前のページ 次のページ
「夏目漱石の美術世界展」ブロガー特別内覧会 東京藝術大学大学美術館
上野
chariot

上野の東京藝術大学大学美術館で開かれている、「夏目漱石の美術世界展」の
ブロガー特別内覧会が5月31日の夜にありましたので、行ってきました。
展覧会の会期は7月7日(日)までです。
その後、7月13日(土)から8月25日(日)まで静岡県立美術館でも開かれます。

夏001

ブロガー特別内覧会の前に観に行った時の「夏目漱石の美術世界展」の記事です。

写真は美術館より特別な許可を得て撮影したものです。

古田亮東京藝術大学准教授による解説の後、会場を廻りました。
 
右:岡本一平 「漱石先生」 東北大学附属図書館
左:朝倉文夫 「つるされた猫」 1909年 東京藝術大学

夏0253

「漱石先生」は会場の最初に展示されていて、苦沙弥先生としての
夏目漱石のイメージです。

「つるされた猫」は朝倉文夫26歳の作で、「吾輩ハ猫デアル」は
1905年に発表されています。

橋口五葉[装幀] 「吾輩ハ猫デアル」 上編 1905年
夏0209

橋口五葉[装幀] 「吾輩ハ猫デアル」 中編 1906年
夏0213

橋口五葉[装幀] 「吾輩ハ猫デアル」 下編 1907年
夏0211

橋口五葉は兄が熊本の第五高等学校で漱石の教え子だったことが縁で、
「吾輩ハ猫デアル」の装幀を行ない、
以後、漱石の多くの作品の装幀を手がけてます。
アール・ヌーヴォー風のデザインは新鮮で、小説の評判を高めるのに
役立っています。
上編の挿画は中村不折、中・下編は浅井忠が描いています。

右:ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー 「金枝」 
 1834年 テイト、ロンドン

左:ブリトン・リヴィエアー 「ガダラの豚の奇跡」 1883年 テイト、ロンドン
夏0259

ターナーの名は「坊っちゃん」の中で、松の木を眺めていた赤シャツと
野だいこの会話に出てきます。

「ガダラの豚の奇跡」は「夢十夜」にある、庄太郎に襲い掛かる豚の大群を
杖で叩いて崖に落す話の元になったと思われる絵です。
福音書にある、イエスがガダラという所で男に取り憑いた悪霊に向かって
出て行くように命じると、悪霊は黒い豚の群れに乗り移り、豚の群れは
そのまま崖からガリラヤ湖に飛び込んで行ったというお話です。
猪突猛進ならぬ、すさまじい豚突猛進ぶりで、なだれ落ちる豚の群れと
吹き上がる雲が対比されています。

右:伊藤若冲 「鶴図」 1793年
左:伊藤若冲 「鶴図」 18世紀
夏0265

「草枕」で、温泉宿に着いた画工が部屋の床の間に若冲の絵が掛かって
いるのを目にします。
一本足ですらりと立っている上に卵形の胴体がふわっと乗っていると
評して褒めています。
漱石は現在ほど宗達や若冲が評判では無い時期に2人に注目しています。

右:伊年 「四季花卉図屏風」 17世紀 東京国立博物館
左:渡辺崋山 「黄梁一炊図」 1841年 重要美術品
夏0199

「伊年」の印は俵屋宗達の工房の作であることを示しています。
漱石はこの屏風の批評を津田青楓と手紙で遣り取りしています。

小説の「こころ」では、死のうと思った「先生」は自叙伝を書くため日延べ
していることを、渡辺崋山が自刃の直前に描いたという「黄梁一炊図」を
例にして説明しています。
黄梁が炊き上がらないうちに一生の栄華の夢を見たという、邯鄲の夢枕とも
呼ばれる話を描いたものです。
幕府の政争に巻き込まれた挙句に自刃した渡辺崋山が最後に選ぶ題材として
ふさわしいともいえますが、自刃の直前に描いたは思えないような、
端然として、しかも興の乗った作品です。

右:津田青楓 「自画像」 1911年 青楓美術館
左:津田青楓 「少女(夏目愛子像)」 1931年 青楓美術館
夏0230

津田青楓は漱石と親しく、漱石は青楓の絵について、色彩の感じは豊富だが、
自分の好かない色を平気でごてごて塗るので辟易する、と言っています。
この絵は漱石の四女、愛子26歳を描いた、漱石没後の作品ですが、
色彩が鮮やかで、活き活きとしています。
津田青楓は初め日本画家でしたが、浅井忠から洋画を学んで洋画家となり、
後に日本画に戻って南画風の作品を描いています。
この絵にも古典的な洋画とは違った、南画の趣きがあります。

