前のページ 次のページ
「松林桂月展―水墨を極め、画中に詠う」 練馬区立美術館
中村橋
chariot

練馬区立美術館では、「松林桂月展―水墨を極め、画中に詠う」が
開かれています。
会期は6月8日(日)までです。

松林001


松林桂月(1876-1963)の没後50年を記念する回顧展で、
約100点が展示されています。
5月11日までの前期と13日からの後期で一部展示替えがあります。

松林桂月は山口県萩市の出身で、野口幽谷に南画を学んでいます。

「不老長春」 昭和後期 おおすみ歴史博物館
松林008

5月13日からの展示です。
不老を表す松を桂月が、長春花と呼ばれる薔薇を妻の雪貞が描いています。
松林雪貞も優れた画家でしたが、桂月と結婚してからは表立った活動は
していません。
雪貞の作品が数点展示されていますが、色彩が鮮やかでくっきりと
明快な描き方です。

夫妻が田原の渡辺崋山の墓参りをしている写真も展示されています。
師の野口幽谷の師は椿椿山で、椿椿山の師は渡辺崋山です。

「秋園」 六曲一双 1938年
左隻
松林004

右隻
松林005

水墨による文人画を能く描いた桂月ですが、装飾的な作品も手掛けています。
琳派のたらし込みも用いた華麗な屏風絵で、松林桂月の特徴の、
右上から左下に流れる構図になっています。
松を左隻に紅葉を右隻に置いて、菊・萩・薄・秋海棠・葉鶏頭などを
描いています。

「伏見鳥羽戦」 大下図 昭和初期 個人蔵
松林006

松林007

完成作の下図となった絵です。
現在、明治神宮の聖徳記念絵画館に展示されている、和洋の画家が
明治天皇一代記を描いた80枚の一部です。
歴史画家ではありませんが、山口県出身の松林桂月は毛利公の依頼と
いうこともあって、入念に調査して描いています。

戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見の戦いを描いていて、伏見街道上での
戦いでは、銃や大砲を放つ薩長軍は洋服を着て、腰に銃剣を着けた上に
刀をサーベルのように吊り、指揮官は軍刀で指揮しています。
攻めてくる幕府軍は会津藩を示す「會」の字の旗を立て、槍を振るって戦い、
大将は陣羽織を着て采配を振っています。
多くの兵は和服で、鎧を着ている者もいます。
新選組の永倉新八は鎧を着て出陣したものの、その重さに難渋したと後に
語っています。
後方には敗走する幕府軍が見え、拠点だった伏見奉行所が炎上しています。

「愛吾廬」 1936年 山口県立美術館
松林003

陶淵明の詩、読山海経に依って付けた題で、吾が廬(いおり)を愛す、
という意味です。
陶淵明に自分をなぞらえ、文人画家としての自由な境地を表しています。
世田谷の自宅の庭を描いていて、池に睡蓮が咲いているところなど、
モネの庭のようです。

「春宵花影」 1939年 東京国立近代美術館
松林002

5月11日までの展示です。
この年のニューヨーク万国博覧会に出品され、好評を得た作品です。
水墨の濃淡や筆遣いによって光や空間を表し、桜の花弁には胡粉を
用いて画面に輝きを添えています。
気品と華やぎの備わった、松林桂月の最高傑作といえる作品です。

松林桂月は自作の詩を添えるなど、漢詩の素養に基く高雅な作品を描いた
画家ですが、最近は古典の教養を基にした画家の作品を観る機会が
あまり無いのは惜しいことです。


【2014/05/07 22:56】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
「猿カフェ 新宿マルイ本館店」
新宿三丁目
chariot

は新宿マルイ本館の8階にあります。
場所は新宿区新宿3-30-13です。

さIMG_0334 - コピー

さIMG_0333 - コピー

さIMG_0326 - コピー


店内は50席ほどで、全席禁煙、ソファー席でゆったりしています。
名古屋発祥のお店で、2013年の12月にオープンしています。
変わった店名だと思って訊いたところ、オーナーの名字に
由来しているそうです。

ランチのタコライスセット950円です。

さIMG_0330 - コピー

スープ、サラダ、ピクルスが付いています。

コーヒーの砂糖はスティックの先に小さい結晶を固めたもので、
溶けるのに時間がかかります。

さIMG_0328 - コピー


夜11時まで開いているとのことで、マルイの中という便利な場所にあって、
気軽に利用できるお店です。


【2014/05/07 03:34】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「第32回 上野の森美術館大賞展」 上野の森美術館
上野
chariot

上野の森美術館では、「第32回 上野の森美術館大賞展」が開かれています。
会期は5月8日(木)までです。

上001


昭和58年(1983)に創設された賞で、日本画・洋画等のジャンルや
抽象・具象を問わず公募し、今年は238点が入選しています。

審査員は岡田修二、千住 博、土屋禮一、福王寺一彦、保科豊巳、
山本文彦の各氏で、入賞作品と審査員の作品以外は50音順に
前期(5月1日まで)と後期(5月2日から)に分けて展示されます。

上野の森美術館大賞 王青 「玄牝(げんぴん)」 S100 アクリル
上002

玄牝は「老子」に出てくる言葉で、生命の根源を表しています。
生命力にあふれる熱帯の森にスタジオライトを当て、半ばシルエットに
なった女性を重ねています。
ライトに浮かび上がった女性は三美神を思わせます。

