前のページ 次のページ
「吉池食堂」 御徒町と湯島天神菊まつり
御徒町・湯島
chariot

「吉池食堂」はリニューアルオープンした、御徒町の吉池ビルの9階にあります。
場所は台東区上野3-27-12で、JR御徒町駅のすぐ側です。

エスカレーターを上がると、目の前に大きな暖簾がかかっています。

よIMG_0316 - コピー


お店の外の壁には日本酒がずらりと並んでいます。

よIMG_0318 - コピー


フロアいっぱいを使い、レストラン「放心亭」、「寿司処しゅん」、和食「池田屋」が一緒になって
料理を提供するスペースで、どのお店に居ても他のお店の料理を注文できます。
窓の近くの席だと、上野の景色が見渡せます。

よIMG_0315 - コピー


ランチの天ざるミニ丼セット1200円です。

よIMG_0323 - コピー

ミニ丼は鉄火丼、にぎりなどを選べるので、ちらしにしました。
味はそこそこですが、量はしっかりあって楽しめます。

休日の昼時はしばらく順番待ちになる、とても活気のあるお店です。


吉池ビルには他にも何軒かレストランが入っています。

その中の「Cochon d'or 香味屋 (コション・ドール カミヤ)」の記事です。


近くの湯島天神では菊まつりが11月23日まで開かれていました。

大河ドラマの高松城水攻めの場面で、左が黒田官兵衛、右が羽柴秀吉です。
きIMG_0210 - コピー

懸崖づくりの菊です。
きIMG_0209 - コピー

きIMG_0207 - コピー

きIMG_0205 - コピー

渡り廊下にも並んでいます。
きIMG_0206 - コピー

きIMG_0202 - コピー

いろいろな会社やお店が出しています。
きIMG_0203 - コピー

東天紅
きIMG_0204 - コピー

きIMG_0199 - コピー

盆栽もあります。
きIMG_0214 - コピー


【2014/11/23 20:18】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『三瀬夏之介 「画家の方舟」』展 日本橋髙島屋
日本橋
chariot

日本橋髙島屋美術画廊Xでは12月1日(火)まで、『三瀬夏之介 「画家の方舟」』展が
開かれています。

三瀬001


三瀬夏之介さん(1973~)は奈良県出身で、現在は山形県在住です。

「起源の起源」(部分)
パンフレットに使われている作品で、横272㎝の大きな画面に雲のような物が湧き、
よく観ると墨で奈良の大仏が描き込まれ、他にも円盤のような物が描かれています。

「ぼくの神さま」(部分)
三瀬002

人の顔、布袋さま、印刷文字、空飛ぶ円盤のようなものなどで埋められた、
コラージュ風の作品です。

「画家の方舟」という題の作品は台車に載っていて、裏側には絵画、絵具、
文庫本、イコンなど、いろいろ雑多な品が置いてあります。

(パンフレットより)
三瀬004


パンフレットには三瀬さんの言葉が載っています。

 「画家の方舟」

 いつまでも逃げられる準備をはじめたのはいつの日からか。
 絵に、アトリエに、車輪がついていたっていいじゃない。
 大事な絵たちと描く道具、大好きな書籍に小物たち。
 そうだ、植物たちも連れて行こう。

 逃げて逃げて、描いて描いて。
 逃げて逃げて、描いて描いて。
                             三瀬夏之介

方舟というと、やはり東日本大震災を思い出します。


2012年に同じ日本橋髙島屋の美術画廊で開かれた、「三瀬夏之介展」の記事です。


【2014/11/22 19:29】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「東山御物の美―足利将軍家の至宝―」三井記念美術館に「桃鳩図」と「猫図」展示
三越前
chariot

日本橋の三井記念美術館で11月24日(月・振替休)まで開かれている特別展、
「東山御物の美―足利将軍家の至宝―」に北宋の第8代皇帝徽宗 (きそう)の
描いたとされる「桃鳩図」と「猫図」が特別に展示されています。

東山001


特に「猫図」は急に展示の決まったもので、22・23・24日のみの展示です。
尻尾と額だけが黒い白猫が丸くなって、何かを見つけたように目を見開いている
瞬間を描き取っています。
落款はありませんが、徽宗筆と伝えられています。

「桃鳩図」は国宝で、青鳩が花の咲いた桃の枝に止まっています。
首から胸にかけての青緑色が特に鮮やかです。
徽宗独特の書体である痩金体で、大観丁亥御筆と書かれており、左下には
足利義満の所蔵印の「天山」印が捺されています。

