前のページ 次のページ
「生誕100年 髙山辰雄・奥田元宋―文展から日展へ―」展 山種美術館
恵比寿
chariot

恵比寿の山種美術館では、「生誕100年 髙山辰雄・奥田元宋―文展から日展へ―」
展が開かれています。
会期は2013年1月27日(日)までです。

高山001


同じ1912(明治45)年6月生まれで、共に日展で制作した髙山辰雄(1912-2007)と
奥田元宋(1912-2003)の作品と、二人の属していた日展およびその前身である
文展系の画家の作品を、所蔵品を中心にして展示しています。

髙山辰雄の作品は9点、展示されています。

髙山辰雄 「坐す人」 1972年
大きな画面で、修行僧のような人物が苦行している姿です。
前に置いている手を大きく描いて、人物の苦悩を表しています。
手を大きく描くのは髙山辰雄の特徴です。
半ば抽象的な背景は、滝を表す縦の白と、道を思わせる横の赤で引き締まっています。

髙山辰雄は、「なにか自分がものを思う時に何かをこの掌の中に持っているような
気がする。多分、「思い」というものを掌の中に持っているのだろう。」と
述べています。

髙山辰雄 「春を聴く」 1979年
髙山辰雄独特の点描法で、二羽の鳩が薄い灰緑色の野原にうずくまっています。
うっすらとした道が曲がりながら、遠くの森に続いています。
春のおとずれを聴いている鳩ということですが、何かを見つめる眼が印象的です。

髙山辰雄 「中秋」 1986年
金地に墨の点描で風景を、銀で満月を描いています。
月の光の中のしみじみとした風景です。
髙山辰雄の風景画に特徴の、手前から画面奥に向かう道がここでも見られます。

髙山辰雄 「聖家族 III」 1993年 三番町小川美術館蔵
ポスターなどに使われている作品で、ほとんど墨の色だけで描かれています。
海か広野のような景色を前にして向き合う二人の姿に深い精神性を感じます。

髙山辰雄は、「筆を動かしていると自分の脳か心臓を筆先で触っているように
感じる。画面を筆で触りながら、自分の心の中にフッと触るかもしれないと思う。
自分が何者かを捜しているのかもしれない。」と述べています。


奥田元宋の作品は7点と下図、スケッチが展示されています。

奥田元宋 「奥入瀬(秋)」(部分) 1983年
高山002

縦約2m、横約5mの大作で、奥入瀬渓流の紅葉を描いています。
年を取ると大きな作品を描けなくなるので、80歳までは日展とは別に
年に1作描くことにしたそうで、これは71歳のときの作品です。
奥田元宋は赤色をあふれるように使ったことで有名で、「元宋の赤」と
呼ばれています。
その赤は深く、荘厳さがあります。

奥田元宋 「湖畔春耀」 1986年
五月の十和田湖畔の山桜です。
錦のような重厚な色面の中に、一本の薄紅が浮かんでいます。


以下は文展、日展系の画家の作品です。

小林古径 「闘草」 1907年
高山003

初期の作品で、第1回の文展出品作です。
五月五日の頃に草を持ち寄って、その優劣を競った、「草合わせ」という
四天王寺蔵の平安時代の扇面古写経にも描かれている遊びです。
手前の子は汗衫(かざみ)を着ています。
小林古径によれば、肌の色の表現に苦労したそうです。

池田輝方 「夕立」 六曲一双 右隻 1916年
和004

第10回文展で特賞を得た作品です。
江戸の風俗を描いた屏風絵で、絵馬を掲げた額堂には空を見上げる
若い色白のやさ男、色黒で髭の剃り跡も青い男、濡れた袖を絞る女、
立ち話をする女たちが集まっています。
池田輝方(1883-1921)は京橋の生まれで、水野年方に師事し、
美人画、風俗画を得意としています。

「山雨一過」 1943(昭和18)年 絹本・彩色
原風景005

第6回の新文展出品作です。
雨上がりの山道の情景です。
谷から吹き上がる風に木々も草も馬子の蓑も揺れ、雲も千切れて飛んで行きます。

橋本明治 「月庭」 1959年
第2回の新日展出品作です。
二人の舞妓が月の光の中で腰掛けています。
橋本明治の特徴である、太い線描の重量感のある作品で、青みがかった色彩と
黒の描線により、ステンドグラスのような印象を受けます。

