前のページ 次のページ
「神の宝の玉手箱」展 六本木 サントリー美術館
六本木・乃木坂
chariot

六本木のサントリー美術館では六本木開館10周年記念展、「神の宝の玉手箱」展が開かれています。
会期は7月17日(月)までで、休館日は火曜日です。

玉手箱0


手箱は貴人の手回り品を入れる調度品で、蒔絵や螺鈿で飾られて神々へ奉納され、
神宝となったりもしています。
展覧会では、手箱やその他の神宝が展示されています。

「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」 鎌倉時代 13世紀 サントリー美術館 国宝
手箱14

修理後、初公開です。
一面に螺鈿の模様を施した手箱で、北条政子の所持とも伝えられています。
浮線綾文様は公家の用いた、花を象った文様で、1個の文様を作るために
13個もの貝のピースが使われています。
立派な装飾の手箱を玉手箱と呼ぶ訳が分かります。

手箱8


蓋裏も6月21日から26日まで展示されます。

手箱3

蒔絵で一面に梅、葵、菊、女郎花などの草花の絵が描かれています。

「籬菊螺鈿蒔絵手箱」 復元模造 北村昭斎 作  
 平成8~11年(1996~1999) 神奈川・鶴岡八幡宮

手箱5

原品は鎌倉時代の作で、北条政子が鶴岡八幡宮に奉納した品と伝えられていましたが、
明治6年(1873)のウィーン万博に出品された後、帰国の途中の海難事故で海没しています。
今頃は龍宮城にあることでしょう。
詳細な絵図と同じ意匠の硯箱が残っていたので、復元することが出来たそうです。

「松梅蒔絵手箱および内容品」 
 室町時代 16世紀 鹿児島・枚聞神社 重要文化財

手箱9

手箱10

6月26日までの展示です。
枚聞神社(ひらききじんじゃ)は薩摩半島の南端にある神社です。
龍宮の玉手箱と伝えられていて、中には化粧道具一色が揃っています。

「秋野鹿蒔絵手箱」 鎌倉時代 13世紀 島根・出雲大社 国宝
手箱4

螺鈿の鳥が輝いていて、空間の扱いも効果的です。

「桐蒔絵手箱および内容品」 
 南北朝時代 明徳元年(1390)頃 和歌山・熊野速玉大社 国宝

手箱6

手箱7

6月26日までの展示です。
熊野速玉大社古神宝の一つで、化粧道具も揃っています。
化粧には呪術的な意味もあり、化粧道具を納めた手箱は神聖な品と見做されていたようです。

「衵 萌黄地小葵浮線綾丸文二重織」 
 南北朝時代 明徳元年(1390)頃 和歌山・熊野速玉大社 国宝

手箱0

6月26日までの展示です。
これも熊野速玉大社古神宝の一つで、衵(あこめ)は下着と表着の間に着る衣です。
文様のある織物の上に色糸で浮線綾文を織り出しています。

「石山寺縁起絵巻」 第五巻(部分) 谷文晁 筆 江戸時代 19世紀 サントリー美術館
手箱1

手箱2

富貴な者の邸宅で、室内には手箱などの調度品も見えます。


他にも、鏡、檜扇、衣装などさまざまな神宝も展示されている、面白い展覧会です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は六本木開館10周年記念展、「おもしろびじゅつワンダーランド2017」展です。
会期は8月1日(火)から8月31日(木)までです。

ワンダー6-15-2017_001


【2017/06/15 17:35】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション」展 虎ノ門 菊池寛実記念智美術館
神谷町
chariot

虎ノ門の菊池寛実記念智美術館では「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション」展が
開かれています。
会期は9月3日(日)までです。

智6-13-2017_001


菊池寛実記念智美術館は、菊池智(1923~2016)が1950年代から収集してきた
現代陶芸の作品を展示するため、2003年に開館した美術館です。
女性によるコレクションとその美術館という、珍しい例です。

父は茨城県の高萩炭鉱などを経営した実業家の菊池寛実(1885-1967)で、
戦時中に高萩で働いていた瀬戸出身の陶工のために登り窯を作っています。
智はそこで生み出される陶器を見て、陶芸に惹かれるようになったそうです。

展覧会では昨年、93歳で亡くなった菊池智のコレクションのうち、約60点が
展示されています。

6月10日にアートブログイベントが開かれたので、参加してきました。
写真は許可を得て、撮影しています。

とIMG_0380


富本憲吉 「白磁八角共蓋飾壺」 1932年
とIMG_0460

若い頃にフランスでマイヨールの彫刻から白磁の構想を得たということで、
端正な中にふくらみのある形です。

八木一夫 「黒陶作品 Night」 1968年
とIMG_0431

低温焼成のオブジェで、燻した土を塗って黒色を出していて、金属とは違う
柔らかさがあります。

私が八木一夫を知ったのは、以前、NHKの日曜美術館で司馬遼太郎が
「ザムザ氏の散歩」という作品について語っていたのを見た時でした。
いびつな輪の形が立っているオブジェで、ザムザとはカフカの小説、
「変身」の主人公、グレゴール・ザムザのことです。

