前のページ 次のページ
「東京こだわりの風景画展 ~自分史の中の東京を描く~」 丸善丸の内本店
東京
chariot

丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーでは、「東京こだわりの風景画展
~自分史の中の東京を描く~」が開かれています。
会期は8月15日(火)までです。

こちらでは毎年、「東京こだわりの風景画展」が開かれていて、東京の昔をイメージした、
水彩、油彩、ペン画などの多数の作品が展示されています。

東京駅丸の内駅舎、新宿御苑から神保町の喫茶店まで、懐かしさのある風景
が描かれています。

出展作家は以下の通りです。

荒木淳一(水彩画)、大須賀一雄(ペン彩画)、岡本真由蘭(彩色ペン画)、小川幸一治(日本画)、
小田切充(水彩画)久山一枝(水彩画)、小林征治(水彩画)、サイトウサチコ(水彩画)、
塩沢宗馬(水彩画)、須貝仁(墨彩画)、杉山浩一(ペン画)、瀧川信介(水彩・パステル画)、
竹内喜久江(水彩画)、土屋始彦(水彩画)、長島香織(淡彩日本画)、畑和博(水彩画)、
檜垣友見子(油彩画)、日髙めぐみ(水彩画)、安住孝史(鉛筆画)

杉山浩一 「上野動物園旧正門」
旧正門img139

優美な門扉が影を作っています。
普段は閉じられていましたが、すぐ隣の表門の改修に伴い、
現在は臨時門として使われています。

2016年の「東京こだわりの風景画展」の記事です。


【2017/08/10 19:04】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「佳人礼讃-うるわしの姿を描く-」 ホテルオークラ東京アスコットホール
六本木一丁目・神谷町
chariot

虎ノ門のホテルオークラ東京アスコットホールでは、第23回 秘蔵の名品 アートコレクション展、
「佳人礼讃-うるわしの姿を描く-」が開かれています。
会期は9月1日(日)までで、期間中は無休です。
展覧会の純益は日本赤十字社等を通じて、社会貢献のために寄付されます。

佳人img121


今回は女性を描いた作品の展示です。

(洋画)

ギョーム・セニャック 「ミューズ」 19世紀末 泉屋博古館分館
佳人img122 (2)

ミューズ(ギリシャ名ムーサの英語名)は文芸を司る女神たちのことです。
板と筆を持っているので、叙事詩の神、カリオペーでしょうか。
ギョーム・セニャック(1870-1924)は新古典主義の画家で、ブグローに師事しています。
住友家15代当主、友純(春翠)の支援を受け、フランスに留学していた鹿子木孟郎
(かのこぎたけしろう:1874-1941)が春翠より絵画の収集を依頼され、購入した作品の一つです。

ノエ・ボルディニョン 「軽い訪問」 北野美術館
佳人img130

滅多と観られない作品とのことです。

ジョン・エヴァレット・ミレイ 「聖テレジアの少女時代」 1893年 松岡美術館
西008

ジョン・エヴァレット・ミレイはラファエル前派の画家で、「ハムレット」を
題材にした、「オフィーリア」の作者として有名です。
後には肖像画家として人気を得ています。
聖テレジアは16世紀のスペインの聖女で、ベルニーニの彫刻、
「聖テレジアの法悦」は彼女の体験を基にしています。
弟の手を引いたテレジアは憂い顔で、何か物語を暗示しています。
遠くの城壁に日が当たり、手前は日陰で光もやわらかくなっています。
二人の豪華な衣装も見せ所です。
ラファエル前派はこの絵のように、よく知られた題材から少し外した題材を
描くことがあるそうです。

エコール・ド・パリの画家たちの作品も揃っています。

モイーズ・キスリング 「スペインの女」1925年
佳人img122 (4)

白く硬質な肌合いで、こちらを見る目に力があります。
背後の丸い形の重なりにリズムを感じます。

モイーズ・キスリング 「水玉の服の少女」 1934年頃
フ003

淡い藤色の影を付けて、少女を浮き上がらせています。
水玉の服は平面的に描かれ、観る人の意識は愁いを帯びた表情の顔に集まります。

マルク・シャガール 「捧げ物」1970年頃
佳人img122 (6)

晩年の作品で、シャガールの好きなバイオリン弾き、鳥、ロバなどが揃っています。

アメデオ・モディリアーニ 「婦人像」
佳人img122 (5)