今村紫紅 「近江八景」 1912年 東京国立博物館 重要文化財
夏0216

左から「唐崎」、「粟津」、「三井」です。
「近江八景」は期間中、展示替えがあります。
漱石は第6回文展の批評を書いていて、この今村紫紅の意欲作については、
努力と苦労は評価するがこの絵が後世に伝わるかは疑問で、色彩は自分の
性に合わないと、辛口の批評をしています。

右:佐藤央育(さとうえいすけ) 『原口画伯作 「森の女」』 2013年
左:黒田清輝 「婦人図(厨房)」 1892年 東京藝術大学
夏0270

右は「三四郎」の中に出てくる、黒田清輝がモデルとされる原口画伯が
美禰子を描いた絵を今回、推定試作した作品です。
佐藤さんは文中によく出てくる「光線」という言葉をキーワードに
したそうです。
黒田清輝らしい、外光派風の絵になっています。

左はその黒田清輝がフランス留学中に描いた作品です。

荒井経 『酒井抱一作 「虞美人草図屏風」』 2013年
夏0203

「虞美人草」では、亡くなったヒロイン、藤尾の枕元に酒井抱一の屏風が
葬送の儀礼として逆さに立てられています。
作品では虞美人草(ヒナゲシ)を描いた二枚折の銀屏風となっていて、
東京藝術大学准教授の荒井経さんがこれを再現しています。
荒井さんは藤尾を傲慢だが未成熟な女と想定して、わずかな花が儚く咲く
図柄にしたそうです。
銀箔がまだ新しいので、紅いヒナゲシの色が屏風の反対側に映っています。

漱石自筆の作品も何点か展示されています。

夏0225

右:夏目漱石 「煙波縹渺図」 1914年 岩波書店
左:夏目漱石 「山上有山図」 1912年 岩波書店
夏0231

いろいろ描いてはあるのですが、いま一つ上手くありません。
他人の絵をあれこれ言う割には下手だと迷亭君に笑われそうです。


夏目漱石の作品世界と美術品を往復することになって興味は尽きず、
いろいろな楽しみ方の出来る展覧会です。

巡回展の開かれる静岡県立美術館のHPです。





【2013/06/05 00:15】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
「上島珈琲店 御茶ノ水ワテラス店」
淡路町
chariot

「上島珈琲店 御茶ノ水ワテラス店」は4月12日にオープンした
ワテラスアネックス1階にあるカフェです。
場所は千代田区神田淡路町2-105です。
3階には「上島珈琲店 ワラテスBS店」があります。

この日は神田祭で、祭り提灯が下がっていました。

上島0059


お客さんも祭り半纏の人が多くいました。
表の外堀通りをお神輿が通ります。

上島0003


クラブハウスサンド500円とブレンドS340円です。

上島0055


ネルドリップゼリー380円です。

上島0050


こちらは祭りの終わった後に行った神田明神で、いつもの静かな境内に
戻っています。

明神0096

明神0107


今年の神田祭の記事です。

いつのまにか、神馬が1頭増えて、2頭になっていました。

明神0098

明神0102

追記
手前の茶色の子は神田祭の応援に葛飾の熊野幼稚園から来た
「ちょこ」くんでした。

神馬の御幸(みゆき)号の記事です。


【2013/06/04 00:03】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「美の競演 京都画壇と神坂雪佳」展
日本橋
chariot

