前のページ 次のページ
「織物以前 タパとフェルト」展 京橋 LIXIL:GINZA
京橋
chariot

京橋のLIXIL:GINZA2階のLIXILギャラリーでは2月24(土)まで、
「織物以前 タパとフェルト」展が開かれています。
場所は中央区京橋3-6-18で、水曜日は休館日です。

img024.jpg


タパ(タヒチ語)は樹皮で出来た不織布のことで、南太平洋の島々ではクワ科の木の皮
を叩いて延ばした布を作ってきました。
一方、ユーラシア大陸では羊の毛を固めてフェルトを作っています。
展覧会では福本繁樹氏の収集したタパと、長野五郎氏らの収集したフェルトなどの資料、
約60点を展示し、二つの不織布を紹介しています。

会場は撮影可能です。

タパは衣料の他、壁紙、敷物、毛布など、さまざまな用途に使われる
万能のテキスタイルです。

インドネシア スラウェシ島トラジャ族のタパ
タIMG_0408

綿素材の裏打ちとビーズの留め具の付いたチョッキで、裾の切込みや
前部分の赤と茶の帯など、ファッションセンスにあふれています。

インドネシア ボルネオ島カリマンタン ダヤク族の貫頭衣
タIMG_0412

インドネシア 西ニューギニア イリアンジャヤ州センタニ湖地方のタパ
タIMG_0401

墓場の旗として用いられていたとのことで、同じ幾何学模様を繰り返しています。

パプアニューギニア、ノーザン州マイシン族のタパ
タIMG_0457

ある家系に伝えられた儀礼用のタパで、特定の大樹を模様にしている
とのことなので、その家のトーテムを表しているのでしょうか。
飾りのように、木の実で作った鈴が付いています。

フィジーのダヴェウニ島のタパ
タIMG_0396

くっきりと明快な模様の連なりで、中央と縁にある模様は南を表しています。

トンガのガトゥ・ラウニマ
タIMG_0451

手描きで、鳥や動物、幾何学模様などが表され、西洋風の図柄や
アルファベットも見えます。
トンガでは樹皮布をガトゥと呼んでおり、トンガは現在もタパが盛んに
作られている地域とのことです。

トンガのタパの型板
タIMG_0442

タパの叩き棒と樹皮
タIMG_0439

タパは、削ったり、晒したり、染めたり、叩いたり、出来上がるまでに
20もの工程があり、貴重な財産だったようです。


新疆ウイグル自治区 キギスのパラス
タIMG_0415

キギスはウイグル語でフェルト、パラスは敷物という意味です。
四角の中の模様は上が窓、下が水差しを表していて、下の方に制作年号の
95が入っています。

蒙古絞氈(もうこしぼりせん)
タIMG_0419

フェルトの敷物は日本には江戸時代以降、蒙古絞氈の名で輸入され、
茶席などで珍重されています。
小さな十字模様と大きな花模様を絞り染めで施したものが多いようです。

上:トルコの綿打ち弓と羊の腸の弦を振動させる木槌
下:日本の綿打ち弓と鯨の筋の弦を振動させる木槌
タIMG_0444

ユーラシア大陸で羊毛などの開綿(繊維をほぐし、ゴミを除く作業)に用いられた
綿打ち弓は日本では木綿の開綿に用いられました。

とても興味深い展示で、私もタパという不織布のことを初めて知りました。

展覧会のHPです。


【2018/02/13 19:32】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ルドンー秘密の花園」展 ブロガー特別内覧会 三菱一号館美術館
東京
chariot

丸の内の三菱一号館美術館で開かれた、青い日記帳×「ルドンー秘密の花園」展、
ブロガー特別内覧会に行ってきました。
展覧会の会期は5月20日(日)までです。

img400.jpg


まず、高橋明也館長の挨拶がありました。

ルIMG_0258


三菱一号館の所蔵するルドンの大作、「グラン・ブーケ」に高橋さんが出会ったのは
美術館の開館する2年前の2008年です。
パリの画廊からこの絵の存在を知らされ、ルドンにこれを注文したドムシー男爵の
ブルゴーニュの城館に行き、薄明の中でステンドグラスのように輝くのを見たそうです。
日本に運ばれる前の2011年3月にパリで開かれたルドンの回顧展で、当初は城館で
ともに食堂の壁面を飾っていた他の15点と共に展示されましたが、ちょうどその頃は
東日本大震災の直後に当たっていました。
展覧会でルドンの前期の暗い世界から、後期の明るく輝く世界に変わる様を見て、
苦難からの再生を意識したということです。
また、2012年の日本での公開では、さまざまな思いで絵に向き合う人びとの姿に
感動を覚えたそうです。