三輪休雪(十二代) 「ハイヒール」 1979年
とIMG_0417

精巧なつくりですが、ヒールにまでろくろ目が見え、ろくろで成形していることを
見せています。
三輪休雪は代々、萩焼を継承しています。

中村錦平 「扁壷」 1980年
とIMG_0458

とIMG_0459

椎茸や松ぼっくりを思わせる迫力のある造形で、肩の部分に「る」の字が並べてあって、
浴衣の柄のようにも見えます。
中村錦平さんは金沢の陶芸家の家に生まれ、現代社会の中の伝統というものを
問い続けているそうです。
市販の陶土や釉薬を使って電気窯で焼く、東京焼と名付けた、地域性を持たない
作品を制作しています。

鈴木治 「青白磁 鳥」 1981年
とIMG_0409

単純化された四角い鳥が三角の羽根を広げて飛んでいる、どこかユーモラスな作品です。

2014年には東京ステーションギャラリーで、「泥象(でいしょう) 鈴木治の世界」展が
開かれていました。

国立新美術館の「泥象 鈴木治の世界」展の記事です。

藤本能道 「霜白釉釉描色絵金彩花と虫図六角大筥」 1990年
とIMG_0445

藤本能道は写実的な色絵磁器で知られた作家で、東京藝術大学の学長も勤めていますが、
菊池智と交流があり、最後の新作展は智美術館の前身の菊池ゲストハウスでを開いた
とのことです。
最晩年の作品で、白磁に燃え立つような花と虫が描かれ、心象風景の趣きがあります。

深見陶治 「瞬」 1997年
とIMG_0419

陶土を水で溶いて、圧力をかけて型に流し込む、泥漿圧力鋳込みという技法によっています。
手の痕跡をまったく残さない、シャープな造形です。

川瀬忍 「青磁香炉」 1990年
とIMG_0387

二股大根のような面白い形で、ろくろで作ってあります。
陶磁器は焼成すると縮みますから、このような背の高い器を
直立させるのはかなりの技です。

川崎毅 「家のある所」 2012年
とIMG_0437

展示されている中で一番新しい作品です。
川崎毅さんは南欧風の白い家の形をした作品をつくっていて、そこには小さな世界が表れています。


菊池智の審美眼により選ばれた作品を通じて、現代陶芸の多彩さをゆっくり味わえる展覧会です。

展覧会のHPです。


【2017/06/13 19:34】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「エスプレッサメンテ・イリー 赤坂Bizタワー店」
赤坂
chariot

「エスプレッサメンテ・イリー 赤坂Bizタワー店」は赤坂Bizタワーの地下1階にあります。
所在地は港区赤坂5-3-1です。

イIMG_0441


50席ほどあって、分煙式、イリーの特徴の赤を基調にした店内です。
場所柄、お客さんはビジネスマンが多いようでした。

イIMG_0436 - コピー

イIMG_0434 - コピー


チョコブラウニー350円とマッキャート300円です。

イIMG_0433 - コピー

ブラウニーは甘さ控えめ、小さなカップに入ったマッキャートは
きりっと苦味が効いています。

イリ―らしい、お洒落な雰囲気を楽しめるお店です。


【2017/06/11 18:53】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展』 上野 東京都美術館
上野
chariot

上野の東京都美術館では『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展』が
開かれています。
会期は7月2日(日)までです。

バベル0


オランダのロッテルダムにあるボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館はボイマンスと
ベーニンゲンの2人が寄付したコレクションを基礎にした美術館で、中世から近代まで
約126,000点の美術品を所蔵しています。

展覧会ではヒエロニムス・ボスの作品2点、ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」を中心に、
16世紀ネーデルラントの絵画や版画、彫刻など約90点が展示されています。

会場の最初にはキリスト教の聖人たちの木彫が置かれています。
彩色の残っている作品もあり、どれも精緻に彫られています。

ヒエロニムス・ボス 「放浪者(行商人)」油彩、板 1500年頃
バベル13

バベル14

破れた服の痩せこけた男が杖を突き、とぼとぼと歩きながら、後ろを振り返っています。
背負っている籠に付けられている柄杓と猫の皮は何を意味するのでしょうか。
持っている帽子にはキリが留めてあるので、靴直しもするのではないかとのことです。
それにしては、右足にブーツ、左足にサンダルというのは、かなりの出で立ちです。
左の家は棒の先の壺、白鳥の看板などから娼家らしいとのことで、戸口では男女が
抱き合っています。
男が未練ありげに振り返っている訳が分かります。
祭壇画の一部だったとのことで、欲望への戒めを表しているのでしょうか。
男の表情が生きており、色調もまとまった作品です。

