前のページ 次のページ
「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」 東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館
新宿
chariot

新宿の東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館では、「生誕120年 東郷青児展
抒情と美のひみつ」が開かれています。
会期は11月12日(日)までです。

東郷img046


二科会を率いて活躍した東郷青児(1897-1978)の作品、約60点を中心にした展示で、
いわゆる東郷スタイルを確立する以前の作品が多く展示されているのが特徴です。
所蔵先の記載の無い作品は東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館の所蔵です。

東郷青児は鹿児島市出身で、幼少時に東京に移っています。
小学校では林武と同級でしたが、二人の作風は対照的です。

「コントラバスを弾く」 1915年 
東郷006

山田耕筰の東京フィルハーモニーの練習場の隅をアトリエに使わせてもらっている
時の作品で、音楽を絵画化しています。
山田はドイツ留学のときに集めたカンディンスキーなどの版画を持ち帰っており、
それを見た東郷は触発されて、このような前衛的な絵を描いています。
描線に勢いがあり、色彩の扱いも巧みです。
これを描いたのは18歳前後ですから、はじめから上手くて、センスのある人
だったと言えます。

「パラソルさせる女」 1916年 一般財団法人陽山美術館
東郷img245

19歳で初めて二科展に出品し、ニ科賞を受賞した作品です。
キュビズム風で、色も形もリズムがあり、モダンです。
ニ科会は、官展である文展の洋画部門の審査方針に不満を持っていた画家たちが
1914年に設立した団体です。

「サルタンバンク」 1926年
東郷img247

1921年から1929年までフランスに留学しています。
パリで描いた作品で、色彩はまとまり、抒情性があります。
自信作で、嬉しくてピカソを連れてきて絵を見せ、藤田嗣治も見に来たそうです。
サルタンバンクとは大道芸人のことで、ピカソが「腕を組んですわるサルタンバンク」を
描いたのは1923年のことです。
この頃のピカソはキュビズムから新古典主義に移っていました。

「超現実派の散歩」 1929年
東郷008

1928年に帰国した翌年に二科展に出品した作品で、同館のロゴマークにもなっています。
シュルレアリスムによる不思議な絵で、左手に黒い手袋、右足に黒いブーツの裸の女性が
月を掴まえようとするかのように空中を浮遊しています。
この時期だけの珍しい作風で、以後はシュルレアリスムから離れ、いわゆる後の
東郷青児らしい作風に変わっていきます。
二科会には1931年に入会しています。

「山の幸」 1936年 シェラトン都ホテル大阪
東郷img238 (4)

京都にあった丸物百貨店の装飾壁画で、藤田嗣治との競作です。
柔らかな雰囲気で、後の東郷らしい作風が表れています。

「海の幸」 1936年
東郷img238 (3)

こちらは藤田嗣治の作品です。
東郷に比べ、人物の表現に力強さがあります。

「バイオレット」 1952年
迷008

ロマンチックな雰囲気で、筆跡を見せないフラットな色面の、いわゆる東郷スタイルが
完成された作品です。
よく観ると髪の毛のウエ-ブがしっかり描きこまれています。
この東郷スタイルはすでに戦前にかなり出来上がっています。

「裸婦」 1952年 INAXライブミュージアム
東郷img238 (5)

モザイクタイル絵です。
伊那製陶(現LIXIL)のタイルのためのデザインを提供していて、この図柄は熱海の
浴場を飾るためのものです。
東郷青児は壁画や商業デザインもいろいろ手掛けていて、現在も日本橋髙島屋の
エレーベーターの扉やあちこちの洋菓子店の包装紙などに使われています。

日本橋髙島屋のエレーベーターの扉です。
東郷IMG_0027

「若い日の思い出」 1968年
東郷img238 (6)

晩年の作品ですが、みずみずしさがあります。


初期の作品から見ていくと、徐々に後の東郷青児が形成されていく様子がよく分かります。

会場入口にはフォトスポットもあります。

東郷IMG_0631


展覧会のHPです。


次回の展覧会は「デンマーク・デザイン展」です。
会期は11月23日(木・祝)から12月27日(水)までです。

img244.jpg


【2017/10/03 19:52】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
喫茶店「伯爵 巣鴨店」
巣鴨
chariot

