前のページ 次のページ
「日本の民家 一九五五年」展 パナソニック汐留ミュージアム
新橋
chariot

新橋のパナソニック汐留ミュージアムでは、「日本の民家 一九五五年」展が
開かれています。
会期は3月24日(日)まで、水曜日は休館日です。

民001


建築写真家の二川幸夫(1932~)が20歳前後のときに、野宿を重ねたりして
全国を廻り、民家の写真を撮影しています。

そして、1957年から59年にかけて発行された「日本の民家」全10巻に
280点が収録されています。
文章は建築史家の伊藤ていじ(1922~2010)が担当しています。

展覧会ではそのうち約70点の作品を文章とともに展示しています。
展示されているプリントはすべてオリジナルネガから新しく制作しています。

「石川県輪島市町野町、時国宏家の大黒柱」
ポスターなどに使われている写真です。
時国家は平清盛の妻時子の弟、平時忠が平氏滅亡後に能登に流され、
その子の時国が土着して豪農となった家柄です。
平時忠は「一門にあらざらん者はみな人非人なるべし」と豪語して
平家の繁栄を讃えた人物として知られています。

「蔵王村民家の妻破風とニグラハフ」
民003
 
家の妻に、茅を厚く庇のように突き出して葺き、「はっぽう」と呼ぶ
通風と採光のための窓を開けた、「ニグラハフ」を備えています。
養蚕がさかんになってから流行した形とのことで、明治以降の生糸の輸出に
伴う養蚕が活発になってから各地の民家もそれに合わせて変化しています。

「愛媛県南宇和の外泊(そとどまり)の瓦屋根」
民002

慶応年間に造られた村で、台風や季節風を防ぐため、石垣を積み上げて
家を囲っています。
練り漆喰の上に瓦を乗せ、さらに目地を塗り込めていて、棟に網を
かぶせている家もあります。
営々と築き上げた石垣の眺めです。

「岐阜県高山市、日下部礼一家」
「岐阜県高山市、吉島休兵衛家、ロジの中仕切」
二川幸夫が民家の撮影を始めたきっかけは、高山市の日下部礼一家の
建物を見て感動したことにあるそうです。
高山市の民家は町屋で、飛騨の匠の伝統によって立てられており、
とても洗練された姿をしています。

「岐阜県白川村芦倉、合掌造りの民家と墓」
会場の最後に展示されています。
背景に合掌造りの家二軒、手前に墓が三基並んでいます。
合掌造りの家を建て、暮らした人たちの墓です。
墓石には南無阿弥陀仏と刻まれています。

1950年代は高度経済成長期の始まる直前で、生活の近代化が進むにつれ、
やがて民家はつぎつぎ姿を消していってしまいます。
「日本の民家」は、その直前の貴重な姿を記録した写真集となっています。

展覧会のHPです。





次回の展覧会は汐留ミュージアム開館10周年記念、「幸之助と伝統工芸」です。
会期は4月13日(土)から8月25日(日)です。

松001


【2013/03/06 00:05】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「シェアードテラス 外苑いちょう並木店」
外苑前
chariot

「シェアードテラス 外苑いちょう並木店 (SHARED TERRACE)」は
神宮外苑の銀杏並木沿いにあります。

シ0055

シ0039


「アフタヌーンティー」の系列のお店で、2012年の4月のオープンです。

いろいろなパンも売っています。

シ0049


全席禁煙の40席ほどとテラス席があり、床はコンクリート打ちっ放し、
広々としていて、中央に大きな木のテーブルがあります。
全面ガラス張りで、前の銀杏並木を見渡せる、とてもお洒落な雰囲気です。

シ0040


コーヒー567円とリンゴのペストリー294円です。

シ0048

コーヒーは軽い苦味で、すっきりと美味しいです。
ペストリーは甘味も程よいのですが、やや固めでした。

銀杏並木の新緑や黄葉の頃に来ると、さらに気分の良いことでしょう。


【2013/03/05 00:03】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ラファエロ展」 国立西洋美術館
上野
chariot

