前のページ 次のページ
「川瀬巴水展-郷愁の風景-」 日本橋高島屋
日本橋
chariot

日本橋高島屋では生誕130年記念、「川瀬巴水展-郷愁の風景-」が開かれています。
会期は1月12日(月・祝)まで、入場料は一般800円です。

川瀬007


川瀬巴水(1883~1957)は大正から昭和にかけて活躍した風景版画家です。
新版画という、江戸の浮世絵の技法を受け継ぎながら新しい芸術を目指した
版画を制作しています。
巴水は全国を旅して、日本各地の風景を叙情的に描き、約600点の木版画を
残しています。
新版画とは、江戸の浮世絵の技法を受け継ぎながら新しい芸術を目指して、
大正から昭和にかけて制作された版画のことです。
横浜で浮世絵の輸出を行なっていた渡邊庄太郎が自ら版元となり、
川瀬巴水らを援助して売り出しています。

「木場の夕暮」 大正9年(1920)
川瀬006

材木を浮かべた水面に木橋や電柱が浮かんでいます。
何気ない、ちょっとうら淋しい景色ですが、郷愁を誘います。

「春のあたご山」 大正10年(1921)
川瀬005

芝愛宕山の桜の頃です。
桜は上を薄く下を濃くグラデーションにして立体感を出しています。
桜の散った下では絣の着物や白い前掛けの子どもたちが遊んでいます。

「芝増上寺」 大正14年(1925)
川瀬009

朱塗りの山門と屋根や松に積もる雪の対比が鮮やかで、たわんだ枝や
すぼめた傘は風の強さを表しています。

「馬込の月」 昭和5年(1930)
川瀬004

空には煌々と輝く月が松の大木を浮かび上がらせ、地上には民家の
小さな灯が見えます。
巴水の住んでいた馬込には当時はこんな景色が残っていたようです。

「鶴岡八幡宮」 昭和6年(1931)
川瀬002

黄葉した大石段横の大銀杏と本宮の朱色が目を惹きます。
大銀杏は平成22年に風で倒壊してしまいました。

「西伊豆木負」 昭和12年(1937)
川瀬003

木負(きしょう)湾越しに見た富士山です。
明るい春の日で、手前を桜が覆い、富士山には雪が残っています。
巴水はよく富士山を題材にしています。

「日本橋(夜明け)」 昭和15年(1940)
川瀬008

朝の日本橋を抒情的に描いています。
日本橋一帯は太平洋戦争では昭和19年(1944)から
繰り返し空襲を受け、焼け野が原になっています。

「平泉金色堂」  昭和32(1957)年
川瀬001

亡くなる年の絶筆で、金色堂と呼ばれる中尊寺の阿弥陀堂の雪景色です。
阿弥陀堂に向かう一人の雲水が描かれています。
失われようとする日本の風物を描き留めた川瀬巴水の後姿にも見えます。


【2015/01/08 19:36】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
コーヒー専門店、「アンモナイト」 本郷
本郷三丁目
chariot

コーヒー専門店、「アンモナイト」は本郷三丁目交差点から春日通りを上野方向に
少し行った左にあります。
場所は文京区本郷7-2-6です。

アMG_0530 - コピー

アIMG_0535 - コピー


湯島のカフェ、「自家焙煎珈琲 みじんこ」の運営するお店で、2014年の12月に
オープンしたばかりです。

小さな細長いお店で、テイクアウトや豆の販売を中心にしていて、店内は幅の狭い
カウンター席が5つ程と、小さなテーブル席が1つある程度です。

アIMG_0529 - コピー


アンモナイトをかたどった特注のドアの向うのスペースはコーヒーの講習などに
使われる予定とのことです。

アIMG_0525 - コピー

お店の奥に「みじんこ」と同じピンク色の焙煎機があったので訊いたところ、「みじんこ」から
持ってきたもので、現在は「みじんこ」の分もこちらで焙煎しているそうです。

抽出方法は3つあって、ハンドドリップとスチームパンクは3種類の豆から、エスプレッソは
2種類から選びます。
スチームパンクは日本ではまだ導入しているお店が数店しかない抽出器です。

アIMG_0531 - コピー


ハンドドリップのブレンド430円です。
スチームパンクだと550円です。

アIMG_0527 - コピー

深煎りとのことで、苦味系ですっきりと美味しいです。

1月からは11時開店、火曜日定休で、焼き菓子も出す予定とのことです。

「みじんこ」と同じく、お洒落で活きの良いお店です。

「みじんこ」に行った時の記事です。


【2015/01/07 20:02】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「東山魁夷 わが愛しのコレクション展」 日本橋三越
三越前
chariot