続いて、「弐代目・青い日記帳」主催のTakさん(右)がモデレーターで、
安井裕雄学芸グループ副グループ長(左)の解説を伺いました。

ルIMG_0265


会場の写真は特別の許可を得て撮影しています。

今度の展覧会はオディロン・ルドン(1840-1916)の描く植物に焦点を当て、
「グラン・ブーケ」を含め、
ルドンを援助していたロベール・ド・ドムシー男爵の注文で、ブルゴーニュの
ヴェズレーにある城館の大食堂の装飾画として描かれた16点のすべてが
展示されています。
他の15点は現在はオルセー美術館の所蔵です。

ルドンはボルドーで生まれていますが、父親はカナダで成功した人物で、
母親はカナダ在住のフランスです。
母親はフランスに戻る途中の船中で臨月を迎え、ボルドーで出産していますが、
公海上で生まれたかもしれなかったそうです。
クロード・モネとも同い年ですが、印象派にも属さず、古典派でもない、
ルドンの独自性を象徴するようなお話です。
実際、一度パリに出て、新古典派のジェロームの画塾に入りますが、
すぐにやめてボルドーに帰っています。
そこで放浪の銅版画家、ロドルフ・ブレダン(ブレスダン)の指導を受けます。

1879年には初の石版画集、「夢の中で」を刊行し、これが画家としての実質的な
デビューとなります。

右:「夢のなかで」 表紙=扉絵 1879年 リトグラフ、紙 三菱一号館美術館
左:「夢のなかで Ⅴ. 賭博師」 1879年 リトグラフ、紙 三菱一号館美術館

ルIMG_0117

右:「風景」 制作年不詳 油彩、カンヴァス 岐阜県美術館
左:「ペイルルバードの小道」 制作年不詳 油彩、紙 オルセー美術館

ルIMG_0089
 
ルドンは生まれてすぐに里子に出され、ボルドー近郊のペイルルバードで
幼少期を過ごしています。
ルドンは初期の頃から油彩画を描いていますが、まだ色彩に輝きはありません。

右:「エジプトへの逃避」 制作年不詳 油彩、カンヴァス オルセー美術館
左:「キャリバンの眠り」 1895-1900年 油彩、カンヴァス オルセー美術館

ルIMG_0104

右は新約聖書の一場面で、マリアたち聖家族が木の下で寄り添って休んでいて、
聖家族は後光に包まれています。
左のキャリバンはシェイクスピアの戯曲「テンペスト」に登場する奴隷の怪物のことで
、巨木の下で眠っています。
ともに樹木の表現が幻想味を増しています。

右:「ドムシー男爵夫人の肖像」 1900年 油彩、カンヴァス オルセー美術館
左:「神秘的な対話」 1896年頃 油彩、カンヴァス 岐阜県美術館

ルIMG_0137

右はルドンに「グラン・ブーケ」などの壁面装飾を注文した、ドムシー男爵の
夫人の肖像です。
人物を右に寄せ、空間を大きく空けてあるのが目を惹きます。
物語を感じさせる画面で、黒い衣装の重みを容れるにはこれくらいの空間が
あって良いかもしれません。

左はドムシー男爵の旧蔵品で、画題は不明ですが、円柱が立っていて、
古代の雰囲気があります。
女性の持っている赤い木の枝は他の作品にもよく描かれていて、何かを象徴
しているようです。

右:「花の中の少女の横顔」 1900-1910年頃 油彩、板 岐阜県美術館
左:「アレゴリー(太陽によって赤く染められたのではない赤い木)」 
  1905年 油彩、カンヴァス 三重県立美術館

