前のページ 次のページ
「ニッポン貝人列伝」展 京橋 LIXILギャラリー
京橋
chariot

京橋のLIXIL:GINZA2階のLIXILギャラリーでは5月26(土)まで、
「ニッポン貝人列伝」展が開かれています。
場所は中央区京橋3-6-18で、水曜日は休館日です。

img231.jpg


日本の近代貝類学の基礎を築いた人たち、10人の業績を紹介する展覧会で、
収集された貝類の標本も展示されています。

かIMG_0367


平瀬與一郎(1859-1925)は日本の貝類学の創始者の一人で、私財を投じて
研究を行なっています。

かIMG_0350


平瀬は貝類の標本の販売も行なっていました。
販売用の、菓子箱のような箱に入った標本も展示されています。

かIMG_0355


黒田徳米(くろだとくべい、1886-1987)は平瀬與一郎に育成され、日本貝類学会を設立し、
日本で初めて貝類総目録を完成させています。

かIMG_0351


黒田自筆のメモの入った標本箱です。

かIMG_0368


山村八重子 (1899-1996)は女性初の動物や虫、貝類のコレクターで、
フィリピンなど戦前の南洋で収集しています。

山村がフィリピン南部のバシラン島で収集した貝です。

かIMG_0370


河村良介(1898-1993)は銀行員で、約1万種、10万点以上の貝類を収集しています。

かIMG_0359


河村のコレクションのタカラガイです。
古来、通貨や装身具として珍重されてきました。

かIMG_0349


櫻井欽一(1912-1993)は神田の有名な鶏料理店、「ぼたん」の店主ですが、
鉱物学者でもあり、貝類の研究家でもあります。
収集した標本は約1万種、5万点になるそうです。
私も「ぼたん」に行ったことがありますが、店主が貝類の研究家とは知りませんでした。

かIMG_0361


和名に櫻井の名が付いた、サクライハラブトツノガイ。

かIMG_0365


それぞれの研究者が収集した貝類の標本もきれいで、興味深い展覧会です。

展覧会のHPです。


【2018/04/12 19:25】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「日本の四季 ― 近代絵画の巨匠たち ―」展 パナソニック 汐留ミュージアム
新橋・汐留
chariot

汐留のパナソニック 汐留ミュージアムではパナソニック創業100周年特別記念展、
「日本の四季 ― 近代絵画の巨匠たち ―」が開かれています。
会期は4月15日(日)まで、会期中は無休です。

img269.jpg


パナソニック(株)の所蔵する約60点の作品が展示されていて、多くが日本画ですが、
梅原龍三郎、熊谷守一、中川一政、林武の洋画もあります。

竹内栖鳳 「白鷺」 1941年もしくは1942年
四季img273 (2)


白鷺は夏の季語ということで、水辺にたたずむ白鷺を描いていて、
目元の緑色が効いています。
竹内栖鳳は特に動物の表現にすぐれています。

堂本印象 「朝陽」 1928年
四季img273 (6)

双幅で、画題は朝陽対月(朝陽補破被、対月了残経)という詩を基にしています。
通常は朝日の下で衣をつくろう僧と月の光で経を読む僧を描きますが、
この絵では月下の僧の代わりに猫の親子を描いています。
針に糸を通す僧と、見上げる親猫の視線が合っているのも面白いところです。
晩年の明るく柔らかな色調の作品も展示されています。

橋本明治 「舞妓」 制作年不詳
四季img273 (7)

橋本明治の特徴の太い描線で、着物の線が波のように連なっています。
着物の模様は紅葉で、指先は線を細くして柔らかさを見せています。

奥田元宋 「遠山早雪」 1978年
四季img273 (4)

旅行で見た、雪山と紅葉の景色を基にしているとのことで、湖に映る紅葉、
落葉した山、早くも雪をかぶった遠山が重なります。

東山魁夷 「山峡朝霧」 1983年
四季img273 (5)