喫茶店「伯爵 巣鴨店」はJR巣鴨駅南口を出てすぐの白山通り沿いにあります。
場所は豊島区巣鴨1-12-3です。

はIMG_0549 - コピー


店内は100席ほどあって大きく、仕切りの無い分煙式、シャンデリア、ステンドグラス、
大きな鏡という典型的なゴージャス系のお店で、店員さんも黒と白のユニフォ-ムです。
BGMはムードピアノでした。

はIMG_0527 - コピー

はIMG_0535 - コピー


壁にはトーマス・マックナイトの絵が飾ってあります。

はIMG_0537 - コピー


電気スタンドも豪華です。

はIMG_0541 - コピー


男性率の高いお店で、割りと空いていて、ちょっとのんびりした雰囲気、
携帯で電話している人も2人いました。
年中無休のお店ですが、店員さんによれば、私の行った月曜日は
比較的お客さんが少ないそうです。


はIMG_0544 - コピー


午後2時まであるモーニングセット680円です。
サンドイッチセットにしました。

はIMG_0534 - コピー

はIMG_0529 - コピー


最近では少なくなったタイプの喫茶店で、これからも続いてほしいお店です。

現在、「伯爵」は他に池袋東口店と池袋北口店があります。

「伯爵 池袋東口店」の記事です。


【2017/10/01 18:26】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「天下を治めた絵師  狩野元信」展 サントリー美術館
六本木・乃木坂
chariot

六本木のサントリー美術館では六本木開館10周年記念展、「天下を治めた絵師 
狩野元信」展が開かれています。
会期は11月5日(日)までで、休館日は火曜日です。
会期中、細かい展示替えがありますので、展覧会のHPでご確認下さい。

狩野img141

狩野元信((1476-1559)は狩野家初代の正信の子で、絵の型(画体)を定め、
工房を構え、漢画ばかりでなく大和絵も取り入れて、狩野派の繁栄の基を築いています。

元信は手本となる中国絵画を基に、真・行・草の3つの画体を生み出しています。
書体の楷・行・草に似ていて、真はかっちりとして馬遠や夏珪に倣い、行は少しくずして
牧谿に、草はさらにくずして玉澗に倣っています。

「禅宗祖師図」 狩野元信 
 六幅のうちニ幅 室町時代 16世紀 東京国立博物館 重要文化財

元信img233 (3)

元信img233 (4)

このニ幅は10月2日までの展示です。
真の画体で描かれていて、右の場面は「香厳撃竹」です。
唐の僧の香厳智閑(きょうげんちかん)は、掃き掃除をしていて跳んだ瓦礫が
竹に当たった音を聞いた瞬間に悟りを得た、といわれています。

「四季花鳥図」 狩野元信 
 八幅のうち四幅 室町時代 16世紀 京都・大徳寺大仙院 重要文化財

元信img233 (1)

この四幅は10月18日からの展示です。
元信の代表作で、大きな画面は緻密に描き上げられ、色彩も華やかです。
障壁画の制作を得意とする狩野派の始まりを見せています。

元信は中国画風ばかりでなく、大和絵風の絵巻物や扇絵、仏画、肖像画なども手掛け、
守備範囲を広げています。

「酒伝童子絵巻」 画/狩野元信 詞書/近衛尚通、定法寺公助、青蓮院尊鎮 
 大永2年(1522) サントリー美術館

伽006

伽012

展示替があり、この場面のある巻三は10月18日からの展示です。
小田原の北条氏綱の注文により狩野元信と弟子が描いた絵巻で、源頼光と
家来たちが討っている場面では酒呑童子の首が源頼光に喰らい付いています。
戦国時代の好みを映して凄惨な光景ですが、他の場面では同じ日の出来事の中に、
季節の異なる紅白梅、藤、萩、菊が描かれ、目を楽しませてくれます。

「細川澄元像」 狩野元信画 景徐周麟賛 
 永正4年(1507)賛 永青文庫 重要文化財

元信img248

10月9日までの展示です。
細川澄元(1489-1520)は戦国時代の武将で、管領細川政元の養子となっていますが、
政元の死後、後継者争いの中で早くに亡くなっています。
馬上凛々しく長巻を手挟んだ勇ましい出で立ちです。