上野の国立西洋美術館では、「ラファエロ展」が開かれています。
会期は6月2日(日)までです。

ラ001


ルネサンスを代表する画家、ラファエロ・サンツィオ(1483-1520)の
日本で初めての展覧会で、ラファエロの作品、約20点を中心にした展示です。

ラファエロはウルビーノ公国の宮廷画家の子として生まれ、宮廷に出入り
していたことで、上流社会の社交術を身に付けています。
初期の作品はペルジーノ(1450頃-1523)の影響を受けています。
ペルジーノは名前の通り、ウルビーノの近くのペルージャ出身の画家で、
優美で繊細な作風で知られています。
ただ、ラファエロがペルジーノに弟子入りしたかどうかは分からないそうです。

ピントリッキオ 「幼児洗礼者ヨハネと聖母子」 
 1490年代 シエナ国立絵画館

ラ002

とても優しい雰囲気の作品で、イエスはクッションの上に座って、
受難の象徴であるザクロを持っています。
ピントリッキオ(1454-1513)もペルージャ出身で、やはり繊細優美な
作風が特徴です。
初期のラファエロはピントリッキオの工房とも協力していたと考えられています。

ピントリッキオの作品は2012年に同じ国立西洋美術館で開かれていた、
「ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」でも展示
されていました。

「ベルリン国立美術館展」の記事です。

以下はラファエロの作品です。

「聖セバスティアヌス」 1502-1503年 
 ベルガモ、アカデミア・カッラーラ絵画館

ラ007

聖セバスティアヌスは矢で射られて殉教した聖人で、その象徴として矢を
持っています。
ピントリッキオと同じく、金の刺繍や装飾品も描かれ、矢の持ち方も優しげで、
繊細な感覚の作品になっています。
正面から描かれた顔は後の「大公の聖母」につながるものがあります。

やがて、ラファエロは1504年頃からはフィレンツェに滞在し、ここで
レオナルド・ダ・ヴィンチに会ってその作風を学ぶなど、新しい芸術の
潮流に触れ、それを吸収しています。

「聖ゲオルギウスと竜」 1503-1505年 パリ、ルーヴル美術館
ラ008

聖ゲオルギウスは町に災いを為す悪竜を退治したことで有名な古代の聖人で、
多くの作品に描かれています。
小品で、のどかな田園風景の中で、槍を折られたゲオルギウスが馬上で
剣を振るって竜と闘っています。
赤い服の女性は竜に食べられるところをゲオルギウスに助けられた王女です。
ゲオルギウスと馬の勇壮な姿はレオナルド、田園風景はペルージャ以来の
伝統に従って描いているとのことです。

「大公の聖母」 1505-1506年頃 フィレンツェ、パラティーナ美術館
ラ006

ラファエロといえば聖母子像ですが、その中の一点です。
トスカーナ大公、フェルディナンド3世(1769-1824)の愛蔵品であった
ことからこの名が付いています。
フェルディナンド3世はイタリアに侵攻したナポレオン軍から逃れる時も
この絵を携えて行ったそうです。
最近の調査で背景の黒は後に塗られたもので、当初は風景や建物が
描かれていたことが分かっています。
背景の部分の傷みが激しくなってきたために黒く塗ったようです。
しかし、背景を黒くすることで色調もまとまり、聖母子の姿がくっきりと
浮かび上がって、魅力のある作品になっています。

「自画像」 1506年頃 フィレンツェ、ウフィツィ美術館
ラ003

フィレンツェに滞在していたラファエロは何度かウルビーノに帰っています。
この作品は、その折に親しい親戚かウルビーノ公の宮廷の要人のために
製作したものと考えられています。
優しい顔立ちの美男で、画面の右側には影も映っています。

「無口な女(ラ・ムータ)」 1507年 ウルビーノ、マルケ州国立美術館
ラ009

2010年に東京都美術館で開かれていた「ボルゲーゼ美術館展」に展示されていた、
「一角獣を抱く貴婦人」(1506年頃)とよく似た構図です。
こちらの方は静けさがあって、レオナルドの「モナ・リザ」ともよく似ています。
当時のフィレンツェやウルビーノの女性に好まれた服を着ていて、最初は
飾り紐も多く、襟ぐりも大きく開けて描かれていたそうです。
落着いた色調と雰囲気の、描き方に過不足の無い、品の良い作品です。

「ボルゲーゼ美術館展」の記事です。

「聖家族と仔羊」 1507年 マドリード、プラド美術館
ラ004

小品で、ヨセフ、マリア、幼子イエス、仔羊を描いています。
聖母子と仔羊をともに描くことはレオナルドが始めたそうです。
たしかに、左右反転させると、レオナルドの「聖アンナと聖母子」に
よく似た構図になります。
ラファエロはいろいろとレオナルドから吸収したようです。