日本橋高島屋では「美の競演 京都画壇と神坂雪佳」展が開かれています。
会期は6月10日(日)までです。

神010


明治から昭和の京都画壇の画家たちと、琳派を近代に生かし、
最後の琳派とも呼ばれた神坂雪佳の作品の展示です。

京都市美術館と細見美術館のコレクションによって構成されています。

竹内栖鳳 「絵になる最初」(部分) 1913年 京都市美術館
竹005

絵のモデルになるため着物を脱いだ少女が、その着物で体を隠して、
羞いの表情を見せている瞬間を捉えた作品です。

竹内栖鳳(1864-1942)は京都を代表する日本画家で、西村五雲、
橋本関雪、土田麦僊、小野竹喬らを育てています。

竹内栖鳳 「清閑」 1935年 京都市美術館
神003

子犬の可愛らしさをスケッチ風に描き出した小品で、ふわふわした手触りまで
感じさせます。
竹内栖鳳は動物画を得意としています。

西山翠嶂 「槿花」 1923年 京都市美術館
神004

着物姿をあっさりと仕上げているのに対して、女性の顔や髪を
より写実的に描き、モデルの個性を表現しています。

西山翠嶂(1879-1958)は竹内栖鳳に師事し、後に女婿となっています。

中村大三郎 「ピアノ」 1926年 京都市美術館
四曲一隻の屏風で、黒いグランドピアノを紅い振袖の女性が弾いています。
譜面台の楽譜もしっかり描かれていて、シューマンの「小さなロマンス」と
「トロイメライ」だそうです。
帯は葡萄や桃を大きく描いたモダンな図柄です。
中村大三郎(1898-1947)は西山翠嶂に師事しています。

菊池契月 「散策」」(部分) 1934年 京都市美術館
神001

萩の咲く中を縦縞の着物姿の女性が洋犬を連れて歩いています。
洋風のおかっぱに和服という取り合わせに目新しさがあったようです。

菊池契月(1875-1955)は菊池芳文(1862-1918)に師事しています。
菊池芳文は四条派の幸野楳嶺(1844-1895)に師事しており、
幸野楳嶺は竹内栖鳳の師でもあります。

梶原緋佐子 「帰郷」 1918年頃 京都市美術館
縞の着物と合羽を着て、パラソルを持った女性が駅の待合室らしい所に
立っていますが、髪はほつれ、生活の疲れの浮かんだ表情をしています。

梶原緋佐子(1896-1988)は菊池契月に師事していて、初期の作品には
社会性が感じられます。

上村松園 「人生の花」 1899年 京都市美術館
上004

初期の26歳の作品で、母親に付き添われて歩む花嫁を描いています。
角隠しを着け、笹紅を差した花嫁はやや俯いていて、喜びと不安の
混じった心の裡を現しています。
花嫁は華やかな立矢帯、母親は前帯を結んでいます。

上村松園(1875-1949)は幸野楳嶺に師事し、後に竹内栖鳳に師事しています。

上村松園 「晴日」 1941年 京都市美術館
神008

晩年の代表作の一つで、京都の日常の情景を母への追憶とともに
描いた作品です。
たすきをかけて甲斐甲斐しく伸子張り(しんしばり)をしている女性は
鹿の子模様の帯をして、髪にべっ甲の櫛、珊瑚のかんざしを差し、
桜の花を飾っています。

堂本印象 「婦女」 1948年 京都市美術館
神005

堂本印象(1891-1975)は西山翠嶂に師事しています。
作風は古典的な日本画に始まり、さまざまな美術思潮を取り入れ、
最後は抽象画にまで至っています。

この絵は戦後すぐの頃の作品で、和装と洋装が混じっていて、
ちょっとキュビズムの雰囲気があります。


神坂雪佳(1866-1942)は京都に生まれた日本画家・図案家で、
琳派を深く研究した作品を制作しています。
作品はおおらかで、デザイン化された構図が新鮮です。

神坂雪佳 「軽舟図」(部分) 1915年頃 京都市美術館 
神002

縦長の掛軸で、烏帽子を被った小舟の船頭さんの足元には山桜の枝が見えます。
王朝風の春の風情で、飄逸な雰囲気の作品です。

神坂雪佳 「伊勢物語図扇面(河内越)」 大正後期 細見美術館
神009

伊勢物語の一節で、男が河内にいる別の女の許に通うのを、女が平然として
送り出すので男は不審に思って、物陰に隠れて女の様子をうかがっています。
女は男を送り出してから歌を詠みます。

 風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとりこゆらん

それを聞いた男は愛しく思って、河内に行くのを止めてしまいました。

神坂雪佳 「十二ヶ月草花図(六月)」 大正後期 細見美術館
神006

神坂雪佳の特徴の大胆な構図によって各月の草花が描かれています。
六月は紫陽花の花や葉をトリミングして、その大きさを表しています。

神坂雪佳 「四季草花図文庫」 大正末期頃 髙島屋史料館
神007

大きな桐の地の一面に紫陽花や菊の花を描いた箱です。

琳派の神坂雪佳は同じ時代、同じ京都でありながらその作品が一緒に
展示されることは無かったそうです。
日本画の近代化を目指す四条派の竹内栖鳳たちと、装飾性を追求した
神坂雪佳はその方向性が違っていたためのようです。