優秀賞 彫刻の森美術館賞 柏木久美子 「絢の庭」 S100 日本画
上003

金地の庭に絢爛と生え広がる植物です。

優秀賞 フジテレビ賞 吉田沙織 
「喪失して尚、混在する。mixed with loss.」 F100 日本画

上004
 
日本画による抽象画で、細い描線も入って画面を構成しています。

優秀賞 ニッポン放送賞 伊庭広人 
上005

「展望231 希望への始まり 2014」 S100 油彩

夜の海のはるか遠くの光が波の寄せる水面を照らしています。
その光は闇の深さをさらに強調しています。
 
優秀賞 産経新聞社賞 茂木揺 「星座-窓からの風景-」 S100 油彩
上006

窓から見た夜景で、建物や家々は雨に滲んだように輝いています。

具象画が中心ですが、前衛的な雰囲気の作品が多く、観ていて刺激になる
展覧会です。

展覧会のHPです。


【2014/05/05 21:20】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「タリーズコーヒー上野の森さくらテラス店」
上野
chariot

「タリーズコーヒー上野の森さくらテラス店」は4月26日にオープンした、
上野の森さくらテラスの1階にあります。
場所は台東区上野公園1-54です。

左から3153、上野の森さくらテラス、上野バンブーガーデンが並んでいます。

タIMG_0670 - コピー


上野の森さくらテラスです。

タIMG_0678 - コピー


たくさんお店が入っています。

タIMG_0679 - コピー


「タリーズコーヒー」は朝7時から開いていて、店内は明るく、
ドアで仕切られた分煙式で禁煙席は60席ほどです。
BGMはジャズでした。

タIMG_0680 - コピー


上野駅のホームが見えます。

タIMG_0685 - コピー - コピー


水出しアイスコーヒーS350円とスイートポテト180円です。

タIMG_0683 - コピー

コーヒーはすっきりと飲みやすい味です。

上野駅の真横にあり、さくらテラスを上がって行けば上野の森美術館の横に出る
という便利なお店です。


不忍池にデッキが設けられました。

タIMG_0665 - コピー


いろいろな種類の蓮を植えているようです。

タIMG_0666 - コピー


蓮の花の季節ももうすぐです。

タIMG_0669 - コピー


【2014/05/04 22:46】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「キトラ古墳壁画展」 東京国立博物館
上野
chariot

上野の東京国立博物館では特別展、「キトラ古墳壁画展」が開かれています。
会期は5月18日(日)までです。

キトラ001


奈良県明日香村のキトラ古墳の壁画を特別公開するもので、明日香村以外で
公開されるのは今回が初めてです。
キトラ古墳の壁画は現在はすべて取り外され、保存と修理が行われていて、
2016年には明日香村に新設される保存管理施設で公開される予定です。

キトラ古墳は7世紀末から8世紀初めの古墳で、被葬者は天武・持統・文武の
3代に仕えた阿倍御主人とも、天武天皇の子の高市皇子あるいは弓削皇子とも
考えられています。

キトラ古墳外観
キトラ006


展覧会では「四神」のうち、朱雀・白虎・玄武と、「十二支像」のうち、
子(ね)・丑(うし)が展示されています。
青龍は保存の都合で展示されていません。

朱雀
キトラ002

キトラ010

南を守る神です。
都の中心を南北に走る道路は朱雀大路と呼ばれます。
全体に黒ずんでいて、四神の中で一番伸び伸びとした筆遣いになっているそうです。
石室を閉じる石に描かれており、閉じられる前に明るい場所で描くことが出来た
からではないかということです。

白虎
キトラ003

キトラ009

西を守る神です。
会津藩の白虎隊の名前の元になっています。
ユーモラスな顔をしていて、口や胸に朱が入っています。
高松塚古墳の壁画と似た図柄ですが、高松塚が左向き(南向き)なのに対して、
こちらは右向き(北向き)です。

玄武
キトラ004

キトラ011

北を守る神です。
亀に蛇が巻き付いた形をしていて、睨み合っています。
高松塚古墳と似た図柄です。

キトラ古墳の石室内部
キトラ005


奥の漆喰壁に玄武が描かれているのが判ります。

出土した金具類や刀装具とともに、復元された太刀も展示されています。
細身の片刃直刀で、鞘は黒漆塗り、柄には鮫皮が巻かれています。


評判の展覧会で、私は5月1日の朝に開館時間の9時30分の20分前に博物館に着き、
会場である本館特別5室に入れたのは9時40分でしたので、30分待ちでした。
観終わって外に出たら、本館の外はとても長い行列が出来ていました。
これから暑くなるので、外で長時間待つのは結構大変そうです。

キIMG_0084


隣の表慶館では「飛鳥-キトラ2016-」が同時開催されています。
総合文化展(平常展)または特別展への入場料のみで入館出来ます。

キトラ007

キIMG_0080


エントランスにはキトラ古墳の朱雀を実物大に真鍮で再現した像が
置かれています。

キIMG_0098

キIMG_0100

キIMG_0095


藤原京の1/1000ジオラマです。
藤原京は持統・文武・元明の3代の都でした。

キIMG_0086


飛鳥に4体ある「猿石」の中の「山王権現」と呼ばれる石像のレプリカに、
360度プロジェクションマッピングを当てた映像コンテンツです。

キIMG_0088

キIMG_0092


キトラ古墳、高松塚古墳の画像を大型タッチモニターで拡大して観ることが出来ます。

キトラ008


むかし、自転車に乗って飛鳥の甘樫丘、石舞台古墳、天武持統合葬陵などを回った
ことを思い出します。


【2014/05/03 19:51】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Google




ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>