日本橋三越本店では、「東山魁夷 わが愛しのコレクション展」が開かれています。
会期は1月19日(月)まで、入場料は一般800円です。

東山001


東山魁夷(1908-1999)の作品と、蒐集した美術品のコレクションを展示する展覧会です。

東山魁夷は東京美術学校を卒業後、1933年にドイツのベルリン大学(現フンボルト大学)に
留学しています。

「スエズ紀行(水汲み)」 1933(昭和8)年
東山009

小品で、乗っていた船がスエズを経由した折に描き留めた内の1枚です。
速水御舟にもエジプトの風俗を描いた小品があります。

「窓辺に寄せて」 1934年頃
東山010

ドイツ留学中の作品です。

ホドラーの「ミューレンから見たユングフラウ」を模写した作品もありました。
東山魁夷はホドラーに関心を持っていたようです。

ちょうど、上野の国立西洋美術館では1月12日まで「フェルディナント・ホドラー展」が
開かれていて、「ミューレンから見たユングフラウ」も展示されています。

参考
「ミューレンから見たユングフラウ」 1911年 ベルン美術館
ホド001

「ホドラー展」の記事です。

「夕照」 1947(昭和22)年頃
東山魁夷は太平洋戦争中は召集され、熊本で訓練を受けていましたが、ある時、
熊本城から見た阿蘇連山の景色に感銘を受けます。
その感動が基となって、風景画家としての方向を決める作品となる、千葉県鹿野山の
景色を描いた「残照」が描かれます。
「夕照」はその試作となる作品です。

「秋映」 1955(昭和30)年
東山012

東山魁夷の作品の中では珍しく、赤を基調にしています。
制作に当たっては、赤楽茶碗、松花堂昭乗の色紙、根来塗などの赤を研究したそうです。

「秋映(下図)」 1955(昭和30)年
東山011

完成作と共に下図も展示されています。

「二つの月」 1963(昭和38)年 個人蔵
東山002

1962年に3か月かけて北欧を旅行した折の風景を題材にしています。
水と森と月が青の中で描かれています。
東山魁夷は青の持つ精神性を好んだ画家ですが、北欧から帰国後さらに青を基調と
するようになったそうです。

「スオミ」 1963(昭和38)年 泉屋博古館分館
泉002

スオミとはフィンランド語で「湖沼」という意味で、フィンランドの
自国での呼び名です。
大きな作品で、水と緑は澄み切って地平まで広がっています。


以下は東山魁夷のコレクションで、古代エジプト、ギリシャや中国、琳派から茶器まで、
さまざまな美術品が揃っています。
東山魁夷の作品世界を知る手がかりとなる品々です。

「彩色板絵」 エジプト 紀元前3世紀頃
東山005

「梨型細瓶」 シリア 1-2世紀
東山006

「仏頭」 パキスタン タッシーラ 2-3世紀
東山003

「加彩馬頭」 漢時代 紀元前3-後3世紀
東山007

「伊勢物語図」 伝俵屋宗達 江戸時代前期・17世紀
東山004

「梅花黒茶碗」 伝尾形乾山 江戸時代 江戸時代・17世紀後半-18世紀初頭東山008

東山魁夷は茶道を好み、現代の作品を含め、いろいろな茶器を集めています。


東山魁夷の求めた世界の一端を知ることの出来る、興味深い展覧会です。


【2015/01/06 19:39】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「チャボ(cha -bo)」 神保町
神保町
chariot

「チャボ(cha -bo)」は神保町の書泉グランデ裏の小路にあります。
場所は千代田区神田神保町1-3で、「ミロンガ・ヌオーバ」の隣です。

チIMG_0217 - コピー


ホワイトカレーで評判のお店で、15席ほどの小さな店内には映画関係のグッズが
飾ってあります。
音を消したテレビが点いており、BGMにFM放送が流れていて、気楽な雰囲気です。

チMG_0207 - コピー


元々1960年代からあるお店で、お店の業態が変わっても初代の付けた「チャボ」という店名は
現在まで受け継がれているそうです。

豚カレーセット950円です。

チIMG_0208 - コピー

チIMG_0211 - コピー

チIMG_0212 - コピー

クリームシチューとカレーの味が両方効いていて、辛さは強くなく、コクがあって美味しいです。
サフランライスはやや硬めに炊いてあって、食べ応えがあります。

神保町のカレーのレパートリーを一つ増やしてくれるお店です。


【2015/01/05 19:36】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「博物館に初もうで」 東京国立博物館 2015/1
上野
chariot

上野の東京国立博物館で開かれている新年恒例の「博物館に初もうで」に
今年も行ってきました。
会期は1月12日(月・祝)までです。

初001


「羊」 韓国江原道 朝鮮時代・18~19世
とIMG_0142

正門を入ったすぐ右に立っています。
中国の習慣に倣って、貴人の墓の前に文武の役人や動物の石像が立てられていました。

とIMG_0141

足許に草花が彫ってあります。

本館正面階段の活花は、今年は池坊の蔵重伸さん・中野幽山さんです。

とIMG_0032


「松林図屏風」 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀 国宝
左隻
等2-28-2010_003