野島青茲 「麗衣」 1962年
第5回の新日展出品作です。
インドの衣装を着けたインド大使夫人の肖像です。
大きな画面に三角形に裾の広がる安定した構図で、気品のある姿を重厚な
線描で描いています。
襟の模様には金を挿して、華やかな画面に仕上げています。

東山魁夷 「年暮る」 1968年
山種001

親交の深かった川端康成に、京都の風景の残っている今のうちに描くように
奨められ、取り組んだ作品の一つです。
河原町にあるホテルの屋上からの景色とのことで、昔ながらの町家の屋根にも、
遠くのお寺にも雪が積もっています。
手前の家の窓に一つ、明かりが点いていて、いかにも京都の暮れの情景です。

京都の四季を描いた、「春静」「緑潤う」「秋彩」とともに揃って展示されています。


山口華楊 「生」 1974年
ど005

第5回の改組日展出品作です。
戦前の夏の日に但馬の農家で子牛を見て、その命に感動した記憶を元に
20年以上後に描いた作品です。
脚もまだ頼りなげですが、柔らかな光に包まれ、優しい目でこちらを見ています。
板壁にも時を経た風合いがあります。

他に、上村松園の「蛍」、松岡映丘の「山科の宿」、杉山寧の「響」、
加藤栄三の「流離の灯」なども展示されています。

山種美術館のHPです。

山種美術館の次の展覧会は特別展、「琳派から日本画へ―和歌の心・絵の心―」です。
会期は2013年2月9日(土)から3月31日(日)までです。




【2012/12/03 00:15】 美術館・博物館 | トラックバック(2) | コメント(0) |
「ラトリエ・デュ・パン」 六本木
六本木
chariot

「ラトリエ・デュ・パン」は六本木の麻布警察署の裏にあるベーカリーです。
場所は港区六本木6-1-12です。
ラト1_0017


10月にオープンしたばかりのお店です。
平日朝11時までは1階の「ぶどう酒食堂さくら」の中のイートイン、
午後1時30分から5時30分までは2階の「ル・プティ・マルシェ」の
中のイートインが使えます。
つまりこの2つのお店とコラボしている訳です。
土日祝はイートインはありません。

1階のイートインは細長く、20席とカウンター10席ほど、全席禁煙です。

ラト0008


カウンターの向こうに可愛い色のピザ焼き窯があります。

ラト1_0007

ラト1-0004

ラト1_0014

ラト1_0015


こちらのパンもお店の中の大きな石窯で焼いています。
チョコオレンジのベーグル231円です。

ラト0002

ずっしり重く充実していて、しっかりと噛み応えがあり、ほの甘く、
オレンジピールが効いていて美味しいです。

オープン記念として、11月末まで、平日の朝11時まではコーヒー無料です。
やや酸味系のおだやかな味です。

ベーグルに迫力があったので、今度はほかのパンにも挑戦してみたいです。

お店のHPです。


【2012/12/02 00:12】 お店 | トラックバック(1) | コメント(0) |
「絵画をめぐる7つの迷宮」展 損保ジャパン東郷青児美術館
新宿
chariot

新宿の損保ジャパン東郷青児美術館では所蔵作品展、「絵画をめぐる7つの迷宮」が
開かれています。
会期は12月24日(月・祝)までです。

迷001


所蔵作品を7つのテーマに分け、それぞれの画家の探求を迷宮に見立てています。


1.妖精の迷宮

東郷青児の作品がまとめて展示されています。
同館は東郷青児の作品を約200点所蔵しています。

初期のキュビズムからシュルレアリスムを経て、妖精のような叙情的な
作風に至る過程を観ることが出来ます。
晩年には北アフリカの砂漠でしばらくテント生活をしており、
それまでとは違う荒々しい筆触の作品も描いています。
戦後、二科展を再興させて率いた指導者としての前衛的な立場と、
画家として一貫した画風を維持することの矛盾に悩んだようです。