今日、私が行った時は開館時間の10時には1階のホールに順番待ちの行列が
出来ていました。

「東山御物の美―足利将軍家の至宝―」展の記事です。

展覧会のHPです。


【2014/11/22 19:23】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「スターバックス・コーヒー 東京ミッドタウン コンプレックス スタジオ店」 2014/11
六本木
chariot

東京ミッドタウンウエストの1階の「スターバックス・コーヒー 東京ミッドタウン
コンプレックス スタジオ店」に行ってきました。
場所は港区赤坂9-7-3です。

スIMG_0383 - コピー

スIMG_0380 - コピー


先日書いた、「スターバックスコーヒー 有楽町ビル1階店」と同じく、
こちらもリザーブコーヒーのあるお店で、ブラックエプロンのバリスタが
注文の都度挽いて、クローバーという抽出器で淹れます。
一気に抽出されるので、コーヒーの味がしっかり出てきます。

スMG_0373 - コピー


コロンビアエルペニョル529円とオレンジクランベリースコーン248円です。

スIMG_0376 - コピー

コロンビアエルペニョルは軽い酸味系で、飲みやすい味です。

ス001


こちらのお店は場所柄、休日にはいつも満席状態ですが、この日は平日だったので
比較的あいていて、スーツ姿のお客さんも何人かいました。
大テーブルではPCを使っているお客さんたちが居て、6台のうち5台はリンゴのマークでした。
スターバックスとアップルは相性が良いのでしょうか。

以前、「東京ミッドタウン コンプレックス スタジオ店」に行ったときの記事です。


【2014/11/21 20:17】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
東京国立博物館本館の総合文化展(平常展) 2014/10
上野
chariot

東京国立博物館本館の総合文化展(平常展)に行ってきました。
一部を除き、11月24日(日)までの展示です。

「ハート形土偶」 群馬県東吾妻町郷原出土 
 縄文時代(後期)・前2000~前1000年 重要文化財

こIMG_0222

独創的な形の土偶です。

「巻貝形土製品」 新潟県村上市上山出土 
 縄文時代(後期)・前2000-前1000年 重要文化財

こIMG_0225

貝をまねた土器は他に2.3個発見されているだけで、とても珍しいそうです。
土偶が抽象的であるのに比べ、こちらはとても写実的です。

「過去現在絵因果経断簡」 奈良時代・8世紀 個人蔵
こIMG_0233

過去現在絵因果経は松涛美術館で11月24日(月・祝)まで開かれている、
「御法に守られし醍醐寺展」にも展示されています。 

「寛平御時后宮歌合(十巻本)」 平安時代・11世紀 国宝
こIMG_0232

国宝室に展示されています。
46の歌合を10巻本にまとめた草稿のうちの第4巻、寛平御時后宮歌合
(かんぴょうのおんとききさいのみやうたあわせ)を書写したものと思われます。
寛平御時后宮歌合は寛平初年(889年)頃に、宇多天皇の母后班子女王の邸で
催された歌合です。

こIMG_0231

冒頭は紀友則の歌です。

 花の香を風のたよりにたぐへてぞ鶯さそふふしるべにはやる

「仙女図」 良祐 室町時代・16世紀
こIMG_0235

仙果である桃の枝を杖でかつぎ、巻物や瓢箪を持った不思議な姿をしています。

「秋草図屏風」 俵屋宗雪 江戸時代・17世紀
こIMG_0242

左隻
こIMG_0245

右隻
こIMG_0244

10月までの展示でした。
秋らしい題材の琳派の屏風で、洗練された絵柄です。

「色絵紅葉賀図茶碗」 野々村仁清 江戸時代・17世紀
こIMG_0254

源氏物語の紅葉賀の巻を表しています。

仁清の作品は出光美術館で12月21日(日)まで開かれている、
「仁清・乾山と京の工芸―風雅のうつわ」展にも展示されています。

「楓蒔絵文庫」 原羊遊斎 江戸時代・19世紀
こIMG_0256

原羊遊斎(1769-1845)は江戸時代後期の蒔絵師で、大名や文化人とも交流しています。


1階の彫刻室の展示です。

「大日如来坐像」 平安時代・12世紀
こIMG_0284

こIMG_0289

金剛界の大日如来で、優しいお顔立ちです。

「千手観音菩薩坐像」 南北朝時代・14世紀
「 四天王立像」 鎌倉時代・14世紀 文化庁蔵


こIMG_0293

こIMG_0295

千手観音は中国風を取入れているとのことで、やや重いお顔立ちです。


1階の上野精養軒の売店で一休みしました。

こIMG_0313 - コピー

こIMG_0310 - コピー


抹茶とバニラのアイスクリームです。

こIMG_0309 - コピー


【2014/11/20 19:24】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>