モディリアーニ独特の卵形の顔をしていて、目には表情がありません。
エコール・ド・パリの画家たちと交流のあったジャン・コクトーが1951年に短い回顧録を
出した時に、巻頭のカラー図版にこの絵を使ったそうです。

藤田嗣治 「二人の子供と鳥籠」 油彩・カンヴァス 1918年 松岡美術館
松005

1913年にパリに渡った藤田は最初は絵が売れず、苦労しています。
やがて藤田らしい画風が表れて、ようやく絵が売れ出した頃の作品です。
当時の藤田の作品は、自身の気持ちが表れているのか、不安で寂しげな
雰囲気をしています。

矢崎千代二 「教鵡」 1900年 東京藝術大学
佳人img122 (3)

和服の女性がオウムに言葉を教えているところで、オウムはオウム返しをしています。
左からの柔らかな光を上手く表しています。
第5回白馬会展に出品され、好評を得た作品で、1904年のセントルイス万国博覧会にも
出展されました。
矢崎千代二(1872-1947)は横須賀市出身で、黒田清輝に師事し、東京美術学校に
学んでいます。
日本のパステル画の開祖とされ、世界各地を放浪して描き続け、終戦の翌々年に
北京で亡くなっています。

小鳥を見上げる和服の女性という構図では、鏑木清方の「朗羅」(1933年)を思い出します。
鏑木清方もこの作品を見ていたのでしょうか。

岡田三郎助 「支那絹の前」 1920年 高島屋史料館
美術007

着物を好んで描いた岡田三郎助による夫人像です。
艶のある質感を油彩画ならではの技法で描き出しています。
着物は紅縮緬地松竹梅に匂袋小袖で、背景の裂とともに高島屋史料館が
保存しているそうです。

東郷青児 「巴里の女」 1922年
東郷007

東郷青児は1921年からフランスに留学し、リヨン美術学校に学びますが、
1923年の関東大震災で仕送りが途絶えたため、パリに居付いて、
若い芸術家たちの集まるモンパルナスで暮らすようになります。
この絵にはセザンヌやモンパルナスに集うエコール・ド・パリの画家たちの
影響が感じられます。
こちらをまっすぐ見つめた顔はやや憂いを含んでいます。

東郷青児 「ナース像」 1974年
日003

戦時の救護服を着た看護婦の姿で、モデルは日本赤十字社の看護学生です。
背景は異国の山河を象徴しているのでしょう。
日赤の依頼で描かれた作品で、東郷青児スタイルで描かれていますが、実際の
スカート丈はもっと長かったそうです。
日本赤十字社もこの展覧会の後援団体である縁での展示です。

(日本画)

上村松園 「三美人之図」 1908(明治41)年 光ミュージアム
佳人img122 (7)

松園30歳代の作品で、浮世絵風の図柄です。
手前の女性が一番若く、結綿という若い女性の髪型をして、
孔雀模様の豪華な帯をしています。
奥の女性は眉を剃った、松園のよく描いた引眉にしています。
蛇の目傘の丸の連続が面白い形を作っています。

「円窓」 上村松園 1943(昭和18)年頃
歌002

髪を立兵庫に結い、鹿の子絞りの小袖姿の遊女が立て膝で座っています。
円窓の障子には花を付けた梅の枝の影が映っています。
春の気配の中の遊女は目を伏せて何やら物思いの風情です。
立兵庫という目立つ髪形を見せながら、上村松園らしく品の良い、静かな雰囲気に
包まれています。

上村松園 「うつろふ春」 霊友会妙一コレクション
佳人img122 (1)

脇息にもたれ、散る花を眺めて行く春を惜しんでいます。
絞り染めの打掛に、輪違模様の小袖、髪は勝山髷でしょうか。

鏑木清方 「さじき」 1945(昭和20)年頃
歌003

西の松園、東の清方と呼ばれた、鏑木清方の作品です。
桟敷で芝居見物をする親子です。
後ろには枇杷やサクランボが置かれた初夏の情景で、母親の帯は紫陽花、
娘の紙入れは杜若をあしらっています。
それに対して、着物の柄は母親は桔梗に撫子、娘は色付き始めた楓と、
秋を感じさせる演出です。
全体に緑色を効かせていて、母親のかんざしは翡翠、指輪はエメラルドでしょうか。
娘の口は少し開いていて、母親との表情にわずかな違いを見せています。
昭和20年だと終戦の年で、枇杷やサクランボなど簡単に手に入らなかった頃ですが、
思い出の中の情景でしょう。

