前のページ 次のページ
「フードコート L'UENO(ルエノ)」 UENO3153
上野
chariot

上野駅前の西郷会館が9月15日に「UENO3153(さいごうさん)」として
リニューアルオープンしました。
西郷さんの銅像の下の、「聚楽台」の入っていたビルで、
場所は台東区上野公園1-57です。

西0092


1階は複合店の「フードコート L'UENO(ルエノ)」で、「ロッテリア」を中心に
「銀座コージーコーナー」、イタリアンの「ピアトリア」、ベーカリーの
「フォルサム」が入っています。

セルフ式で160席あり、完全分煙、好きなお店で注文する仕組みです。
朝7時から開いていますが、休日のお昼はかなり混んでいます。

西0076


「フォルサム」のルエノあんぱん180円とコーヒー230円です。

西0068


グローブの形をしたクリームパンもあります。

西0079


「銀座コージーコーナー」にはルエノ限定のパンダのワッフルもあります。

西0089

西0088


「UENO3153」の屋上です。

西0099


西郷さんの銅像のある広場とつながっています。

西0097


こちらは山本丘人が1928年に描いた「公園の初夏」という作品で、
今の「3153」の場所あたりです。
戦前には一帯に建物はありませんでした。

山6-8-2010_003


【2012/10/29 00:10】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「気ままにアートめぐり-印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術」展 ブリヂストン美術館
京橋・東京
chariot

京橋のブリヂストン美術館ではコレクション展、「気ままにアートめぐり
-印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術」が開かれています。
会期は12月24日までです。

ブリ001


ブリヂストン美術館の所蔵する印象派から20世紀の抽象画まで、および日本の
近代美術の作品を中心に彫刻や古代美術を含め約170点の展示です。

第1章 印象派の誕生

ピエール=オーギュス・ルノワール 
「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」 1876年

東2-4-2010_003

ブリヂストン美術館といえば先ず思い出す作品です。
ルノワールはこの子の家族を描いた「シャルパンティエ夫人と子供たち」で、
肖像画家としての評判を得たそうです。

ここのミュージアム・カフェの「ティールーム ジョルジェット」の名前は、
この作品から採っています。
「ティールーム ジョルジェット」の記事です。

ギュスターヴ・カイユボット 「ピアノを弾く若い男」 1876年
ブリ003

ブリヂストン美術館が最近購入した作品です。
ピアノを弾いている弟を描いた絵で、パリの裕福な家庭の一こまをみせています。
グランドピアノの奥行き、窓の位置など、いろいろ考えてあります。
床の絨緞、壁紙、カーテンの模様も細かく描かれて華やかです。

アルフレッド・シスレー 「サン=マメス六月の朝」 1884年
ブリ002

印象派らしい、明るい外光の中の作品です。
日影の部分を描くことにも興味を持っています。

クロード・モネ 「睡蓮」 1903年
東2-4-2010_001

上から木の枝が覗いている、浮世絵風の図柄です。

第2章 印象派を乗り越えて

ポール・セザンヌ 「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」
 1904-06年頃

b004.jpg

セザンヌの風景画といえば、サント=ヴィクトワール山で、故郷のプロヴァンス
地方を代表する山です。
シャトー・ノワールとは黒い城という意味で、サント=ヴィクトワール山と
シャトー・ノワールを共に描いた作品は少ないそうです。

モーリス・ドニ 「バッカス祭」 1920年
ブリ008

ナビ派の一人だったドニの作品です。
ドニ特有の藤色がかった色彩による祝祭的な情景です。

第3章 20世紀美術の広がり I-フォーヴィズムの画家たち

モーリス・ド・ヴラマンク 「運河船」 1906年
セ010

ヴラマンクのフォーヴィスム時代の作品で、いかにもフォーヴィズムと
いった強烈な色彩が目を惹きます。

ジョルジュ・ルオー 「郊外のキリスト」 1920-24年
ルオー005

生まれ育った貧しい街でルオーの見た、母親が子供を連れ、食を乞うため
一軒一軒回っている状景を元にした作品です。

1929年に日本に紹介され、日本でのルオーの理解と普及に貢献した作品
とのことです。
月の光と人影の向きを違えてあるのに、今回気が付きました。

アルベール・マルケ 「道行く人、ラ・フレット」 1946年
セ011

マルケの亡くなる前の年の作品です。
マルケはフォーヴィスムの一員とされますが、色彩は淡く、穏やかです。


第4章 日本の近代洋画

藤島武二 「黒扇」 1908-09年
b008.jpg

亡くなる前年の藤島武二が親交の深かった石橋正二郎に託した作品の中の
1点とのことです。
作品が譲られたいきさつについては、ブリヂストン美術館のHPにある
石橋正二郎の挨拶文で触れられています。
古典的な描き方の作品ですが、筆遣いに勢いがあり、ショールは白く輝き、
青い眼も印象的です。