ラファエロは教皇ユリウス2世の招きで1508年にローマに移り、1520年に
亡くなるまでそこで過ごしています。
バチカン宮殿の「アテネの学堂」はユリウス2世の命で描かれたものです。
ユリウス2世の死後もレオ10世の庇護を受けており、ラファエロはウルビーノでの
育ちも役立って上流階級との社交に長けていたようです。

「エゼキエルの幻視」 1518年頃 フィレンツェ、パラティーナ美術館
ラ005

1520年に37歳で亡くなったというラファエロの若い晩年の作品です。
旧約聖書のエゼキエル書にある、預言者エゼキエルの視たという神の姿を
描いています。
神は人、獅子、牛、鷲の顔をした4つの生き物ともに現れています。
左下にはエゼキエルかと思われる人物を雲間から照らす光も見えます。
小品ですが、構想が大きく、画面も緊密で、「アテネの学堂」などの
大画面を描いたラファエロの力量を示しています。

ラファエロの作品がこれだけ集まることは滅多に無い貴重な機会です。
私はオープン翌日の3月3日(日)の開館とほぼ同時に入りましたが、
すでに入場券売場の前は長い行列になっていました。
今後はかなりの混雑が予想されますので、早めに行かれることをお奨めします。





国立西洋美術館の次回の展覧会は、システィーナ礼拝堂500年祭記念、
「ミケランジェロ展―天才の軌跡」です。
会期は9月6日(金)~11月17日(日)です。
ラファエロの次はミケランジェロとは何と豪華な。

ミ001


【2013/03/04 00:04】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(4) |
「マーサー ビス エビス 」 恵比寿
恵比寿
chariot

カフェ「マーサー ビス エビス (MERCER bis Ebisu)」は恵比寿駅から
細い通りを東に行って、恵比寿橋南交差点を過ぎた所にあります。
場所は渋谷区恵比寿1-26-17です。

マ0002

マ0025

マ0008


去年の9月にオープンしたお店で、隣は「マーサー カフェ」です。
11席ほどとカウンター席3席の小さくて簡素なつくりのお店で、全席禁煙です。

店員さんからもらったパンフレットによると、マーサーとはニューヨークの
マーサーストリートから付けた名前だそうです。

こちらはシフォンケーキが中心ですが、ランチもあります。

マ0024

マ0010


ロールケーキもあります。

マ0003


キャラメルシフォンケーキとコーヒー650円です。

マ0018

たっぷりのクリームに包まれたシフォンはふわふわと柔らかく弾力があって、
とても美味しいです。
ボリュームもありますが、割とあっさりしています。

BGMはボサノバでした。
表の通りを眺めながら、クリームをすくっていると、ビートルズの
「ペニーレイン」のメロディーが流れてきました。

Penny Lane is in my ears and in my eyes

There beneath the blue suburban skies

I sit and meanwhile back


ここの通りの名前は何というのでしょうか。


【2013/03/03 01:13】 お店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「第39回春季創画展」
日本橋
chariot

日本橋高島屋で3月4日(月)まで開かれている、第39回春季創画展に
行ってきました。
入場は無料です。

創画会は1948年設立の創造美術に始まる、日本画の美術団体です。

池田幹雄 「初夏の富士」 
創001

きっぱりと明快な造形の富士山です。
澄んだ空気が画面を満たしています。

梶岡百江 「ある日」
創003

近くの焚き火と遠くの煙突が対比された画面で、立ち昇る煙とともに
視界が空に広がります。
地平線には小さく家並みが見えます。
梶岡さんの作品はどれも郷愁を感じさせるものがあります。

清野圭一 「自己愛の庭」
創002

とりどりの植物がまとまりのある色調で明るくさらりと描かれています。
タイルの色合いの変化にも面白さがあります。

6階の美術画廊では、会員による小品展も開かれています。
小品はその作家の特徴が凝縮されているので、観ていて楽しいです。


【2013/03/02 00:17】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Google




ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>



宿・ホテル予約ならじゃらんnet

宿・ホテル予約ならじゃらんnet 

じゃらん・ユーザが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング 

じゃらん・ゴールデンウィーク早期特典プラン