鏑木清方 「七夕」 6曲1双 1929(昭和4)年 大倉集古館
左隻
音008

七夕の竹飾り、瓜、徳利、香炉、桔梗、女郎花と共に五色の糸巻き、琴、筆と柏葉の
模様の着物がお供えされています。
着物の柄はは梶や柏の葉に字を書いて供える風習を表しています。
裁縫、音楽、書道の上達を願う行事です。
左上に金銀の砂子で描かれた天の川を見上げる女性の着物は秋草の裾模様です。

右隻
音009

水葵と朝顔の模様の着物姿の洗い髪の女性が縁台に腰掛け、白い芙蓉を
眺めています。
網に笹の裾模様の着物の女性は、かがんで針に糸を通しながら水鏡に映る
織姫と彦星を視ているところです。

伊東深水 「楽屋」 明治座
佳人img122 (8)

鏑木清方の弟子だった伊東深水の作品です。
島田髷に蝶の模様の着物、亀甲花菱の帯の女性が舞台の出を控えて、
姿見の前で口紅を差しています。
2011年発行の110円切手の図案にも使われています。
伊東深水の描く女性には厚み、豊かさがあります。

日本画では他に、鏑木清方の「雨月物語」の絵巻物(霊友会妙一コレクション)や
大阪の女流画家、島成園の「お客様」も印象に残りました。

キリンビールのポスターも何点か展示されています。

多田北鳥 ポスター「キリンビール」(明治屋) 1926年
三006

返杯のグラスを洗っているところです。
新橋の売れっ子芸者だった、まり千代がモデルで、背景は新築された
横浜工場とのことです。
多田北鳥は日本の近代広告デザインの草分けとされています。


エコール・ド・パリの画家の作品や美人画など、さまざまなうるわしい姿の揃った展覧会です。

展覧会のHPです。


【2017/08/08 21:21】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アイランド ヴィンテージ コーヒー 横浜ベイクォーター店
横浜
chariot

「アイランド ヴィンテージ コーヒー 横浜ベイクォーター店」は横浜駅近くの
横浜ベイクォーターの3階にあります。
場所は神奈川区金港町1-10です。

アIMG_0270 - コピー


ホノルル発祥のお店で、セルフ式、60席ほどの店内は全席禁煙、白を基調にしていて、
BGMにハワイアンが流れています。

アIMG_0257 - コピー

アIMG_0266 - コピー


グリルドチーズサンドイッチ1230円です。
これに消費税が付きます。

アIMG_0258 - コピー

軽くトーストしてあり、チーズと合って美味しいです。

カウコーヒー630円はその都度、ドリップして淹れるので、少し時間がかかります。

アIMG_0263 - コピー

たっぷりあって濃い味ですが、コクがあり、飲みやすいです。

運河沿いの窓から明るい光の入る店内は南国の雰囲気です。

アIMG_0275


「アイランド ヴィンテージ コーヒー表参道店」に行ったときの記事です。



【2017/08/06 21:28】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
文化庁新進芸術家海外研修制度 50周年記念展 -美術部門-「洋画」「日本画」「版画」 日本橋髙島屋
日本橋
chariot

日本橋髙島屋8階ホールでは文化庁新進芸術家海外研修制度 50周年記念展
-美術部門-「洋画」「日本画」「版画」が開かれています。
会期は8月14日(月)まで、入場料は一般800円です。

文img109

文img115 (7)


文化庁が1967年から実施している、若手芸術家を研修のため海外に派遣する、
新進芸術家海外研修制度(旧文化庁芸術家在外研修制度)の50周年記念として、
洋画、日本画、版画の75名の新作が展示されています。
出品作家によるトークや解説も行なわれます。

(洋画)
奥谷博 「Peace」 2017年
文img115 (9)

奥谷さんは第1回の1967年フランス派遣です。
背景はパリ郊外で大規模開発によって近代的ビルの立ち並ぶデファンス地区です。
コの字型の建物は、ルーブル宮殿から凱旋門を抜ける、パリの歴史軸の西の端に
建てられたグランダルシュ(大アーチ、新凱旋門)です。
凱旋門の形に合わせて、同じ人物が2人、描かれています。
孫娘さんが終戦時の自分の年齢に近くなったことを思っての題名とのことで、
右側の人はピースサインをしています。

2015年に銀座の日動画廊本店で開かれた、「傘寿・画集刊行記念 奥谷博展」の記事です。

絹谷幸二 「旭日富嶽来迎図」 2017年
文img115 (8)