青木繁 「天平時代」 油彩、カンヴァス 1904年 
青木007

古代の幻想の世界ですが、人物はうねるように描かれ、赤と緑の対比が
目を惹きます。
同じ久留米出身の石橋正二郎は青木繁の作品を数多く収集しています。

岡鹿之助 「セーヌ河畔」 1927年
ブリ005

こちらもブリヂストン美術館が最近購入した作品です。
岡鹿之助が点描による自分の様式を確立した頃の作品です。
ルソーのような雰囲気があり、クレーンの形もユーモラスです。

岡鹿之助 「雪の発電所」 1956年
b013.jpg

岡鹿之助の代表作で、雪景色の中の発電所をくっきりと描いています。
岡鹿之助としては珍しい、実景を元にした作品です。

第5章 エコール・ド・パリの時代

アンリ・ルソー 「イヴリー河岸」 1907年頃
セ009

おもちゃのような家と人形のような人たちは現実感から離れていて、
飛行船には浮遊感が漂います。
そこに何か不思議な懐かしさを感じます。

藤田嗣治 「猫のいる静物」 1939-40年
ブリ007

私が初めて藤田嗣治を知った作品です。
スペインのファン・サンチェス・コタン(1560-1627)の静物画の構図に
倣っていますが、飛び立つ鳥と藤田得意の猫が画面に動きを添えています。
きわめて細く均一な線描を観ると、藤田の技量の高さがよく分かります。

第6章 20世紀美術の広がり II-キュビズム・シュルレアリスム

パブロ・ピカソ 「腕を組んですわるサルタンバンク」 1923年
b002.jpg

よく画風の変わるピカソの、第一次世界大戦中に訪れたイタリアで観た
古典文化にインスピレーションを受け、それ以前のキュビズムから
新古典主義に移った時代の作品です。
古代彫刻のような顔立ちで端然と腰かけていて、色彩も明快です。

古賀春江 「涯しなき逃避」 1930年
24.jpg

シュルレアリスムの絵で、マックス・エルンストにも同じような
人体をコラージュしたような作品があります。

第7章 戦後の抽象芸術

パウル・クレー 「島」 1932年
b010.jpg

パウル・クレーは音楽も得意で、音楽を絵の中に取り入れる工夫をしていたとの
ことです。
細かい粒の連続、変化する色彩、流れる描線に音楽を感じることも出来そうです。


ジャクソン・ポロック 「ナンバー2, 1951」 1951年
b011.jpg

ジャクソン・ポロックは月を描くことが多く、この作品も月をモチーフにしています。
明るい月夜に月に向かって悪態をつくことが多かったそうです。


ブリヂストン美術館のコレクション展は近代洋画の歴史を一度にたどる
ことが出来て、観るたびに新しい発見もある展覧会です。

展覧会のHPです。


【2012/10/28 00:13】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ライオンのいるサーカス」 恵比寿
恵比寿
chariot

カフェ「ライオンのいるサーカス」は恵比寿駅の西側、松坂屋ストアの横にあります。
場所は渋谷区恵比寿南2-3-1です。

3階にあるお店まで階段を上がります。
恵比寿のカフェは階段を上らないとたどり着けないお店が多いようです。

ラ0011

ラ0014


2010年にオープンしたリノベーションカフェで、店内はほの暗く、
棚には本が並び、シャンデリアやモロッコランプが下がっています。
BGMは軽いポップスでした。

ラ0016

ラ0018

3階にあって本当に隠れ家のようなお店ですが、開店時間の直後から
何人もお客さんが入ってきました。

こちらの名物、ランチのつけナポリタンセット1280円です。

ラ0022

ラーメンの麺をトマト味のスープにつけて食べるという多国籍麺です。
半熟卵も入っていて、つるりとした食感で酸味がありなかなか美味しいです。

コーヒーとプチケーキのデザートが付きます。

ラ0029

カップはBONOXです。
コーヒーはすっきりとした苦味系の味です。

恵比寿にはいろいろなカフェがありますが、こちらも個性的な面白いお店です。

お店のHPです。


【2012/10/27 00:14】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「出雲―聖地の至宝―」展 東京国立博物館
上野
chariot