六曲一隻の屏風で、朝霧に包まれた幽玄な風景を墨一色で描いています。
東山魁夷は、松下幸之助が施策の場としていた京都の邸宅、真々庵を訪れた際、
庭を描いてくれるよう松下幸之助に頼まれますが、畏れ多いとして断り、代わりに
3年後にこの絵を届けています。

川端龍子 「五羽鶴」 制作年不詳
四季img273 (1)

同じ方向を向く5羽のタンチョウで、リズムと力強さがあります。

川合玉堂 「雪景の図」 1950年代
四季img273 (3)

水辺の村には雪が積もり、遠くの山には雲がかかっています。
川合玉堂の絵らしく、人物が点景として描かれ、人の生活をうかがわせます。
雪の部分は絵具を塗らず、紙の白を残しています。

松下幸之助自身は絵画について語ることはまったくなかったそうですが、
上村松篁、小倉遊亀、小野竹喬、杉山寧、高山辰雄、徳岡神泉、速水御舟、
福田平八郎、前田青邨、山口華楊などの作品も揃っていて、その豊富な
コレクションには驚きます。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は、「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容
―メタモルフォーシス」です。
会期は4月28日(土)から6月24日(日)までです。

img277.jpg


【2018/04/10 19:26】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「THE SPINDLE」 東京ミッドタウン日比谷
日比谷
chariot

「THE SPINDLE」は 3月に開業した東京ミッドタウン日比谷の1階にあります。
場所は千代田区有楽町1-1-2です。

sIMG_0027 - コピー


LEXUSの体験型施設である「LEXUS MEETS(STEER AND RING/THE SPINDLE)」の中の
カフェで、全席禁煙、半円形の広い店内はガラス壁からの光で明るく、天井から床まで
白木でまとめられています。

sIMG_0002 - コピー


セルフ式のお店で、注文した品が出来上がるのをカウンターで待つのに
少し時間がかかることがあります。

場所をリザーブする置物も自動車の形をしています。

sIMG_0006 - コピー

sIMG_0025 - コピー

sIMG_0023 - コピー


4デリ+ブレッドセット850円はデリから4種類選び、それにパンとドリンクが付きます。

sIMG_0009 - コピー


こちらはチキンとコールスローのサンドイッチセット650円です。

sIMG_0013 - コピー

これに消費税が付きます。

サンドイッチのパンは柔らかく、野菜も新鮮で、ARITA JIKIのカップに入ったコーヒーは
酸味系で美味しいです。

コスパも良く、また利用してみたいお店です。

展示場にはいかめしい顔のLEXUSが2台、展示してあります。

tIMG_0062 - コピー

tIMG_0060 - コピー


東京ミッドタウン日比谷の東京メトロ日比谷駅に直結した地下街は、以前ここにあった
三信ビルの面影を再現しています。

tIMG_0055 - コピー


スターバックスやカルディコーヒーファームもオープンしています。

tIMG_0056 - コピー

ひIMG_0057 - コピー


東京ミッドタウン日比谷で目を惹くのは大きな円形の吹き抜けで、東京駅丸の内駅舎と
感じが似ています。

tIMG_0028 - コピー


6階の一部はPARK VIEW GARDENという名前のテラスになっていて、日比谷公園から
日比谷濠にかけてを見渡せます。

tIMG_0045 - コピー

tIMG_0033 - コピー

ひIMG_0042 - コピー

tIMG_0035 - コピー

ひIMG_0048 - コピー

ひIMG_0050 - コピー


隣の日比谷シャンテ前の広場は「日比谷ゴジラスクエア」という名前になって、
大きな「新・ゴジラ像」が置かれました。
以前あった旧ゴジラ像はミッドタウンの中に出来た、TOHOシネマズ日比谷に移動しました。

tIMG_0070 - コピー

tIMG_0066 - コピー


【2018/04/08 21:47】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「びわ湖長浜KANNON HOUSE」 高月町横山の横山神社の馬頭観音像 2018年
上野
chariot