東郷青児 「バイオレット」 1952年
迷008

東郷青児は筆触を見せないフラットな色面が特徴ですが、よく観ると
髪の毛のウエ-ブがしっかり描きこまれています。

東郷青児 「望郷」 1959年
迷002

シュルレアリスムの気分をかすかに残した夢幻的な作品です。


2.人物の迷宮

ピカソ、有島生馬、岸田劉生、藤田嗣治、相笠昌義らの人物画です。


3.風景の迷宮

有島生馬、井上覚造、新道繁らの作品です。

中川紀元 「風景」1963年
迷007

故郷の信州でしょうか、冬枯れの都市の遠望です。
勢いのある筆遣いで描いた風景の中に白いビルを浮かび上がらせています。

4.色と形の迷宮

抽象画の展示です。

堂本尚郎 「臨海:水」 1988年
迷006

下図に使っているマス目と円形の線が全面に残っていて、作品の一部に
なっています。
とても構成的な作品です。

5.描写の迷宮

野田弘志、三尾公三、森秀雄の作品です。

野田弘志 「TOKIJIKU(非時)III」 1991年
迷004

細密な写実で、動物の頭骨、分銅、ガラス瓶、ガラス玉などを描いています。
背景を広く取って、対象への求心力を高めています。
TOKIJIKUは、橘の実を表す、「ときじくのかくのこのみ(非時香菓)」から
来ているのでしょう。

6.絵画の迷宮

東郷青児、後藤よ志子、櫃田伸也、小杉小二郎の作品の展示です。

櫃田伸也 「不確かな風景」 1987年(2007年加筆)
ひ006

櫃田さんは具象を解体した作品を描いています。
同館では2011年に「櫃田伸也展―通り過ぎた風景」が開かれていました。

「櫃田伸也展―通り過ぎた風景」の記事です。


7.画家の迷宮

同館のコレクションの中心、セザンヌの「りんごとナプキン」、ゴッホの
「ひまわり」、ゴーギャンの「アリスカンの並木路、アルル」などの展示です。

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「帽子の娘」 1910年
迷005

ルノワール好みの腕もたくましい豊満な女性像です。
色彩もまとまって落着いています。


∞.もうひとつの迷宮

グランマ・モーゼス、本名アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス
(1860-1961)の作品の展示です。

グランマ・モーゼス(モーゼスおばあちゃん)はニューヨーク州の農家の
生まれで、75歳になってから初めて故郷の風景や人びとをテーマにして
絵を描き始めます。
80歳で開いた個展をきっかけに人気が高まり、超有名画家となります。

同館ではグランマ・モーゼスの作品も多く所蔵していて、よく会場の最後に
何点か展示されています。

グランマ・モーゼス 「ワゥ!(止まれ!)」 1958年
迷009

迷010

雪景色の中で、止まらないソリ、止まらない馬を帽子を飛ばした人が
追いかけています。
風に揺れる木々、ソリ遊びをする子供たち、遠くの入江も描かれています。

いろいろの画家たちの試行錯誤や挑戦、探求が迷宮での探索だとすれば、
グランマ・モーゼスには一本道を迷わずに行った人のすがすがしさがあります。

展覧会のHPです。


【2012/12/01 00:05】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「メゾンカイザーカフェ 丸の内店」
大手町
chariot


「メゾンカイザーカフェ 丸の内店」でお茶にしました。
場所は千代田区丸の内1-4-1です。

メ0019


3月にオープンした丸の内永楽ビルディングの中の商業施設「iiyo!!」の
お店の1つです。

以前、「メゾンカイザーカフェ 丸の内店」に行った時の記事はこちらです。

近くの東京駅丸の内駅舎が復元開業したこともあって、
休日の夕方は満員に近い賑わいでした。

メ0014


壁にはパンやベーカリーの写真と絵が飾ってあります。

メ0016


タルトセット850円です。
コーヒーにプチカステラも付いています。

メ0012

ベリーがたっぷり載っていて、しっかりした酸味と甘味で
歩き回った後の疲れも取れます。


【2012/11/30 00:02】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「館蔵仏像名品選」 東京国立博物館
上野
chariot

東京国立博物館の本館11室では総合文化展 (平常展)として東京国立博物館
140周年特集陳列、「館蔵仏像名品選」が行われています。
会期は12月2日(日)までです。

館蔵の仏像のうちの名品13件(19躯)による展示で、撮影可能です。

重要文化財 「菩薩立像」 鎌倉時代・13世紀
仏0167


仏0111

衣に切金が入り、瓔珞で飾った、とてもあでやかな仏像です。
目には水晶の玉眼が入っていますが、唇に水晶の板を当てる玉唇という
珍しい技法も使われているそうです。

重要文化財 「日光菩薩坐像」 奈良時代・8世紀
仏0097

仏0099

乾漆像で、元は京都の高山寺にあり、現在は京都国立博物館にある薬師如来、
東京藝術大学にある月光菩薩と組になっていたそうです。
月光菩薩も同じく半跏像ですが、お腹の部分が失われています。
豊満な顔、切れ長な目に唐時代の仏像の影響が見られるとのことです。