東京国立博物館の本館では古事記1300年・出雲大社大遷宮特別展
「出雲―聖地の至宝―」が開かれています。
会期は11月25日(月)までです。

出001


今年は出雲神話も書かれている古事記が編纂されて1300年にあたり、
来年は出雲大社の60年ぶりの大遷宮が行われます。
これを記念して、出雲にまつわる銅剣、銅鐸などの出土品や史料の展示です。

1章 出雲大社の歴史と宝物

古事記によれば大国主が国譲りの条件として、太い柱で千木(ちぎ)が空高くまで
届く立派な宮殿を建ててくれるよう求めたので、出雲大社が建てられたそうです。

出雲大社の本殿は平安・鎌倉時代は東大寺大仏殿より高く、高さ16丈(約48m)
あったと言われています。
しかしこれはあまりに高く、事実とは違うと思われてきましたが、1999年から
2002年にかけての境内の発掘で、束ねられた3本の太い杉柱の根元が発掘された
ことで、実在していた可能性が高くなりました。
これは出雲大社の宮司の千家(せんげ)家に伝わる、「金輪御造営差図」とも
一致しています。

宇豆柱(うづばしら) 出雲大社境内遺跡出土 
 鎌倉時代・宝治2年(1248) 重要文化財

3本束ねると直径3mになるという柱は実際に見ると大変大きく、その存在感は
圧倒的で、古神道の磐座(いわくら)を思わせます。

出雲大社本殿復元模型 出雲市
出002
 
模型でもその高さと階段の長さを充分実感出来ます。
巨木を立てるという、三内丸山遺跡のような縄文文化との関係を想像させます。

2章 島根の至宝

荒神谷遺跡出土の銅剣 弥生時代・前2~1世紀 国宝
1984年に、並んで埋納された銅剣が一度に358本出土しています。
この数はそれまでに全国で出土した銅剣の数より多く、大きなニュースになりました。
展覧会ではそのうち、42本が展示されています。
多くの銅剣の根元に×印が刻んであり、印の意味も埋納の理由も不明です。

加茂岩倉遺跡出土の銅鐸 弥生時代・前2~1世紀 国宝
1996~97年に、埋納された銅鐸が一度に39個出土しています。
展覧会ではそのうち、16個が展示されています。
こちらの銅鐸にも×印の刻まれた物があり、荒神谷遺跡の銅剣との関連を
示しています。

兵庫鎖太刀 鎌倉時代・13~14世紀 須佐神社 重要文化財
出雲の戦国大名、尼子晴久(1514-61)の奉納です。
須佐神社は須佐之男命を主祭神としています。

色々糸威胴丸 室町時代・16世紀 佐太神社 重要文化財
出003

尼子晴久の祖父、尼子経久(1458-1541)の奉納で、大袖付きの豪華な銅丸鎧です。
佐太神社は出雲国の二の宮です。


貴重な出雲の文化財を観ることの出来る興味深い展覧会です。

展覧会のHPです。


大林組によるコンピュータを使った古代の出雲大社の復元プロジェクトの記録です。




【2012/10/26 00:07】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ゴントラン シェリエ 東京」 渋谷
渋谷
chariot

「ゴントラン シェリエ 東京」は渋谷の宮益坂下交差点の角にある
ベーカリーカフェです。
場所は渋谷区渋谷1-14-11です。

ゴ0170


今年の8月にオープンしたばかりのお店で、1階は売店とイートイン、
2階はカフェテリアになっています。
30席ほどの店内は明るく簡素な作りになっていて、全席禁煙、
朝7時30分から開いています。
BGMはフランス語のボサノバでした。

ゴ0146

ゴ0153

ゴ0161


焼き立てのパンがどんどん運ばれてきます。

ゴ0165


スイーツもあります。

ゴ0167


パンオショコラ230円とコーヒーS280円です。
コーヒーはパンと一緒に注文するとこれから30円引きになります。

ゴ0149

パンオショコラは外はパリッと、中はしっとりしていて、バターの風味が効いて、
とても美味しいです。
コーヒーは苦味系の味です。

フランスでしょうか、欧州系の女性も2人、クロワッサンを食べていました。

こんなお店でパンの朝食というのも良いものです。

Bunkamuraの花屋さんもハロウィンで盛り上がっていました。

ゴ0174


お店のHPです。


【2012/10/25 00:14】 お店 | トラックバック(1) | コメント(0) |
プロフィール

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Google




ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>



宿・ホテル予約ならじゃらんnet

宿・ホテル予約ならじゃらんnet 

じゃらん・ユーザが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング 

じゃらん・2月の連休に泊まれる宿