右隻
等2-28-2010_002

お正月恒例の展示で、国宝室に展示されています。


平安時代のかな書を代表する色紙で、三色紙と呼ばれる、「継色紙」
「寸松庵色紙」「升色紙」の展示もあります。
三色紙は茶席の掛軸として重用されて来ました。

とIMG_0039


「継色紙」 伝小野道風筆 平安時代・10世紀
初004

元は粘葉装(でっちょうそう)の冊子で、料紙を二つ折りした内側に和歌の上の句
と下の句を別のページに継ぎ書きしてあることからこの名があります。
この歌の出典は未詳とのことです。

「寸松庵色紙」 伝紀貫之筆 平安時代・11世紀 重要文化財
初002

中国製の唐紙に古今集が書かれています。
佐久間将監実勝が所有し、菩提所の大徳寺寸松庵に伝来しています。
本作は他所に伝来したものですが、同じ名で呼ばれています。 

 秋のつき山へ
  さやかにてら
      せるは

 おつるもみち
  のかすを
   みよとか

 (古今集巻第五 秋歌下)

「升色紙」 伝藤原行成筆 平安時代・11世紀
初003

清原深養父集を書写してあり、料紙が升のような形をしているので、
この名があります。

「松梅群鶏図屏風」(部分) 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀
とIMG_0061

若冲得意の鶏の群像です。
石灯籠は点描で表されています。

「虎嘯生風図」 円山応挙筆 江戸時代・天明6年(1786)
とIMG_0066

風を起こすと云われる虎が松の枝を揺らす風に嘯く姿です。
円山応挙らしく虎の毛並みの手触りまで巧く表しています。
ちょっと可愛いところが魅力です。

「万歳図」 宮川長春筆 江戸時代・18世紀
とIMG_0073

肉筆浮世絵で、お正月らしく万歳です。

「名所江戸百景・山下町日比谷外さくら田」 
 歌川広重筆 江戸時代・安政4年(1857)

とIMG_0129

羽子板が両方から出ていて、羽根の飛び上がった空には凧が揚がっています。
遠くに富士山も見えます。
男の子と女の子の遊びを巧みに描き出しています。


特別1室は今年の干支、羊にまつわる展示です。

「牡羊小像」 バクトリア(アフガニスタン北部またはウズベキスタン南部)  
  青銅器時代・前2千年紀前半

とIMG_0101

乾燥気候に比較的強い羊は、古代オリエントで農耕が始まった頃には家畜として
飼われていたそうです。

「羊頭部形垂飾」 前7~前6世紀 地中海東岸又はカルタゴ出土 個人蔵
とIMG_0083

青や黄色の色ガラスを使って羊の頭を表しています。
後頭部の輪に紐を通した装飾品と考えられています。

「土製羊小像」 シリア出土 鉄器時代・前600~前300年頃
とIMG_0103

荷駄を載せる鞍の表現された珍しい例です。

緑釉羊圏 後漢時代・2~3世紀
とIMG_0090

羊小屋に3頭の羊がいて、戸も付いています。
王や貴族の墓の陪葬品として作られ、埋納された陶俑です。
「美」という漢字は「羊」に「大」ですから、いかに羊が好まれていたかが分かります。

『羊図(唐絵手鑑「筆耕園」のうち)』 趙福筆 明時代・16世紀 重要文化財
とIMG_0099

唐絵手鑑は、規範とすべき舶来の優れた中国絵画60図を集めたアルバムです。
大陸の生物や風俗を知る貴重な資料ともなっていました。
福岡藩黒田家に伝来していました。

「青玉筆洗」 清時代・19世紀
とIMG_0077

精緻な玉彫で、貝と羊の頭を取り合わせています。

「白玉羊書鎮」 清時代・19世紀
とIMG_0080

紙を押さえる、とても小さな重しで、愛らしい姿をしています。

「十二神将立像 未神」 鎌倉時代・13世紀 重要文化財
とIMG_0096

十二神将はその数から十二支と結び付き、11世紀頃から像の頭部に
動物を置くことが一般化したそうです。
この像では頭部の羊は失われていますが、羊の毛並みを表すかのように、
正面の毛束を巻いた形にしています。

「羊と遊ぶ唐美人と唐子」 北尾重政筆 江戸時代・18世紀
とIMG_0113

日本の高温多湿な気候は羊に向かなかったことや食肉文化ではなかったため、
羊は日本では明治になるまで飼育されませんでした。
そのため、羊と山羊を混同した絵が描かれたそうです。
この絵も角が山羊のようです。

「よきことを菊の十二支」 歌川国芳筆 江戸時代・19世紀
とIMG_0109

こちらは山羊のような髭が生えています。

とIMG_0110


本館前では仙丸さんによる太神楽が演じられていました。

とIMG_0134


東京国立博物館のHPの「博物館に初もうで」のページです。


【2015/01/04 19:28】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>