重要文化財 「毘沙門天立像」 平安時代・応保2年(1162)頃
仏0162

奈良市にあって今は廃絶した旧中川寺十輪院持仏堂所在の像で、日本画家の
川端龍子より寄贈されています。
平安後期の代表作で、当時としては新しい技法の玉眼が使われているそうです。

「文殊菩薩立像」 鎌倉時代・13世紀
仏0102

仏0137

像高43.3cmの小像で、奈良を中心に活動した善円の初期の作とされています。
髪を幾つも結い上げた、きりりとしたお顔立ちです。

重要文化財 「阿弥陀如来および両脇侍立像」 鎌倉時代・建長6年(1254)
仏0160

銘文には、善光寺如来の形である一光三尊(一つの光背に三尊が収まる)の像で、
下野国那須の僧、西忍によって勧進されたとあります。
両脇侍の印は左手の上に右手を乗せる珍しい形ですが、
元は宝珠を持っていたのが
簡略化されたようです。

重要文化財 「不動明王立像」 平安時代・11世紀
仏0126

右肩を上げ、目を怒らし、火炎光背を背にしていますが、
何となく大らかな作風です。

「薬師如来坐像」 奈良時代・8世紀
仏0139

仏0142

木芯乾漆像で、上半身はクスノキ、脚部はヒノキで作って接合した後、
漆におがくずを混ぜた木屎(こくそ)漆を盛り上げてあります。
奈良時代の端正なお顔立ちをしておられます。

重要文化財 「十二神将立像」 鎌倉時代・13世紀
仏0130

仏0131

手前:戌神 奥:辰神
仏0134

巳神
仏0135

京都の浄瑠璃寺にあったと伝えられる像です。
運慶の系統の作とされ、光に浮かぶ姿にはとても躍動感があります。

「阿弥陀如来立像」 鎌倉時代・13世紀
仏0157

京都の泉涌寺に伝わった像です。
表面に蒔絵を施してあるという珍しい像で、光沢に厚みがあります。

重要文化財 「大日如来坐像」  平安時代・11世紀
金剛界大日如来で、おだやかな平安後期の作風を表しています。

「地蔵菩薩立像」 鎌倉時代・13世紀
仏0154

和服のように襟を合わせる内衣(ないえ)を着た姿は、現実の姿をした
生身(しょうじん)地蔵を表しています。
春日信仰と結び付いて奈良で流行した形で、奈良で活動した善円の系統の
作とされています。

「千手観音菩薩坐像」 南北朝時代・14世紀
仏0146

仏0149

千手の持ち物は無くなっていますが、光背や台座を含め、当初の物が
ほとんど残っています。
光背の彫りがとても繊細です。
お顔がやや角張っていて、中国風を取り入れた院派の仏師の作とされています。

重要文化財 「愛染明王坐像」 鎌倉時代・13-14世紀
仏0113

仏0116

仏0117

奈良にあって今は廃絶した内山永久寺に伝来した像です。
密教の明王像の一つで、神秘的な雰囲気を持っています。
厨子からガラスの装飾品まで当初の品が残っており、赤々と燃え立つような
彩色も鮮やかです。

仏0119

厨子の内扉には八菩薩と二明王が描かれ、本像と合わせて愛染曼荼羅を
構成しています。
後壁には閻魔天を中心にした閻魔天曼荼羅が描かれ、天蓋には銅板の梵字を
貼って仏眼曼荼羅を表しています。


どれも名品揃いで、とても充実した見応えのある展示です。

展覧会のHPです。

展示されている仏像のうち12組を対象にして、ネットによる
「トーハク仏像選手権」も開かれています。
現在のところ、「日光菩薩坐像」と「愛染明王坐像」がトップを
争っています。

「トーハク仏像選手権」のページです。


国宝室の展示はこの季節に合わせ、狩野秀頼の「観楓図屏風」(16世紀)です。

仏0171

仏0176

仏0174


本館前のユリノキも黄葉の盛りです。

仏0087





【2012/11/29 00:07】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Google




ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>



宿・ホテル予約ならじゃらんnet

宿・ホテル予約ならじゃらんnet 

じゃらん・ユーザが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング 

じゃらん・2月の連休に泊まれる宿