ヒエロニムス・ボス(1450年頃-1516)はネーデルラントの画家で、幻想的な作風で有名です。
後にも大きな影響を与えていますが、油彩画は僅かしか現存していません。
展覧会ではそのうち2点が展示されています。

ヒエロニムス・ボス 「聖クリストフォロス」 油彩、板 1500年頃
バベル10


男が川の渡し守りをして人助けをしていたところ、小さな男の子が川を渡してくれるよう頼みます。
男は気軽に応じて男の子を乗せて渡り始めますが、男の子はだんだん重くなります。
やっとのことで渡り終ると、男の子は自分がキリストであることを明かし、男を祝福して、
キリストを背負う者という意味のクリストフォロスと名付けます。
中世末期には、聖クリストフォロスは旅人の守護聖人として大変人気があったそうです。
川を渡る場面が描かれていますが、男は杖にすがって何とか歩いています。
足の形や背を傾けた姿勢は「放浪者(行商人)」とよく似ています。
杖の先から芽が出ていて、地面に突き刺した杖から若芽が出て巨木になったという伝説を
表しています。
血を流した魚が下がっているのはキリストの磔刑を暗示しているそうです。
遠景には追剥のような光景や吊り下げられた熊が、右側にはボス独特の割れた壺などが
描かれています。
バベル11

バベル12


絵:ピーテル・ブリューゲル 彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン
「大きな魚は小さな魚を食う」 エングレーヴィング 1557年

バベル0_1

ピーテル・ブリューゲル(1526/1530年頃-1569年)はネーデルラントの画家で、
農民の生活などを細密に描いています。
同名で画家の長男と区別するため、(父)(1世)などと表記されることもあります。
ブリューゲルは版画の下絵も多く制作しています。
魚が魚を食べている異様な光景で、ボスの影響が感じられます。
ネーデルラントでも魚はよく獲られていたはずですが、日本人の持つ魚への親和性とは
異なるものがあります。

ピーテル・ブリューゲル 「バベルの塔」 油彩、板 1568年頃
バベル1_1

「バベルの塔」はブリューゲルの代表作の一つです。
横74.6㎝の作品で、海辺の巨大な円錐の塔が描かれています。
螺旋状の構造になっていて、階によってアーチの形も違い、上の階には雲がかかっています。
左側の白い部分は漆喰をクレーンで運び上げているところで、漆喰をかぶって白くなった
作業員も描き込まれています。
バベル5

その左の赤い部分はレンガを運び上げているところで、白と赤の色彩効果を出しています。
バベル6

ステンドグラスの嵌まった教会に向かう行列も見えます。
バベル4

波止場には大小の船が泊っています。
バベル7

一番上はまだ建築中で、木の支えでアーチを組もうとしています。
バベル3

遠くにはのどかな風景が広がっています。
バベル9


旧約聖書ではこの後、神が人びとの言葉を乱したため、建築は続けられなくなったとありますが、
この絵ではまだ塔は建築中です。
絵の意味は不明ですが、山岳の無いネーデルラントでは高い塔というものに対しては
特別の思いがあったことでしょう。

1400人もの人物が描き込まれているという細密画なので、会場で放映されているCGで
細部の描写を確認できます。


16世紀ネーデルラントの宗教的・社会的雰囲気の伝わる展覧会です。


展覧会のHPです。


【2017/06/10 19:28】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「フランボワーズ(Framboise)」 GINZA SIX
銀座
chariot

「フランボワーズ(Framboise)」は4月20日に松坂屋銀座店の跡地に開業した
GINZA SIX(ギンザシックス)の3階にあります。
所在地は中央区銀座6-10-1です。

フIMG_0268 - コピー


「フランボワーズ」はパリにあるガレット・クレープ専門店で、今回が初の
外国進出とのことです。

店内は全席禁煙、赤を強調したモダンな内装で、エッフェル塔を模した装飾もあります。
お店のロゴマークもフルーツをデザインしています。
BGMはフランス語のロックでした。

フIMG_0246 - コピー

フIMG_0247 - コピー

フIMG_0248 - コピー


ガレットコンプレットハム1080円です。

フIMG_0259 - コピー

ガレットは日本国内産100%の蕎麦粉を使用しているそうです。
出てくるのに、あまり時間はかかりません。
パリッとして、美味しいです。

こちらはガレットコンプレットふかしポテト1180円です。

フIMG_0255 - コピー


コーヒー550円とカプチーノ600円です。

フIMG_0249 - コピー

フIMG_0252 - コピー

コーヒーはやや薄めでした。

エッフェル塔がペーパーウエイトを務めています。

フIMG_0260 - コピー


6階のレストラン街は混んでいましたが、こちらは3階にあって、
それほど混んでいませんでした。


【2017/06/09 19:17】 お店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>