「富士曼荼羅図」 「元信」印 室町時代 16世紀 
 静岡・富士山本宮浅間大社 重要文化財

10月9日までの展示です。
三保の松原や浅間神社、富士山に登山する参詣人の列が細密に描かれた、
上質の曼荼羅です。

「白衣観音像」 狩野元信 室町時代 16世紀 ボストン美術館
海中の岩の上に正面を向いて座す観音像です。
明確な描線で描かれ、肌の色や白い衣の色彩も鮮やかな、力のこもった作品です。
明治時代にフェノロサが購入し、現在はボストン美術館が所蔵しています。


真・行・草、それぞれの画体の作品が並び、仏画、肖像画、風俗画もあって、
狩野元信がどのように狩野派の基礎を固めたのかが具体的に分かる、
興味深い展覧会です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は六本木開館10周年記念展、「フランス宮廷の磁器 セーブル、
創造の300年」展です。
会期は11月22日(水)から1月5日(日)までです。

img237.jpg


【2017/09/30 18:05】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「銀座洋食 三笠會館 池袋パルコ店」
池袋
chariot

「銀座洋食 三笠會館 池袋パルコ店」は池袋パルコの7階にあります。

みIMG_0860 - コピー


約80席の店内は全席禁煙、洋食屋さんらしい雰囲気です。

みIMG_0839 - コピー

みIMG_0858 - コピー

みIMG_0857 - コピー


若鶏と玉子ドリア1250円です。

みIMG_0848 - コピー


平日限定1日15食のランチ1200円は若鶏のソテーです。
サラダとパンが付きます。

みIMG_0853 - コピー

みIMG_0846 - コピー

ソテーは皮が香ばしくパリッとしています。

セットのコーヒー310円です。

みIMG_0855 - コピー


さすが三笠會館らしく、どれも美味しく、安心して利用できるお店です。


銀座の三笠會館本店の1階にある「Italian Bar LA VIOLA(ラ ヴィオラ)」に
行った時の記事
です。


【2017/09/29 20:02】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「運慶」展 東京国立博物館
上野
chariot

上野の東京国立博物館平成館では、興福寺中金堂再建記念特別展、「運慶」が
開かれています。
会期は11月26日(日)までです。

img193_2017092813000463b.jpg


平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した仏師、運慶(生年不詳―1223)を
特集した展覧会です。
運慶と縁の深い興福寺の中金堂の再建を記念しての開催で、31体とも言われる、
運慶の造った仏像のうち、22体が展示されています。

「大日如来坐像」 運慶作 平安時代・安元2年(1176) 奈良・円成寺 国宝
運慶img222 (9)

運慶img230 (1)

会場の最初に展示されています。
円成寺は奈良市にある真言宗の寺院です。
台座内墨書に父の康慶とともに運慶の名と花押があり、運慶の最初期の作と
考えられます。
張りのある体で、頬は膨らみ、凛としたお姿です。
目には玉眼(水晶などを嵌め込んだ目)が入り、金箔の剥がれた地の漆の色が
かえって荘厳さを増しています。
康慶や運慶は興福寺を拠点に活動した奈良仏師のグループに属しています。

「運慶願経(法華経巻第八)」 平安時代・寿永2年(1183) 国宝
治承4年(1180)に平重衡の南都焼討によって東大寺、興福寺の主要伽藍が
焼亡しています。
これを悲しんだ運慶が願主となって制作された法華経で、軸木に焼け落ちた
東大寺大仏殿の木を用い、墨を磨る水は比叡山、園城寺、清水寺から取り寄せています。
結縁者の中には快慶の名も見えます。

「毘沙門天立像」 運慶作 
 鎌倉時代・文治2年(1186) 静岡・願成就院 国宝

運慶img222 (1)

運慶img222 (2)

像内に納められた札から北条時政の発願で運慶が制作したことが分かります。
堂々とした姿ですが、顔には誇張が少なく、写実的です。
願成就院は真言宗の寺院で、北条氏の氏寺でした。
運慶の力強く写実的な作風は鎌倉武士たちに好まれていました。

「大日如来坐像」 鎌倉時代・12~13世紀 栃木・光得寺 重要文化財
運慶img222 (6)

光得寺は足利市にある臨済宗の寺院です。
運慶作の可能性の高い像で、足利氏2代の足利義兼の発願とされ、獅子の座に乗り、
造像時からの厨子に入っています。
像内には人の歯が入っており、これは願主の足利義兼の歯かもしれません。