絹谷さんは1977年イタリア派遣です。
平等院を訪れ、来館者の帰った後の館内で飛天たちを写生していると、
飛天が語り掛けてくるように思えたそうです。

2010年に東京藝術大学大学美術館で開かれた、「退任記念展 絹谷幸二 生命の軌跡展」の
記事
です。

田村能里子 「風に還る日」 2017年
文img115 (6)

田村さんは1985年中国派遣です。
西域地方の風土に魅せられて、描き続けています。

遠藤彰子 「明日」 2017年
文img115 (5)

田村さんは1986年インド派遣です。
明日を目指す人を見ての感動を描いたとのことで、アイススケート選手の
活躍に触発されての作品でしょうか。

呉亜沙 「metabolism」 2017年
文img115 (10)

呉さんは2005年アメリカ派遣です。
Metabolismとは新陳代謝のことで、体も心も休みなく代謝を繰り返して
入れ替わっていることを表現しているそうです。

(日本画)
西田俊英 「月と孔雀」 2017年
 文img115 (2)

西田さんは1992年インド派遣です。
滞在先では昼は白牛、ロバ、ラクダの行き交う所も、夜は雰囲気ががらりと変わり、
幻想的な世界が現れるそうです。

2016年に横浜のそごう美術館で開かれた、「西田俊英展 忘るるなゆめ」の記事です。

2015年に日本橋髙島屋で開かれた、「-いのちの景色- 西田俊英展」での西田さんの
ギャラリートークの記事
です。

町田久美 「丘」 2017年
文img115 (1)

町田久美さんは2008年デンマーク派遣です。
きれいな描線で、不思議な姿の人物を描いています。

2010年に西村画廊で開かれた、「町田久美展」の記事です。

(版画)
柳澤紀子 「Sign・予兆 Ⅶ」 2016 年
文img115 (3)

柳澤紀子さんは1992年イギリス派遣です。
紙を貼り合わせた、コラージュの作品です。

入江明日香 「La forêt noire」 2017年
文img115 (4)

入江明日香さんは2012年フランス派遣です。
La forêt noireは黒い森という意味で、ドイツのシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方の
ケーキの名前でもあります。
猫を肩に載せた、鮮やかな姿は森の守り人を表しているそうです。

展覧会のHPです。


国立新美術館では毎年、この制度で派遣された作家を選抜して作品を展示する、
「DOMANI・明日展」が開かれています。

2016年12月から開かれた「19th DOMANI・明日展」の記事です。

2015年12月から開かれた「18th DOMANI・明日展」の記事です。

2014年12月から開かれた「17th DOMANI・明日展」の記事その1です。
「17th DOMANI・明日展」の記事その2です。
入江明日香さんの作品が展示されていました。

2013年12月から開かれた「16th DOMANI・明日展」の記事です。

2013年1月から開かれた「 DOMANI・明日展 2013」の記事です。

2012年1月から開かれた「DOMANI・明日展」の記事です。
田村能里子さん、遠藤彰子さんの作品が展示されていました。

2010年12月から開かれた「DOMANI・明日展 2010」の記事です。
町田久美さんの作品が展示されていました。

2009年12月から開かれた「DOMANI・明日展 2009」の記事です。
呉亜沙さんの作品が展示されていました。

2008年12月から開かれた「DOMANI・明日展 2008」の記事です。


【2017/08/05 18:32】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「百塔珈琲」 駒込
駒込
chariot

「百塔珈琲」は駒込駅から本郷通りを北に少し下った左側のビルの2階にあります。
場所は豊島区駒込3-23-14です。

ひIMG_0645 - コピー


自家焙煎のお店で、全席禁煙、10席ほどの小ぢんまりした店内です。
店名は百塔の街と呼ばれるプラハにちなんでいて、店内も東欧をイメージ
しているそうです。
BGMはピアノの環境音楽でした。

ひIMG_0641 - コピー

ひIMG_0631 - コピー


ひIMG_0633 - コピー


コーヒー500円は注文の都度、挽いて入れます。

ひIMG_0639 - コピー

カールスバードのブルーオニオン柄のカップで飲むコーヒーはとりわけ美味しいです。

窓から見える坂道を、帽子をかぶった小学生、スマホ歩きの若い女性、
カバンを提げたビジネスマン、杖を突いたお爺さんが上り下りしています。
人生を坂道にたとえた仏画、「熊野観心十界図」を思い出しながら、
百の塔からの鐘の音が聞こえてこないか耳を澄ませました。

ひIMG_0632 - コピー


【2017/08/04 20:17】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>