京成上野駅近くの「びわ湖長浜KANNON HOUSE」に行ってきました。
場所は台東区上野2-14-27で、京成上野駅と不忍池の間にあります。

観音の里として知られる滋賀県長浜市が、「観音」をテーマとして
2016年にオープンした情報発信拠点で、開館時間は午前10時から午後6時、
入館は無料、休館日は月曜日です。
長浜市には130体を超える観音像があり、2~3か月に1体ずつこちらで展示しています。

毎週金曜日は17時から30分間、館内の照明を消灯し、観音堂の明かりだけを灯した
スペシャルライティングが行なわれます。

3月20日からは高月町横山の横山神社の馬頭観音像が展示されています。
2017年12月から今年1月まで行われた「再び会いたい観音さまリクエスト投票」で選ばれ、
2016年に続いて、2度目のお越しとなりました。

かIMG_0703


像高99.6㎝、体をやや前に傾け、三面八臂で、頭上に馬頭をいただいています。
観音像で憤怒の相を見せるのは馬頭観音だけで、その名から馬や動物の守護仏としても
信仰されています。
頭と体幹部はヒノキの一木造りで、内刳りされ、脇の手や持物は後補されています。
頭と体幹部は古い像の表面があれていたのを彫りさらえてあります。
動きの無い姿勢、憤怒相でありながら穏やかな表情、左右対称の衣文などから、
平安時代末期、12世紀頃の作風とみられています。

かIMG_0711

かIMG_0709

背中に切れ目が入っていて、内刳りをした後、背板を当てていることが分かります。
かIMG_0707


前回のびわ湖長浜KANNON HOUSEの記事です。

「びわ湖長浜KANNON HOUSE」のHPです。


【2018/04/07 19:53】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「スターバックスコーヒー日本医科大学付属病院店」と谷中の写真も少し
東大前・千駄木
chariot

「スターバックスコーヒー日本医科大学付属病院店」は千駄木の日本医科大学
付属病院の正面玄関を入った所にあります。
場所は文京区千駄木1-1-5です。

スIMG_0505 - コピー


付属病院のリニューアルオープンした2017年10月にオープンしています。
店内は30席ほど、坂道に面したガラス壁から日の光が入って明るい店内です。
平日の朝は7時30分から開いていて、窓から見える正面玄関には、
急ぎ足で出勤してくる職員、タクシーでやって来て車椅子に乗り換える
患者さんなどが次々に入ってきます。
テイクアウトのお客さんも、病院のスタッフや患者さんなど、病院らしい景色です。

スIMG_0503 - コピー

スIMG_0500 - コピー

スIMG_0506 - コピー


ティーラテ380円とアメリカンスコーンストロベリーチーズケーキ270円です。
これに消費税が付きます。

スIMG_0496 - コピー


早朝にはまだお客さんはいませんでしたが、9時頃にはほぼ満席になりました。

お店を出た後、根津から谷中を日暮里に向かって歩きました。

根津神社の鳥居
スIMG_0507 - コピー


谷中銀座のお店はまだ開いていません。

スIMG_0511 - コピー


屋根の上の木彫りの猫は日がな一日、通りを眺めています。

スIMG_0509 - コピー

スIMG_0513 - コピー

朝の夕焼けだんだん
スIMG_0515 - コピー

延命院
スIMG_0518 - コピー

シイの巨木のあるお寺です。

経王寺
スIMG_0519 - コピー

上野戦争で敗走した彰義隊士が逃げ込み、新政府軍に銃撃されて穴の開いた
門扉が残っています。

本行寺
スIMG_0520 - コピー

江戸時代には月見の名所として知られていました。

少し前の季節の写真ですが、これからの谷中も新緑の頃で、散歩するのに
気持ちが良いことでしょう。


【2018/04/06 19:35】 お店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>