「聖観音菩薩立像」 運慶・湛慶作 
 鎌倉時代・正治3年(1201)頃 愛知・瀧山寺 重要文化財

運慶img222 (7)

瀧山寺(たきさんじ)は岡崎市にある天台宗の寺院です。
鎌倉時代の僧・寛伝が母方の従兄弟の源頼朝追善供養のため、運慶・湛慶父子に造らせ、
像内に頼朝の鬢(耳ぎわの毛)と歯を納めたとされています。
左手に蓮華を持ち、右手でその花弁を開こうとしていて、像の口の辺りには人の歯が
入っているそうです。
彩色は後世に為されたものです。

「八大童子立像」 運慶作 6軀 
 鎌倉時代・建久8年(1197)頃 和歌山・金剛峯寺 国宝

運慶img222 (5)

八大童子は不動明王に仕える童子です。
8体のうち、運慶作の6体の展示です。
どの童子も玉眼が輝き、活き活きとした表情です。

制多迦童子
運慶img222 (3)

運慶img222 (4)

「無著菩薩立像」 運慶作 鎌倉時代・建暦2年(1212)頃 奈良・興福寺 国宝
運慶img230 (2)

運慶img230 (3)

世親菩薩立像とともに展示されています。
無著・世親は現パキスタンのペシャワール出身の大乗仏教の僧で、唯識思想を広めた
とされています。
2mほどの大きな像で、写実的な顔立ちは実際にその人がそこにたたずんでいるように
見えます。
頭は現代人に比べかなり前後に長い長頭型です。


運慶の子の湛慶、康弁など、運慶のグループ(慶派)の作品も展示されています。

「重源上人坐像」 奈良・東大寺 鎌倉時代 東大寺 国宝
東大寺005

10月7日からの展示です。
東大寺は平重衡の南都焼討で焼亡し、俊乗房重源(1121-1206)が責任者となって
再建されています。
60歳になって大事業に着手し、大仏と大仏殿の再建も成し遂げた重源の晩年の姿で、
口をへの字に結んだ、いかにも意思の強そうな顔をしています。
座って数珠を持つ姿勢は智拳印を結ぶ大日如来と似ていて、仏像制作と同じ要領で
造られていることが分かります。

「十二神将立像のうち 辰神・巳神・未神・申神・戌神」 
 京都・浄瑠璃寺伝来 鎌倉時代・13世紀 東京国立博物館 重要文化財

仏0130

仏0131

手前:戌神 奥:辰神
仏0134

巳神
仏0135

画像は2012年に同じ東京国立博物館で開かれた、「館蔵仏像名品選」の時のものです。
京都の浄瑠璃寺にあったと伝えられる像で、運慶の系統の作と思われます。
それぞれの像はその干支の動物を頭に戴いていて、巳神では蛇がとぐろを巻いています。
今回は、静嘉堂文庫の所蔵する子神・丑神・寅神・卯神・午神・酉神・亥神と合わせ、
12体すべてが揃って、展示されています。

「子犬」 鎌倉時代・13世紀 京都・高山寺 重要文化財
運慶img222 (8)

ころころとして愛らしい子犬です。
高山寺の明恵上人は動物を愛し、湛慶作とされるこの像も明恵が側に置いていたと
伝えられています。
湛慶(1173-1256)は運慶の長男で、慶派の中心の仏師となっていますが、
明恵と交流があったそうです。
仏師というより彫刻家の作品のようです。

「天燈鬼立像」「龍燈鬼立像」 
 康弁作(龍燈鬼) 鎌倉時代・建保3年(1215) 奈良・興福寺 国宝

運慶img230 (4)

運慶img230 (5)

像高約78㎝、邪鬼が灯篭を掲げているユーモラスな像です。
龍燈鬼の顔は俵屋宗達の風神雷神図に似ていて、体に巻き付けた龍も玉眼を
光らせています。
龍燈鬼の像内に入っていた紙から、この像が康弁作とが分かります。
康弁は運慶の三男ですが、康弁作と分かっている作品はこの1点のみです。


大変評判の展覧会で、私は2日目の朝の開館と同時に行きましたが、すでにかなりの
来館者で混雑していました。
早めの時期に行かれることをお勧めします。

展覧会のHPです。


次回の特別展は、「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」です。
会期は2018年1月16日(火)から3月11日(日)までです。

img216.jpg


【2017/09/28 20:09】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>