今まで目にする機会の少なかった神坂雪佳の作品をまとめて楽しむことが
出来ました。
京都画壇の人たちの作品は、髙島屋の展覧会ということで、着物や洋服を
描いたものが多くありました。


【2013/06/03 00:03】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「カフェ 104.5(イチマルヨンゴー)」 ワテラスタワー お茶の水
御茶ノ水・新御茶ノ水・淡路町
chariot

「カフェ 104.5(イチマルヨンゴー)」は4月12日にオープンした
ワテラスタワーの2階にあるカフェ&エピスリーです。
場所は千代田区神田淡路町2-101です。

1040092.jpg


中は100席ほどで、席の間も開いていてかなり広く、お洒落な雰囲気です。
分煙式で、ランチタイムは禁煙になっています。

1040076.jpg

1040071.jpg

1040094.jpg


エピスリーなので、入口にはいろいろな食品が並んでいます。

1040089.jpg


104.5とは、水をつくっている2個の水素が酸素と結合する角度で、
人と人を結び付けるという意味で名付けたそうです。

ブルーノートジャパンのプロデュースするお店で、ジャズのライブも
開かれます。
BGMは元気なジャズでした。

テーブルには特製のオイルが置いてあります。

1040085.jpg


ブリオッシュ880円とセットのコーヒー300円です。
コーヒー単品は500円です。

1040086.jpg

小ぶりなブリオッシュは、カリッとして香ばしく、レーズンバターや
シロップを付けます。

たっぷりのコーヒーはコクがあって美味しいです。

1040083.jpg


私の行ったのは日曜日でしたが、この辺りはオフィス街なので、
お昼頃でもお客さんの数は少なく、ゆったり時間を過ごせました。

お店のHPです。


【2013/06/02 00:17】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」 江戸東京博物館
両国
chariot

両国の江戸東京博物館では、開館20周年記念展、「ファインバーグ・コレクション展
江戸絵画の奇跡」が開かれています。
会期は7月15日(月・祝)までで、6月16日までの前期と6月18日からの後期で、
一部展示替えがあります。

江戸0125


ファ001


アメリカの実業家、ロバート・ファインバーグ氏による江戸絵画を中心にした
コレクションのうち、約90点の展示です。

展示は琳派、四条円山派、伊藤若冲や曾我蕭白などの奇想派、浮世絵に
分類されていて、コレクションには狩野派や土佐派のような官画系の
作品のほとんど無いのも特徴です。

第1章 日本美のふるさと 琳派

俵屋宗達 「虎図」 江戸時代/ 17世紀  紙本墨画
展示場の最初に展示されています。
前脚を舐めている姿は北宋の徽宗 (きそう)皇帝の有名な「猫図」を
左右逆にした構図で、観ていて笑ってしまう可愛い顔をした虎です。

酒井抱一 「 十二ヶ月花鳥図」 江戸時代/ 19世紀 絹本着色 12幅対
1月の椿に始まり、12月の梅で終わる花鳥図を12幅の掛軸にしています。
酒井抱一らしい、すっきりと鮮やかな作品です。

酒井抱一の同じような12幅は他に5組あるそうで、私も宮内庁所蔵の品を
東京国立博物館の「皇室の名宝展」で観たことがあります。

鈴木其一 「群鶴図屏風」 江戸時代/ 19世紀 紙本金地着色 2曲1双
ファ013

鈴木其一特有のとてもモダンでデザイン的な屏風ですが、近くで観ると
羽毛や脚、くちばしは細密に描かれています。
ブライス・コレクションにも鈴木其一の「群鶴図屏風」があります。