ルIMG_0179

このような題を付けるところから見て、やはり赤い木に思い入れがあるようです。

右:「オルフェウスの死」 1905-1910年頃 油彩、カンヴァス 岐阜県美術館
左:「眼をとじて」 1900年以降 油彩、カンヴァス 岐阜県美術館

ルIMG_0195

「オルフェウスの死」は同じ象徴主義のギュスターヴ・モロー(1826-1898)の
「オルフェウス」(1865)に倣ったような作品です。
「眼をとじて」は、花が川のとなって流れ、花に荘厳された人物には仏画のような
雰囲気があり、背景の青色も深く、素晴らしい作品です。

展覧会では花の静物画が一室にまとめられて、展示されています。

右:「大きな花瓶」 1912年頃 油彩、カンヴァス 
  NGAナショナル・ギャラリー、ワシントン
左:「野の花のいけられた花瓶」 1910年頃 
  油彩、カンヴァス NGAナショナル・ギャラリー、ワシントン

ルIMG_0238

右:「花々(赤い芥子)」 1895年以降 油彩、カンヴァス オルセー美術館
左:「花束」 制作年不詳 油彩、厚紙 ボルドー美術館(オルセー美術館より寄託)

ルIMG_0242

右:「青い花瓶の花」 1912-1914年頃 パステル、厚紙 ひろしま美術館
左:「首の長い花瓶にいけられた野の花」1912年頃 
  油彩、カンヴァス ニューヨーク近代美術館(MoMA)

ルIMG_0246

同じ花瓶を描いていて、見比べて楽しめます。

ルドンの描く花は、ややおぼろに霞み、実際の花を超えた、幻想性、装飾性が
あるのが魅力です。

展覧会の見所は「グラン・ブーケ」とともにドムシー男爵の城館の食堂を飾っていて、
現在はオルセー美術館所蔵の15点です。
これらの絵が食堂に飾られていた時はもっと高い位置に置かれていたとのことです。

ルIMG_0165

「花とナナカマドの実」 1900-1901年 
  木炭、油彩、デトランプ、カンヴァス オルセー美術館

ルIMG_0156

壁面を飾る絵なので、日本画風の装飾的な画面です。

「ひな菊」 1900-1901年 木炭、油彩、デトランプ、カンヴァス オルセー美術館
ルIMG_0151

右:「人物(黄色い花)」 1900-1901年 
  木炭、油彩、デトランプ、カンヴァス オルセー美術館

左:「人物」 1900-1901年 木炭、油彩、デトランプ、カンヴァス オルセー美術館
ルIMG_0149 ルIMG_0154 

右はヒマワリが太陽のように浮かんでいます。

「黄色い花咲く枝」 1900-1901年 木炭、油彩、デトランプ、カンヴァス オルセー美術館
ルIMG_0142

部分
ルIMG_0145

「黄色い背景の樹」 1900-1901年 木炭、油彩、デトランプ、カンヴァス オルセー美術館
ルIMG_0146

「グラン・ブーケ(大きな花束)」 1901年 パステル、カンヴァス 三菱一号館美術館
ルIMG_0224

縦248.3㎝あり、他の15点と違って、この絵だけはパステルです。
ヒマワリの茎がするすると上に伸び、花は真上を向いていて、
視線もそれに誘われて、上に向かいます。
そして、見上げると花々が花瓶から湧き出て、左右に吹きこぼれ、
落ちてくるように見えます。

花などの植物の絵を中心に魅力的な作品が揃い、ルドンの世界にたっぷり
浸ることが出来ました。

2012年には同じ三菱一号館美術館で「ルドンとその周辺-夢見る世紀末」展が
開かれていました。

「ルドンとその周辺-夢見る世紀末」展の記事です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界―1780年パリに始まる
エスプリ」展です。
会期は6月28日(木)から9月17日(月・祝)です。


【2018/02/12 18:06】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「OMS(オムズ)」 池袋
池袋
chariot

