「大空武左衛門像」 渡辺崋山筆 文政10年(1827)
大空武左衛門(1796-1832)は熊本細川家のお抱え力士で、身長は7尺3寸
(約221cm)もあったそうです。
両刀を差した立ち姿を実物大に描いていて、手や足に比べて頭を少し
小さくして、見上げる感じを出しています。

「地獄太夫図」 河鍋暁斎筆 明治時代・19世紀
ク011

ク012


地獄太夫は室町時代の遊女で、山賊にかどわかされて堺に遊女として
売られますが、現世の不幸は前世の行ないの故であるとして、
着物には地獄変相図を刺繍していたそうです。
一休宗純とも親交があったということです。
帯には賽の河原で石積みをしている唐子と布袋様が描かれています。

「雷神図屏風」 「伊年」印 江戸時代・17世紀
ク002

「伊年」印が捺されていることから俵屋宗達の工房の作と分かります。
雷神が画面上に少しはみ出して動きを見せているところなどは、
俵屋宗達の「風神雷神図屏風」と同じです。
6曲1隻の屏風で、おそらく右隻の風神図もあったのでしょう。

「佐野渡図」(部分) 江戸時代・17世紀
ク014


  駒とめて袖うち払うかげもなし佐野の渡りの雪の夕暮れ

俵屋宗達の工房の作と思われる絵で、藤原定家の歌に拠っています。
降る雪に行き悩む人馬の様子が情感を持って描かれています。
たらし込みを用いて連銭芦毛を思わせる馬の毛色を巧みに表しています。

「燕子花図屏風」 6曲1双 渡辺始興筆 江戸時代・18世紀
尾形光琳の「燕子花図屏風」に倣っていますが、燕子花の茎の上半分だけを描き、
霧の中に浮かぶような状景にしています。
渡辺始興(1683-1755)は狩野派、大和絵の様式の絵を描き、尾形光琳にも
師事したとされています。

「蔦の細道図屏風」 6曲1隻 深江蘆舟筆 江戸時代・18世紀
ク003

「蔦の細道」は伊勢物語第9段の、男が東下りの途中、宇津の山で知り合いの
修行者に出会い、都に残した女に送る歌を託するというお話です。
笈を背負った修行者の姿も見えます。

  駿河なる宇津の山辺のうつつにも夢にも人に逢わぬなりけり

深江蘆舟(1699-1757)は尾形光琳に師事したとされる、琳派の画家です。


洋画のコレクションの中からも特別に4点、出展されています。

「トラとバッファローの戦い」 アンリ・ルソー 1908年
ク013

ルソー独特の南国の状景で、バナナの木の下の牛虎図です。

他にモネ、ベルト・モリゾ、ピカソが1点ずつ展示されています。


平安から明治まで各時代を特徴付ける作品の揃った、見応えのある展覧会です。
会期が2月23日(日)までと短いので、早めに行かれることをお奨めします。

展覧会のHPです。


【2014/01/22 22:36】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
喫茶店「静」 錦糸町
錦糸町
chariot

喫茶店「静(しず)」は蔵前橋通りの大横川親水公園と
石原三丁目交差点の間にあります。
場所は墨田区石原4-18-4で、錦糸町駅から15分近く歩いた所です。

静0394


割と広いお店で、年季の入った感じの店内にはゲーム機のテーブルが
置いてあったりします。
壁には関取の手形や番付表が飾ってあります。
BGMにJ-POPが流れていました。

静0385


布張りの天井にシャンデリアが下がっています。

静0388


コーヒー360円です。

静0386


マスターはとても愛想が良く、気配りの利いた方で、丁寧にいろいろ
説明してもらいました。
昭和53年からのお店で、35年経つそうです。
両国駅にも近いので、九重部屋など相撲部屋も多く、お相撲さんも来て
マンガを読んでいるそうです。
最近は、ノスタルジックな昭和の喫茶店ということで、ネットや雑誌でも
取り上げられ、取材を受けたりしたそうで、ネットの力はすごいですと
感心していました。

お客さんが出る時は、お店の方全員が、どうも有難うございました、
とあいさつされます。
典型的な地元の喫茶店ですが、温かみのある心地良いお店です。


蔵前橋通りは大横川に架かる報恩寺橋を渡ります。
大正14年(1925)頃の石造りです。

静0400


大横川は親水公園になっています。
橋の名前の元になった、近くの報恩寺には太田道灌の墓があります。

静0398


両国国技館では大相撲が始まっています。

両535


両国駅には歴代横綱の手形が並んでいます。

両0528


右は白鳳、左は武蔵丸です。

両0530


【2014/01/21 22:21】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Google




ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>



宿・ホテル予約ならじゃらんnet

宿・ホテル予約ならじゃらんnet 

じゃらん・ユーザが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング 

じゃらん・紅葉情報2015