第2章 中国文化へのあこがれ 文人画

池大雅 「孟嘉落帽・東坡戴笠図屏風」 
江戸時代/ 18世紀  紙本墨画淡彩 6曲1双

右隻 「東坡戴笠」
ファ010

孟嘉落帽は東晋の文人、孟嘉が酒宴の最中、風で冠を飛ばされても平然と
していたという故事、東坡戴笠は北宋の文人、蘇東坡がにわか雨か雪に遭い、
農家の人から質素な笠と履物を借りたという故事によっています。
冠を被らないのは大変な無作法であり、高級官僚でもある人物が農民の物を
借りるというのは普通はあり得ないことなので、二人の自由で飾らない人柄を
表す画題となっています。
伸び伸びとした筆遣いで、笠も着物も木も丸く描かれた面白い絵です。

谷文晁 「秋夜名月図」 江戸時代/文化14 年(1817) 絹本墨画
ファ002

横170cm近い大きな作品で、隅田川で中秋の名月を眺めた後にこれを描いた、
と記してあります。
薄く墨を掃いて夜の空間を表した中に薄を置き、月は白抜きにしています。
とても大きな文晁図書の印が目に付きます。

第3章 写生と装飾の融合 円山四条派

円山応挙 「孔雀牡丹図」 
 江戸時代/明和5年(1768) 絹本着色

ファ007

鮮やかな色彩の孔雀が写実的に描かれていて、画面に沿って駆け上がるような
飾り羽の表現には目を見張ります。

第4章 大胆な発想と型破りな造形 奇想派

曾我蕭白 「宇治川合戦図屏風」 江戸時代/ 18世紀 紙本着色 6曲1隻
ファ008

ファ009

平家物語の中の木曽義仲の陣に攻めかかろうと、橋を壊された宇治川を
馬で渡ろうとする梶原景季と佐々木高綱の先陣争いの場面です。

馬を宇治川に乗り入れようとする梶原景季を佐々木高綱が馬の腹帯が
緩んでいると言って呼び止め、あわてた景季が直している間に高綱は
先に進んで一番乗りを果たします。
勇猛だが単純そうな景季、ずるそうな高綱が濃厚な色彩と派手な動きで
描き分けられていて、景季の馬の腹帯も見えます。

葛蛇玉 「鯉図」 江戸時代/ 18世紀  絹本着色
ファ003

柳に吹く風が水紋をつくり、水面に浮かんだ花びらを何かと思って鯉が
顔を出しています。
葛蛇玉(かつ じゃぎょく(1735-1780)は大坂の絵師で、鯉の絵を
得意としていますが、現存する作品は6点しかないそうです。

第5章 都市生活の美化、理想化 浮世絵

肉筆浮世絵を中心にした展示です。

礒田湖龍斎 「松風村雨図」 
 江戸時代/ 18世紀 絹本墨画金泥 3幅対

ファ012

謡曲の「松風」などで知られる、須磨に流された在原行平を中心に、
浜で汐汲みをする松風・村雨姉妹を左右に描いた三幅対のうち、村雨の図です。

腰蓑を着け、汐の入った桶を曳く妹の村雨は網干模様の振袖を着ていて、
帯には鯉の滝登りが描いてあります。
桶を担いだ姉の松風は松の模様の振袖に龍の模様の帯で、滝を登り切った鯉は
龍になるとされていて、この絵には吉祥の意味も込められているのでしょう。
墨と金泥による色調は深く静かで、上品な雰囲気をたたえています。

葛飾北斎 「源頼政の鵺退治図」 
 江戸時代/ 弘化4年(1847) 絹本着色

ファ011

会場の最後に展示されています。

平家物語にある、御所に夜な夜な現れて帝を悩ませていた
怪物の鵺(ぬえ)を源頼政が弓で射て退治したというお話です。
むら雲から射す赤い光線が鵺を表し、源頼政は足を踏ん張り、
強弓を引き絞っています。
北斎の亡くなる前々年の作ですが、力のみなぎる画面で、
晩年になってもまったく枯れていません。


とても充実した内容の展覧会で、ロバート・ファインバーグ氏一代で
江戸絵画各派の作品について、これだけ目配りの利いたコレクションを
つくり上げたことに感心します。


江戸東京博物館の次の特別展は、「花開く江戸の園芸」で、
会期は7月30日から9月1日です。

展覧会のHPです。

ファ014


【2013/06/01 00:02】 美術館・博物館 | トラックバック(1) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Google




ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>



宿・ホテル予約ならじゃらんnet

宿・ホテル予約ならじゃらんnet 

じゃらん・ユーザが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング 

じゃらん・花火大会特集 / ★ 2015年の花火大会の日程や打上発数など情報が満載!