「OMS(オムズ)」は池袋パルコ本館の7階のレストランフロアにあります。
場所は豊島区南池袋1-28-2です。

オIMG_0183 - コピー


オムライスなど、たまご料理専門店で、約50席の店内は全席禁煙、
女性の比率の高いお店です。

オIMG_0169 - コピー


平日限定のランチセットにはたまご丼もあり、スープが付きます。
メニューにはパンケーキもあります。

オIMG_0168 - コピー


オムハヤシライス980円です。

オIMG_0172 - コピー

オIMG_0170 - コピー


こちらはケチャップオムライス880円です。

オIMG_0175 - コピー


プラス200円でドリンクが付くので、コーヒーにしました。

オIMG_0179 - コピー


量はやや少なめですが、ていねいに作られ、味もほど良く、
軽いランチに手頃なお店です。


【2018/02/11 20:52】 お店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「世界を巡るー古今東西の品々を集めて」展 三の丸尚蔵館
大手町
chariot

宮内庁三の丸尚蔵館では、「世界を巡るー古今東西の品々を集めて」展が
開かれています。
会期は4月8日(日)までで、入館は無料です。

img130.jpg


諸外国から皇室に贈られた品々を中心にした展示で、2月25日(日)までの前期と、
3月3日(土)からの後期で一部展示替えがあります。

ネパール 「獅子置物」 1960年頃 
 昭和35年(1960)にネパール国国王マヘンドラ、同妃より 前期展示
 
皇室img131 (1)

ヒンドゥー教寺院の守護増で、珊瑚やトルコ石が嵌められています。
マヘンドラ国王(1920年 - 1972)は第9代ネパール国王です。
ネパールは2008年に王制が廃止され、共和国となっています。

トルコ 「リュステム・パシャ・ジャーミイ」 ヒュセイン・ヒュスヌー 1880~90年代 
 明治24年(1891)オスマン帝国皇帝アブドゥル・ハミト2世より 全期間展示

皇室img131 (2)

リュステム・パシャ・ジャーミイはイスタンブールにあるモスクで、イズニックタイルの
装飾で知られ、1563年頃に完成しています。
この絵が贈られた1891年はトルコ軍艦エルトゥールル号が串本沖で遭難した翌年に
当たるので、日本側の救助活動へのお礼の品だったのでしょうか。
オスマン帝国は第一世界大戦での敗北により弱体化が進み、1922年に帝政が
廃止されています。

ナイジェリア 「ベニンのウゴのアボギデイ像」 1974年頃 
 昭和49年(1974)ナイジェリア国連邦軍事政府主席より 全期間展示

皇室img131 (3)

ベニン王国の戦士の像で、ベニンは高度な技術のブロンズ像で有名です。
ベニン王国はナイジェリア南部に12世紀からあった王国で、ヨーロッパとの貿易で
栄えましたが、1897年にイギリスに滅ぼされています。

他に、古代エジプトの壺、中国の磁器、フランスのセーブル焼などもあり、
各国の歴史、文化を表す品々が揃った、興味深い展示です。

展覧会のHPです。


次回の展覧会は「明治の御慶事―皇室の近代事始めとその歩み」(仮称)です。
会期は4月28日(土)から8月5日(日)までです。


【2018/02/10 18:43】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「DEAN & DELUCA BMW GROUP TERRACE店」 東京
東京
chariot

「DEAN & DELUCA BMW GROUP TERRACE店」はグラントウキョウサウスタワー1階の
BMWショールーム内にあります。
場所は千代田区丸の内1-9-2です。

デIMG_0258 - コピー


BMWのショールームの右側をカフェにしたお店で、2017年の12月にオープンしました。

デIMG_0247 - コピー


店内の隣にはBMWの自動車やバイクが置かれています。

デIMG_0255 - コピー


30席ほどの店内は全席禁煙、カウンター席からはガラス壁越しに外堀通りを
眺めることが出来ます。

デIMG_0246 - コピー

デIMG_0249 - コピー


アボカドエビサンド620円、キッシュロレーヌ480円、カフェラテS360円、
カプチーノS360円です。
これに消費税が付きます。

デIMG_0252 - コピー


「DEAN & DELUCA」はフードもコーヒーも美味しく、よく利用するので、
東京駅の八重洲側でのカフェの選択肢が増えました。


【2018/02/09 19:05】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
東京のビルの多い街で暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>